テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

稲積山~天主山

27日朝4時自宅出発。緑仙峡を通過し湯鶴葉集落を通過し稲積山林道に入る。
何度も入った林道だが4~5年前に入ったのが最後で記憶が薄らぎ、無理して入ったので帰りを考えて
引き返して、車で10分のところから登山口まで歩く。
かなり時間をロスしたが登山口に着く。行きは右に帰りは左の林道の予定。
f0193521_924575.jpg

登り始めると「石割けやき」に出会う。
f0193521_9205548.jpg

稲積山への杉は大きくなり、かってはよく見えていたが、木立の間に時折三角形の頂上が見える。
登りは、林道出会いからあまり使われてない斜面を直登。山頂は展望が悪くなる。
f0193521_926359.jpg

f0193521_926241.jpg

下山は正規のルートで西に下る。林道わきに朽ちた表示板が。
f0193521_9302385.jpg

林道から離れて、尾根まで登りあがる。枯れた沢やぬたばが表れると久保の憩は近い。
f0193521_9344121.jpg

やっと久保の憩に到着する。
ここは「向霧立越」トレッキングコースの一部右に行くと遠見山・矢筈山だ。三方山方面に進む。
f0193521_9364442.jpg

久保の息 ここからは小川岳方面が良く見える。
f0193521_9412479.jpg

三方山と天主山の分岐点「切剥」に着く。こちらからの天主山登山者はかなり減ったのか?
f0193521_944117.jpg

石灰質の林道脇にはお目当てのトリカブトが
f0193521_9455189.jpg

しかし群生地では寒のためか葉は枯れてピークを過ぎていた。
f0193521_948780.jpg

台風の影響も大きい、17号も心配だ。
f0193521_9483180.jpg

天主山も近い
f0193521_9495199.jpg

紅葉の始まりか
f0193521_9505523.jpg

帰りはまたテクテクと稲積山を巻くかなり荒れた林道を下る。
f0193521_9523227.jpg

所要時間は9時間 車体には酷だったが無事の下山に感謝。
by iwa1iwa2 | 2012-09-28 09:59 | | Comments(10)

② 京の丈山~平家山

京の丈山・目丸山は意外と新しいルートでカタクリの花以外は登山者は少ない。
昔は、花もかなり多く感じたが・・・
トリカブトもぱらぱらで群生状態ではない。

平家山縦走三叉路には10時50分に着く。
以前よりもかなり手入れされて歩きやすい。
f0193521_20344247.jpg

f0193521_20353776.jpg

ピークの多くの巨木に巻かれた赤いテープが・・・測量のために切り倒されるのだろうか心配だ。
f0193521_20375757.jpg

平家山までは2時間 かなり遠い
f0193521_20392941.jpg

お弁当も短時間で
f0193521_2041649.jpg

癒される
f0193521_20422524.jpg
f0193521_20424525.jpg

長いものに3回もあってしまう
トカゲや魚のような顔をしてた。
f0193521_20442078.jpg

平家山はまだ遠い
f0193521_20454819.jpg
f0193521_2046557.jpg

13時15分 21229歩 やっと平家山に着く
f0193521_2047771.jpg

下山はスス竹のトンネルと急なスギ林を下る。
下山後なが~~~い車道をテクテクと約1時間歩きやっと車までたどり着く。
f0193521_20535356.jpg


土曜は朝一番のフェリーで長崎に…飲みすぎなかったら経が岳 はたして?
by iwa1iwa2 | 2012-09-21 21:08 | | Comments(8)

① 京の丈山~平家山

トリカブトの情報を求めてワナバの谷登山口から京の丈山に登り、帰りは
平家山まで縦走をして下山。
あとはトボトボと長~~い車道をワナバの谷駐車場まで歩いた。
所要時間 8時間 3万歩を少し超えた。

7時10分 ワナバの谷登山口 まだうす暗く崩れた林道はかなり危険だった。
f0193521_1954443.jpg
f0193521_1961918.jpg

沢を中心に左右何度か渡って、ほぼ北にルートをとる。
f0193521_1984453.jpg

最後の水飲み場(沢と別れる)から長~~いスギ林の中のジグザグルートを登る。
新しい林道が2か所でクロスする。
やっと杉とお別れし、自然林の中に
f0193521_19132648.jpg
f0193521_19133877.jpg

10時50分 やっと平家山と京の丈山の三叉路に着く、
f0193521_1922620.jpg

初めははっきりした踏み分けを登って行ったが、台風での倒木や、ルートを外して
尾根筋を歩いてみる。
f0193521_19204481.jpg
f0193521_19205629.jpg

雑木に阻まれて、適当に稜線を探して登る。
f0193521_1932224.jpg

f0193521_19323155.jpg

やっとお目当ての、トリカブトが表れる。
f0193521_1933385.jpg

f0193521_1934156.jpg
f0193521_19342535.jpg

f0193521_19351368.jpg

南側は開けて明るい。
f0193521_1936739.jpg

どうにか山頂近くの表示板に着く
f0193521_19374766.jpg

 10時23分 京の丈山頂に着く。
f0193521_19422636.jpg
 
山頂から遠く甲佐岳が見える。静かで誰もいない。
f0193521_19442867.jpg

また三叉路まで引き返すが、今度は苔むした正規のルートをたどる。
f0193521_19464685.jpg
f0193521_19465825.jpg

やっと三叉路まで引き返し、ここから平家山への縦走路に入る。
by iwa1iwa2 | 2012-09-21 19:30 | | Comments(0)
南平家山頂に立つまで、予定以上かなり体力・時間をロスしたので(3時間40分・13296歩)
往復2時間の五家宮岳をカットするか、夫婦山手前の分岐点からとぞの橋ルート
を下るか悩む。 
f0193521_8211218.jpg

尾根筋に出てしまえば、ルートはしっかりしてるし、エスケーップルートも何本かある。
f0193521_8232130.jpg

f0193521_850135.jpg
遠く右手には、白鳥山・烏帽子・五勇・国見岳と歩いた峰々が
f0193521_8255620.jpg

途中、樅木ゲート(国見岳登山口)から上がってくる林道に降りてみる
f0193521_8333413.jpg

何時も大変だった2か所のやぶ漕ぎ箇所は、完全に刈払われてすいすいと通貨。
f0193521_835356.jpg

とぞの橋に下るのを中止し、時間は余裕があり夫婦山へと大回りする。
f0193521_83774.jpg

近くは巨木の墓場か
f0193521_838636.jpg

どこも素晴らしい自然林が残ってる
f0193521_8433220.jpg

やっと後平家の山頂に着く
f0193521_8505151.jpg

台風直後だったので、巨木や枝が折れ、鵜飼には意外と時間がかかる
f0193521_8551738.jpg

行き過ぎてイチイ平まで
f0193521_8565049.jpg

何時もの平家山着 14時40分着 25350歩
f0193521_8591096.jpg

あとはスズタケのトンネルとスギ林を下るだけだ。
f0193521_914863.jpg

無事に下り、車にたどり着いたのは15時50分 8時間30分 31025歩
台風直後や未知の林道を使ったので予定以上に時間がかかってしまったが
無事の帰宅に感謝。
by iwa1iwa2 | 2012-09-20 08:51 | | Comments(2)
5時前に自宅出発登山口まで52.5km ここは意外と近いのでありがたい。
登山口7時20分登山開始
台風後だがどうにか増水した沢を何度かわたる。
f0193521_1971859.jpg

f0193521_1982938.jpg

何時もの分岐点に着くが、体調も回復少し大回りして違う林道ルートを初めて使ってみる。
何時も左折するが直進する。
f0193521_19111017.jpg

8時半 4800歩 意外と手入れされた杉植林急登をやっと登りあがる。
f0193521_19182251.jpg

林道はかなり交差し杣道や獣道、テープも多く
判断に迷い、何度か行ったり来たりで、時間を浪費する。
小さな滝?に出会うが、ここを中心にルートが分らなかった。
f0193521_19195997.jpg

あちこち彷徨ったが、仕方なくこの滝の上をマップを頼りに直登する以外にないと判断。
f0193521_19272135.jpg

道なき道を進む。
f0193521_1928585.jpg

特徴ある岸壁に会う。 もしも同じルートを引き返すなら、最高の目印だ。
f0193521_19295478.jpg

がむしゃらに直登すると、境界線の杭やしるしが表れ、これに従って登ることにする。
f0193521_19343026.jpg

やっと目標のコンターに達する。
f0193521_19353486.jpg

f0193521_19371368.jpg
f0193521_19404250.jpg

予定より、五家宮岳寄りの尾根に出る。
どうにか修正しやっと南平家山に着く。11:03分 13296歩
f0193521_1952681.jpg

山頂周辺の巨木は切り開かれて明るいが残念。
f0193521_705296.jpg

by iwa1iwa2 | 2012-09-19 19:40 | | Comments(4)

宅配便

敬老の日を迎え、我が家にもあまり来ない宅配便が
三重の長男から子供の洋服と、お菓子やご当地のカップラーメンも
これまでも何度か、おさがりだがありがたい。

中学3年を筆頭に一歳7人の孫に恵まれて。
長女・次女宅に我が家から分配

今と同様末永く仲良くしてもらいたいものだ。


f0193521_17122639.jpg

by iwa1iwa2 | 2012-09-18 17:19 | 雑記 | Comments(2)

目丸山・藤崎宮秋の大祭

台風16号の接近で早々と延期した山登り、団体の時は仕方がない。
気持ちではわかってるが、朝の散歩を済ませて、TVの前に座っても
どうも落ち着かない。
今日行かなければ、3日間は行けないので、雨と風は覚悟して出発する。

脊梁の山々は雲の中、仕方なくあまり影響がないだろう目丸山を目指す。
この山は自然林が残されて、雨でも登りやすい山だ。
雨には多く自生するヒメシャラが雨で光りかなり目立つ。
f0193521_1935650.jpg

カタクリの季節以外はにぎわわないが、自然木が素晴らしい
f0193521_19373714.jpg

雨は時折強く降るが、だれもいない山頂に着く
f0193521_193944.jpg

みずみずしい自然林に包まれて
f0193521_19411713.jpg

f0193521_1941095.jpg

花も
f0193521_19415857.jpg

今日は短時間だったので、長年ほとんど履いてなかった、ローバーの革靴を使うが
さすが、雨は一滴も入らない。
f0193521_19441668.jpg


帰宅も早かったので、藤崎宮秋の大祭を自転車で見に行く
f0193521_19462737.jpg

f0193521_19462231.jpg
f0193521_19471265.jpg
f0193521_1946485.jpg
f0193521_19473841.jpg


4番から14番までしか見なかったが、静と動 何とも忙しい一日だった。
by iwa1iwa2 | 2012-09-16 19:50 | | Comments(6)

岳~茶臼山

3時起床4時出発 迎烏帽子~三尾山周遊予定で元井谷に
そんなに甘くはなかった!!
f0193521_1955778.jpg

仕方なく椎葉部落まで大回りしたが 部落から先は通行止め 家もかなり被害が。
f0193521_1965569.jpg

せっかく奥まで入ったので、次週の下調べに行ったついでに久連子奥に入り
泉・五木大規模林道にの様子を見に行く。
f0193521_19115691.jpg

下から見れば、ほぼ完成だが  登って確認するとまたして通行止め。だがエスケープルートとしては使えそうだ。
f0193521_19125455.jpg

帰りは久連子~椎原林道に入り
今年冬に、凍結スリップで入れなかった岳から茶臼山~上福根山を目指す。
c-875 8時スタート
木材をケーブルで運搬してたあと
f0193521_1918772.jpg

あいにくルートマップを持参してなく、10年以上前に下りに使った記憶を頼りで
なかなか、登山口を探せない
二差路に迷って、右に
f0193521_19212046.jpg

不正解で、行けども行けども  とうとう林道も消えてしまう 奥は上福根山
f0193521_1925204.jpg

また引き返して、今度は左の林道を進むと、偶然にそれらしき表示板を見つける。
迷って入り込んだ苔むした自然林と岩
f0193521_19283596.jpg

スギ林で、林道はいくつも交差しテル。とにかく上るとやっと、自然林の中を通る
登山道?杣道?に出会う、。
f0193521_1933435.jpg

ルートはかなり不鮮明。右上稜線は茶臼と上福根の縦走路と信じてスズタケや雑木の中に押し入る。
f0193521_19384126.jpg

何度か引き返そうかと迷ったが、時間は充分あり周辺の状況はよく見える
f0193521_19412522.jpg

やっと、何度も通った縦走路の分岐点に到着。ほ~~とする。 13:00時
f0193521_19432498.jpg

茶臼山までは、近い。
f0193521_19453948.jpg

ここから、上福根山(中央奥の山)を目指す。
f0193521_19461855.jpg

しかし午後から天候は崩れる予報と、下山ルートがはっきりしてないので上福根山は
途中であきらめる。
下山も濃いスズタケに阻まれて、身動きできないような状況も。
f0193521_19495357.jpg

やっと長い林道を忠実に下る。
f0193521_195121100.jpg

やっと、駐車してた殿屋敷跡にたどり着いた。14:47分
f0193521_19554758.jpg

ほとんど使われてない、かなり荒れたルートだったが、7時間程で無事に往復できたことに感謝。
by iwa1iwa2 | 2012-09-09 19:30 | | Comments(12)

金峰山

週2回の整形外科送り迎え 
2時間半の待ち時間に自宅に帰らず金峰山に登ってみた。
峠の茶屋駐車場
f0193521_16112189.jpg

駐車場鳥居にたどり着く。
途中道端には、梨の無人販売店も営業 秋を感じる。
f0193521_16151615.jpg

花も
f0193521_16423168.jpg

f0193521_1617273.jpg

f0193521_16183479.jpg

ここにもクマモン さるすべり→くますべりか?
f0193521_16213786.jpg

金峰山神社登拝回数記録版 なんと最高は7700回以上の実績
f0193521_1625551.jpg

山頂の神社
f0193521_16273496.jpg

山頂からの普賢岳 秋と夏の雲が・・・
f0193521_16294921.jpg

神社裏には
f0193521_16315176.jpg

下山はコスモスが満開な車道を下る
f0193521_1637484.jpg

by iwa1iwa2 | 2012-09-07 16:33 | | Comments(6)

地蔵峠~駒返峠

夕方天気が崩れる予報に、手じかな阿蘇の外輪山歩きを選んだ。
駐車場はすでに満車状態で大型バスも2台。
f0193521_1847226.jpg

大半は峠から右手の冠岳ルートへ。
f0193521_18483563.jpg

道脇には季節の花々が
f0193521_18494072.jpg

f0193521_1850744.jpg
f0193521_18514214.jpg
f0193521_1852065.jpg
f0193521_1852156.jpg
f0193521_18523145.jpg

f0193521_18511773.jpg

行く先はガスに覆われて・・・
f0193521_18541783.jpg

道標が多く、道もかなり広く草が刈られ整備されてる。
f0193521_18561390.jpg

大矢野岳山頂
f0193521_1901735.jpg

ミスト効果で気持ちがいい。
f0193521_1911384.jpg
f0193521_1905968.jpg

目的地がだいぶ近くなってきた。
f0193521_1924784.jpg

急な坂を下りやっと峠の広場に
f0193521_1934949.jpg

f0193521_1941468.jpg

峠の守り地蔵さんを横に昼食をとる。出発から2時間かかる。
f0193521_195994.jpg

急いで昼食を済ませ、しばらく長い急登にとりかかる。
f0193521_197147.jpg

途中の地震ガ岩  スルーする。
f0193521_199190.jpg

やっと地蔵峠近くまで、ここではまだ曇天だったが、車に乗ったとたんに
大粒の雨が激しく降り天気予報通りかな
f0193521_1912745.jpg

往復で4時間だったが、夏バテを治す予定がなぜだかかなりしんどく感じた山行だった。
by iwa1iwa2 | 2012-09-02 19:16 | | Comments(7)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ