テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月29日 5時自宅出発 二本杉峠経由で7時に樅木林道ゲート前につく。
今にも降りそうな天気で、駐車スペースには誰もいない。
f0193521_8133231.jpg

連日の雨で沢もかなり水かさが増している。
f0193521_815441.jpg

新旧の登山口を右に見てそのまま樅木林道を左尾根奥に登りあがる。
約2時間要したが予定どうり。途中崩落が激しく、奥には閉じ込められた?
放置作業車も。
f0193521_8223732.jpg
f0193521_82386.jpg

この付近は食害がないのか、かなりスズタケが濃く、何度も行く手を遮られ
タイムロス、昔のやぶ漕ぎを思い出す。

f0193521_8391781.jpg

f0193521_830372.jpg
f0193521_8302195.jpg

後平家山と南平家山縦走路上の「とぞの谷」へのエスケープ三叉路につく。
f0193521_8304381.jpg

ここからは意外と開けた尾根ルートで赤テープも多く、右に国見岳を左に京ノ丈山
を確認しながら進む。
f0193521_84221100.jpg

夫婦山は名前のとうり、ブナに囲まれた穏やかな山頂だ。
f0193521_8473062.jpg

ガスもいよいよ濃くなり、これから向かう後平家や国見岳は雨になるかも
引き返す最後のポイントだが、何度も通った道で先に進む。

f0193521_8512834.jpg
f0193521_8533145.jpg

後平家山も無事に通過し3日前に通った国見岳へ炉ルートを急ぐ。雨も降りだし
たので、とうとう昼食・休憩抜きで少量の水と飴玉3個で急ぐ。
国見岳山頂付近では豪雨ルートもバイケイソウの花とガスで不明なのでコンパスと
地図で直登。
やっと誰もいない山頂に立つ。
メモリーも切れ、携帯で数枚撮り、あとはちょうど田植状態の道を急いで下る。
f0193521_991240.jpg

安全なスギ林ルートを選びやっと樅木林道に下山できた。
雨のためか林道にはかなり大きなカエルが数匹陣取り、決して逃げない。
雨のため雨具は用意してたが、下着・靴の中も濡れて予定より
約1時遅れてゲートに着いた。

林道歩きも長かったので
万歩計も37000歩
8時間のハードな山行だった。
感謝

f0193521_9261640.jpg

by iwa1iwa2 | 2012-06-30 08:25 | | Comments(4)
6月20日 台風も外れて束の間の曇天に平家山経由で国見岳に行ってみた。
登山口までは林道は荒れて、沢も怖いくらいの水量。
f0193521_1519670.jpg

結構花にも巡り会えた
f0193521_15202264.jpg
f0193521_1521516.jpg

8時07分
平家山登山口スタート
砂防堤防や沢を渡ると長い杉林の急登尾根歩きになる。

f0193521_15253174.jpg


9時00分
杉林から自然林に代わり、スズタケのトンネルが山頂まで続く。
9時30分
平家山に到着
f0193521_15302049.jpg

ここから国見岳までアップダウンが少ない尾根をほぼ東に進む
f0193521_15423137.jpg

ガスも濃いがコケや木々は生き生き
f0193521_15484066.jpg

f0193521_1622451.jpg

10時00分
後平家山との分岐点着。イチイ平もすぐ。
f0193521_15535642.jpg

C-1576から南へルートをとり、つぎの1578くらいから天主山系が見える。
時折あらわれる古い表示板に安どする
f0193521_164515.jpg

かなりのシカに会ったが、口先が黒い中型イノシシの出現にびっくりだった。
f0193521_1673097.jpg

f0193521_16102015.jpg

11時40分
やっと広川原からとの交差路に出会う
f0193521_16113182.jpg

ここから山頂までは30分ほどだが、雨が降り出す
f0193521_16123134.jpg

f0193521_16185445.jpg
f0193521_16191335.jpg

急いでもと来た道を引き返す。
平家山着 15時00分
下山    16時00分
約33000歩
総行程時間 8時間
素晴らしい縦走コースだった。
感謝

by iwa1iwa2 | 2012-06-23 16:27 | | Comments(6)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ