テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西内谷

f0193521_1053276.jpg

何時眺めても馬子岳は小さいが急峻で魅力的だ!!
f0193521_10333550.jpg

西内谷林道は第3号橋手前で大規模な治山工事が今年6月から始まる予告が。
f0193521_10392319.jpg

奥のほとんどは通行不能だ
f0193521_10401317.jpg

林道が急カーブをする地点では、目がくらむほど深かった谷も左手近くまであがってきてる。
f0193521_10433231.jpg


056.gifはるか昔、カタクリの花があったと思われる
場所探しと、龍の髭まで、森林鉄道の痕跡を
探しでした。


谷底では埋もれたレールが少なくとも5件は見つけることができた。
f0193521_10462542.jpg

山腹には土砂に埋もれたレールが
f0193521_10483142.jpg

大きな岩をトロッコが通る幅に
f0193521_1050823.jpg

c-1000付近になると崖の清水は凍りつき水流はかなり多く、
このしぶきがまた凍りつき、かなり歩きにくい。
f0193521_1056031.jpg

龍の髭付近には、以前は数軒の住居があったと聞いたことを記憶してますが
全て自然に帰り、僅かにそれらしき石積みが残ってるだけでした。
四方から沢が集まり、2~3軒ならば十分な平地が存在。
f0193521_10583072.jpg

90℃北に適当にルートをとります。
f0193521_1059673.jpg

ここから目丸山~京丈山縦走路目指して登りましたが、もちろんテープ、登山
踏みわけ等全くありません。
f0193521_114387.jpg

f0193521_1163192.jpg

木立越しに目丸山~京丈山付近の縦走路が見えてきます。
f0193521_119688.jpg

C-1200を越えやっと名もなき山頂に到着。
f0193521_11102317.jpg

f0193521_1111599.jpg

カタクリの葉も全く探すことは出来なかったが、甲佐まで続いてた森林鉄道の
最西端を確認できたし、翌日は雨は確実な中、長居は不要で急いできた道を
引き返すことができた。 感謝
予定よりも早く、15時30分ゲート外のマイカーにたどり着く。

f0193521_7224364.jpg
 
by iwa1iwa2 | 2014-01-30 12:02 | | Comments(10)

早朝の国見岳

自宅3時20分 前日準備してたが遠足前の心境か
9時に寝たが何度も目が覚めて熟睡できない。

当然ヘッドライトでかすかな踏みわけを進む。
f0193521_19153699.jpg

国見岳の杉の木谷登山口まではさしたる障害物もなく
積雪もない。
f0193521_19173926.jpg
f0193521_19172481.jpg
f0193521_19171567.jpg

目的は日の出の写真が目的だったが、積雪もかなりあり
予定してたポイントには間に合わなかった。
山頂付近まで高度があがるとやはりかなり冷え込む。
f0193521_19182893.jpg
f0193521_19181487.jpg
f0193521_1918456.jpg

その上、風も強く体感温度もかなり低く感じ、頬が痛い。
f0193521_19191620.jpg
f0193521_1919877.jpg
f0193521_1918581.jpg
f0193521_19184436.jpg

エビの尻尾もかなり成長 山石楠花も小さな花芽を付けて
いるが葉っぱは強烈な寒気のために色も茶褐色に枯れた
ように変色。
f0193521_19194187.jpg

しばらく、強風の中天候の回復を待ったが望み薄く下山する。
順調に下り、10時40分無事に下山する。
f0193521_19195625.jpg

感謝

帰宅準備時、営林署署員の方との雑談の中で昨日天主山
死亡遭難事故の件詳しく知る。誰でもどこでも起こりうること
だが良く訪れる山、細心準備と注意改めて自覚する。



f0193521_7224364.jpg
 
by iwa1iwa2 | 2014-01-15 19:14 | | Comments(8)
f0193521_1915554.jpg

初登山は天主山を目指したが、一夜畑付近の状況で判断しようと。
単独なので、その所はいい加減で適当だ。
早朝散歩・ラジオ体操を済ませて鮎の瀬大橋を目指して走る。
C-750mほどの林道に駐車する。ここ付近は杉の伐採が急速に
進み、林道もかなり荒れてるので、転落すれば命はない
f0193521_19293552.jpg

登山口が判らぬまま、それらしき尾根を見つけて適当に登る。
そのうち境界の杭が見えたので急登を尾根に登りあがる。
f0193521_19301187.jpg

すると赤テープ発見。右から回り込んできてるようだ。
かまわず、尾根筋を進むと右手に馬子岳や左手に遠見山が確認
され、登ってる尾根は予定コースに乗ってると確信できた。
f0193521_193117100.jpg
f0193521_19305391.jpg
f0193521_19315570.jpg
f0193521_1933621.jpg
f0193521_1933272.jpg

同じような場所に何度も来て見てるのでありがたいものだ。
左右手入れされていないスギ林がつずくが、尾根は自然林で
心地よい。1000mを越える頃にはちらほら積雪が。
f0193521_19334886.jpg
f0193521_1934167.jpg
f0193521_19343853.jpg
f0193521_193449100.jpg

山頂付近は積雪もアイスバーン状態で、何度かアップダウンを
繰り返すうちに最後の急登でひょっこりと山頂にたどり着く。
f0193521_19363025.jpg
f0193521_19365412.jpg
一夜畑山頂
f0193521_19371035.jpg

見通しは悪く、天主山から遠見山に続く尾根や馬子岳が樹木の
間から垣間見える。
f0193521_19375238.jpg
f0193521_19381353.jpg

山頂から天主山へ進んだが、積雪も深くなり不覚にも昨日痛めた
お尻の筋肉が少し張りを感じるしあきらめて下山する。
往復6時間余り
無事に下山できて、山の神様にも参拝できた。
感謝

f0193521_7224364.jpg
 
by iwa1iwa2 | 2014-01-05 18:57 | | Comments(8)

新年

年末にはきっちりと蝋梅も開花056.gif
f0193521_16384412.jpg


新年は孫6人集合 これだけでも大変だが新しく加わったボストンテリアの「ボムくん」
走り回るし、なんでも口の中に入れるし、3人分くらい手がかかって大変だった。
7か月のブサカワイイ?子犬だから仕方がないが・・・
来月は宦官(去勢すると落ち着き、病気もあまりしなくなるとか)になるとか
初もうでは鹿島の祐徳稲荷神社に、覚悟はしてたが大渋滞005.gif
ボム君にひっかきまわされたお正月でした。

f0193521_12484286.jpg


f0193521_7224364.jpg
 
by iwa1iwa2 | 2014-01-03 16:39 | 勉強 | Comments(6)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ