テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

桝形山・八原山



ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

12月15日土曜日曇

『遊ぼう会』の集合時間まで時間があるし、馬シャン山リクエストに
近場でよく目にしていて、行った方が意外と少ない桝形山にお誘い。

f0193521_20345225.jpg


f0193521_20361378.jpg
           歩行距離7.8km 歩行時間6時間27分 平均速度1.2km




宮原から大通り峠を過ぎ、小鶴トンネル 左に鴛山(おしやま)集落を見て走ると、間もなく
仰烏帽子山(のけぼうし)への登山口元井谷に至る。
ここから頭地はすぐだ。

ガソリンスタンドの横には小さな道表示が桝形山と書いてある。
この道を登りあがって詰めたところが、近代的な砂防提サイドで2~3台は駐車可。

メンバーは3名 メモリー故障のため途中から掲載

二人は若いだけあってすぐに衣服調整に
f0193521_16163290.jpg

仰烏帽子山に隣接する山だけあって、植物の種類は多い。
どんな欄が咲いてくれるのだろうか?
f0193521_16294189.jpg

高度を上げると、思いがけずシモバシラの花が
f0193521_16315061.jpg

f0193521_16354710.jpg

f0193521_1633454.jpg

登山ルートは尾根を外さずに登れば迷うことはない。
高度を稼ぐと左にネットや八原から通じてる舗装された林道が時折見える。
f0193521_1641822.jpg

最後のスギ林の急登をあがればテレビ中継所設備がある山頂だ。
f0193521_1647598.jpg

山頂からの展望はよく頭地が眼下に。
f0193521_1654247.jpg

f0193521_16495610.jpg

山頂で少し早い昼食。またもやトラブルお湯は沸いたが麺が・・・コーンスープで
対応。非常食量は充分。
八原山は歩きやすい作業林道を使う
f0193521_18194097.jpg

f0193521_1826162.jpg

前回よりもかなり伐採が進んでる。
f0193521_18273778.jpg

山頂には鉄塔があり静かに立っていた。
f0193521_18364695.jpg

下山にかかる
f0193521_18373445.jpg


古い草払い器具が スズタケなど濃かったのだろう
f0193521_18402081.jpg

f0193521_18411815.jpg

見つめあう美女二人
f0193521_18423027.jpg

順調に降る
f0193521_18431443.jpg

イノシシの罠 いまだかかってるのを見たことはない。
f0193521_18441864.jpg


予定があり寄り道もしたかったが、お二人には申し訳なかったが少し急いだかな?
くだりも順調に歩けて無時に二座の山頂をタッチしてピストン登山も
終えることができました。 感謝




 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-16 16:07 | | Comments(2)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用


12月13日水曜日晴

かなり強い寒波が居座って、温暖化傾向の中の例年にない寒さに気分的にも
暖かそうな天草の山に出かけました。
龍ヶ岳に一台車をデポしスタート登山口の二弁当峠に向かう。
走行中に海の美しさや低山ながらの山々の凛々しさにはまた登山欲が
揚がる。

走行中、畑にはまだコスモスが。やはり天草ならではの風景ですね。
f0193521_12241955.jpg


氷が張ってる竜ヶ岳駐車場に
f0193521_12284122.jpg

急いで海岸線までくだり、二弁当峠に向かう。

登山口にて準備
f0193521_12304587.jpg

後ろの女性、これから松葉カキで遊歩道の清掃するとのこと?
f0193521_555124.jpg

二弁当峠への近道。 入り口は帰りに確認できチャンスがあれば・・・
f0193521_603537.jpg

縦走路には各地からの登山口が
f0193521_644296.jpg

整備された歩きやすい広い遊歩道が続く。
f0193521_661911.jpg

ツチトリモチにも出会う
f0193521_68990.jpg

念珠岳山頂へ
f0193521_695839.jpg

f0193521_610245.jpg

少し早めの昼食を、今回は無事に済ませてショウトカットして進むことにする。
f0193521_613898.jpg

目前に烏帽子岳が現れ、遠くお国は目指す龍ヶ岳が
f0193521_6154064.jpg

深追いしすぎて、ウラジロの藪を激くだりすることに。
f0193521_6173661.jpg


ショウトアドベンチャー気分を楽しむ
f0193521_6241432.jpg

綺麗な欄が咲いてたのでしょう。
f0193521_624485.jpg

烏帽子岳にも寄ってみる。展望も素晴らしい
ルートは少し荒れてるが
f0193521_10291313.jpg

f0193521_928286.jpg

f0193521_9305734.jpg


f0193521_9453498.jpg

f0193521_11323358.jpg

恐る恐る眼下を眺めてるアヒルさん
f0193521_11334672.jpg


次から次と
素晴らしい岩峰が
三岩へ
f0193521_11354775.jpg

f0193521_1137354.jpg

三岩のとっぺんに立つ坂〇さん
f0193521_11382213.jpg

f0193521_11405661.jpg

f0193521_11432410.jpg

はなれ岩にも寄ってみる
f0193521_11521395.jpg

もう龍ヶ岳は近いが長い遊歩道ののぼりが待ってる。
f0193521_12321643.jpg

f0193521_1233938.jpg

♡岩
f0193521_12341243.jpg


f0193521_12425516.jpg

無事に周回出来て感謝の(いつも先に食べてる方が)バナナ乾杯
f0193521_12293533.jpg



 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-15 05:52 | | Comments(10)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用


12月11日月曜日曇

前日からの寒波襲来で、タイヤチェーンは手に入れたが二本杉峠の凍結は厳しそうで
北に向かい低山にする。

出発に手間取ってしまい、とうとう57号線の渋滞に巻き込まれてしまい、30分タイムロス
してしまい、帰りも植木の渋滞に諦めてゆっくり帰宅。

矢武渓谷過ぎて八方ヶ岳(1052m)登山口着時には先客2台。北尾根から山の神に
周回することにする。
風も強く寒気もあるので少し樹氷を期待したが次回のチャンスで!!

f0193521_533170.jpg


f0193521_534685.jpg

         歩行距離9.5km 歩行時間5時間17分 平均速度1.8km


北尾根登山口ー正面登山口ちょっと手前。
f0193521_7571058.jpg

新しい林道が横切ってる。上方にルートあり。
f0193521_7581081.jpg

全般にわたって、ルートはかなり整備されて、危険な場所はないし迷うこともない。
f0193521_7593254.jpg

巨岩が多い山だ
f0193521_811465.jpg

いたるところにロープが張られて
f0193521_12103016.jpg

f0193521_12134747.jpg

f0193521_1215789.jpg

国見山・三国山・八方ヶ岳方面の展望。
f0193521_12154572.jpg

f0193521_12172792.jpg

f0193521_12192675.jpg


この先危険・絶景 どちらにしてもついつい毎回引き寄せられて
覗いてみたくなりますね。 岩峰の上に立って見た!!

f0193521_12505687.jpg


いくつかのピークを越えると穴川方面との分岐点に到着。
霙と風が強いが、八方ヶ岳山頂に向かう。

山頂は広いうえに無人でゆっくりと展望を楽しむことができました。
f0193521_451979.jpg


帰りは予定とうりにカニハサミ岩・山の神方面に進む。
手入れがされてない杉林は2時前なのに薄暗い。
f0193521_501797.jpg

霙模様で岩も寒そう
f0193521_52540.jpg

カニ挟み岩と山の神分岐点に到着。
今回はカニハサミ岩は凍り危険と感じたので、躊躇した時には安全な方を
選択。遅い昼食と思ったが、行動食で我慢して先を急ぐ。
f0193521_511585.jpg

巨大岩が多い杉林だ
f0193521_513405.jpg

ルートは分岐点一か所を見落とさないようにすれば、かなり歩きやすく
山の神登山口に到着。
f0193521_5152979.jpg

長い舗装された林道歩きが待ってる。
f0193521_517767.jpg

奇岩も遠くに見えて楽しませてくれる
f0193521_5195290.jpg

また先日教えて頂いたイイギリも時々目に付く。
f0193521_5214075.jpg

やっと沢コース登山口に到着。
f0193521_5222746.jpg



今回も寒い中期待した樹氷は見れなく、人気あるこの山でも誰にも
会えぬ周回だったが、無事に周回でき山の神に感謝の一日でした!!





 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-12 05:36 | | Comments(7)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

12月6日水曜日晴

前日からの列島は寒波で各地で初冠雪
二本杉峠は危険で大通り峠を利用しシモバシラの花を期待し、
東陽交流センターせせらぎ公園7時に3台5名が集合出発する。

第一登山口を過ぎるころには道路も日陰は凍結状態だったが
どうにか無事に第二登山口まで走ることができました。

天使の階段が
f0193521_1751146.jpg



風はなく駐車場は独占だし脊梁方面もかなりくっきりと展望できる。
すぐに わ~~シモバシラの花だの歓声が聞こえる。

f0193521_7291644.jpg

雪が深ければ隠れてしまい、天候の微妙なバランスのうえで出来上がってる。
f0193521_1322616.jpg


f0193521_1365878.jpg


f0193521_1383720.jpg




今年9月19日に訪れた時のシモバシラの花
この花の茎が空洞なので水が凍り、茎を割いて造られるとのこと。
f0193521_757760.jpg





あまりに多すぎてなかなか先に進まない。
f0193521_3564527.jpg

山頂付近の樹氷を期待して
f0193521_444284.jpg

霜と薄い雪が足に
f0193521_49317.jpg


兎群石山分岐点に来ると、山頂は近い
f0193521_4242295.jpg

仲良くお二人の石仏さんが待っててくれる(お金持ちだね)
f0193521_564252.jpg


山頂は樹氷は少し物足りなかったが、国見岳方面は真っ白です。
f0193521_591567.jpg


下山はまたシモバシラを楽しみ、この季節ありがたい木々の実を愛で
第二登山口に降る。
f0193521_5111510.jpg


山小屋を拝借しての豪華な昼食だ!!
f0193521_5151766.jpg

おでんにぜんざいと坂〇ご夫婦のお料理で、冷えて疲れた体にエネルギーが
しみいる。

 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-08 04:26 | Comments(14)

鷹巣山~裏英彦山周回②

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

12月2日土曜日晴


薬師峠にて昼食とコーヒお菓子を頂き元気回復し裏英彦山に挑む。

登山口は杉林入り口 11時57分
f0193521_816637.jpg

ながい杉林の中を歩く。
f0193521_8263226.jpg

北岳と籠水峠(こもりみず)方面の分岐点 12時22分
f0193521_8314127.jpg

苅又山登山口も近くに。
f0193521_8425573.jpg

とても歩きやすい道をケルンの谷を目指す。
f0193521_8493068.jpg

現在地を確認。
f0193521_8505513.jpg

苔むした岩も多くあらわれてくる。
f0193521_8515961.jpg

やがてケルンの谷に到着。 13時11分
f0193521_855130.jpg

あまり踏まれていないコースみたいで、ワクワクする。
f0193521_8571012.jpg

ここにも籠水峠と南岳分岐点が。
穏やかな日当たりがいい場所も
f0193521_13385676.jpg

ルートはわかりつらいが、直登するのみ。
f0193521_13401595.jpg

上宮と南岳の中間に登りあがる。
f0193521_1465597.jpg

展望所も朽ちていた。
f0193521_1493615.jpg

英彦山神宮
f0193521_1411556.jpg

あとはほとんどくだりが多いし、ゆっくりとお茶タイムでエネルギー補充。
f0193521_14153649.jpg

鎖場も3か所?
f0193521_141748100.jpg

北岳 私はただキタダケでなく、必死に登ってきただけ
f0193521_14244086.jpg

『望雲の頭』に立ち寄ってみる。
f0193521_14292812.jpg

岩も凍り始めて歩きにくい。
f0193521_1431577.jpg

下山中の石碑
f0193521_1434542.jpg

望雲台も覗いてみたが、鎖は新しくなって
f0193521_14434980.jpg

見慣れた高住神社に戻ってきたのは16時41分 
f0193521_1445552.jpg



厳しい岩登りから始まり、な昼食やお茶タイムを含めて9時間余りの
少しハード山歩きになったが無事に
周回できたこと、お二人には感謝の一日でした。



 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-07 07:31 | Comments(8)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用


12月2日土曜晴

福岡山友板〇氏の案内で周回する。
片道距離は150km、高速を利用するが自宅出発は3時半。
鷹巣山は2度 英彦山は数度コースを変えて登ってはいるが殆ど記憶の外。
裏英彦山は初めてのコース。

f0193521_5382469.jpg


高住神社駐車場に時間前に集合し久しぶりに再会できる。
早速今日のコース鷹巣山に

薬師峠 鷹巣山一ノ岳登山口
f0193521_8231793.jpg

最初のロープ場
f0193521_8242480.jpg

鷹巣山 一ノ岳山頂
f0193521_8281630.jpg

下りが怖いと
f0193521_8345218.jpg

分岐点
f0193521_8362483.jpg

45度ほどの痩せ尾根登り。
f0193521_8372963.jpg

激登りが
f0193521_8382264.jpg

通ってきた一ノ岳方面が
f0193521_8394681.jpg

板さんと二ノ岳山頂で 鷹ポーズ
f0193521_12444250.jpg

馬シャンの美しい ”タカポーズ"
f0193521_1247789.jpg


くだりのほうが少し厳しいかな
f0193521_12485583.jpg

紅葉
f0193521_12501760.jpg

気持ちがいい巻道を降り
f0193521_1256759.jpg

薬師峠に出て日向でゆっくりと昼食タイムを。
f0193521_1331161.jpg



昼食の後にお茶タイムし、裏英彦山へのエネルギーを充分に補充する。





 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-12-04 05:40 | | Comments(12)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用



11月28日火曜日晴


今の若い方は『紅葉狩り』の言葉は通じるのでしょうか?
当然採るのではなく、目で愛でる意味で最高の天気で、また色合いもよく
初めての場所でゆっくりと楽しい一日を過ごすことが出来ました。

味取観音瑞泉寺 何度も通ってた国道横でしたが初めての場所
紅葉も最高の状態で迎えてくれました。

f0193521_8235666.jpg


f0193521_8285149.jpg

皆さんもあまりの美しさに笑顔が
f0193521_8373914.jpg

見事でした。
f0193521_8441566.jpg


近場にこんな美しい場所があるとは!!
f0193521_84783.jpg


f0193521_1823066.jpg

f0193521_18252623.jpg

神社の裏手には裏山に通じるふみ跡を見つける。
こうなると気になって仕方がない。ちょっとと伝えて単独で急いで登ってみる。
f0193521_18265484.jpg

意外に山頂は奥で急いで皆に追いついた時にはふらふら状態でした。
f0193521_18313442.jpg


山頂は展望がない。シダ類が多い
f0193521_18322672.jpg

上から見ても素晴らしいね。
f0193521_1834677.jpg


お昼にはインター近くで頂いたが意外と味は美味しく完食!!
珈琲も美味しかった

帰りは近くの小野小町水源に
f0193521_18443814.jpg

古墳の表示に登ってみる。 ここにも鬼の岩屋古墳とよく似た名前ですね。
f0193521_19101165.jpg

入ってみたが寝心地はよさそうだ
f0193521_19162992.jpg

f0193521_19175112.jpg







 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-11-30 19:22 | | Comments(11)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ