テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雪の雁俣山へ

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

佐俣の湯近くのコンビニで待ち合わせて出発。ここの店員(男性高齢者)はいつも元気があって
とても感じがよく、山仲間もいつもお世話になってる。チョコレート一個購入で元気をもらう。

二本杉方面はチェーン規制で通行止め。確かに早楠から見上げる雁俣山は今日に限っては北アルプス
にも引けを取らないように、そそり立って見える。
とにかく行けるところまで登ろうとスパッツをつける。

f0193521_14325926.jpg

距離6.496km 所要時間4時間06分 平均速度1.6km/h


早楠から見上げた雁俣山
f0193521_4243122.jpg

峠の地蔵さんも雪に寒そう
f0193521_426535.jpg

まだくるぶしを越えるほどだが・・・
f0193521_4272758.jpg

この先の急斜面が最大の難所だ
f0193521_4283383.jpg

3歩進んで2歩滑る、仕方なし雑木林のなかにはいる。
f0193521_430682.jpg

深さはすでに膝を越え、体力も何時も使う筋肉と少し異なり、国〇さんと
相談し引き返し、帰りは炭焼き小屋の周回コースを下る。
f0193521_4322569.jpg

巨大な松も混在
f0193521_4361732.jpg

やっと炭焼き小屋に。実在する炭焼き小屋はあまり見ることがない。
f0193521_4375758.jpg

f0193521_4394476.jpg

f0193521_442596.jpg

コースは右折だが、道なりに進んでみたが、古い道があるがいつか機会を見つけて
確かめたい。
f0193521_4445442.jpg

ジグザグコースを下ると民家の庭先に下る
f0193521_4461699.jpg

取り残された?半鐘
f0193521_4473188.jpg

時間があったので早楠神社に
f0193521_4483051.jpg

巨木が歴史を感じさせる
f0193521_4493098.jpg

駐車場近くにはまだ大きなつららが
f0193521_4503594.jpg

いつものワンちゃんが出迎えてくれる。
f0193521_452047.jpg

今かな登ると勘違い、喜んで飛び跳ねてたが、もう帰るとわかるととても寂しそうな
顔と態度でいつまでも見送ってくれた。
f0193521_455268.jpg

膝を越える積雪をブルトーザーのように、力ずよく登る国〇サンに引っ張られて
山頂は踏めなかったが無事に帰ることができました。
f0193521_512451.jpg



 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-28 04:57 | | Comments(2)

幻の滝(千間山)

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


f0193521_18545937.jpg

朝の冷え込みは思ったよりも厳しくなく、散歩・ラジオ体操仲間も12名と昨年以上003.gif
3か月、ご主人治療のために公園近くでアパート借りて、毎日散歩参加されてた愛〇さん。
帰省し経過が良くて、もう熊本に来なくてよいとのこと。寂しいが、逆に全快ならばうれ
しいことだ。

大寒波が襲来するとTV・ラジオで警戒報道が。
今日まだだが積雪が見れるかも060.gif

浄水場付近は少し積雪が
f0193521_19125656.jpg

慎重に進む
f0193521_19142816.jpg

先日探した藪椿も
f0193521_19145042.jpg


f0193521_19185516.jpg

深さもくるぶしを確実に超えてきた。
f0193521_19225952.jpg

見上げると、上空には気味が悪い雲がかなり下がってきた。
f0193521_19245576.jpg

ここを通らねば
f0193521_19284781.jpg


f0193521_19301735.jpg

沢の水も凍ってきた。
f0193521_19311541.jpg

モノクロの世界
f0193521_4111890.jpg

幻の滝はまだ凍らずに流れてた。

f0193521_4233836.jpg

f0193521_4244557.jpg

雪を夫君安雲が谷沿いにかなりの速度で下ってきた。
f0193521_4295120.jpg

追われるよう急いで降る。
f0193521_4314043.jpg

どうにか車に乗り込むと同時に霙が激しく降りだし、注意しながら林道を下り
車ごと、閉じ込められなくてよかったなとほ~~とする。

3時間ほどのプチ山歩きも無事に帰宅できた。

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-24 04:39 | | Comments(10)

甲佐岳

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


心配しながら御船から、甲佐町に入ると京丈山・目丸山方面は真っ白だ!!
すぐに予定変更、甲佐岳に向かう。
f0193521_17523027.jpg


山頂までは11時11分出発して1時間半で登りあがるが、帰りを裏山コースに入ってみるが
積雪がありふみ跡がわかりつらく、予想以上に難儀する。
低山・里山だが季節によっては厳しいね。

遠く洞が岳・京丈山・目丸山方面はまるで、北アルプス連峰のように積雪で光り輝いていた。
f0193521_19542081.jpg

f0193521_19544085.jpg

登山口にある福成寺が残ってるが昔は16坊寺があったとのこと。岳→嶽が正しいのだろう。
f0193521_19562671.jpg

整備された登山道をゆっくり楽しみながら登る
f0193521_201663.jpg

雪や大きな岩が現れるとやがて
f0193521_2032243.jpg

ひよっこりと開けた場所に飛び出る
f0193521_2043655.jpg

ここからは脊梁の山々や、遠く有明の海も眼下だ
f0193521_206043.jpg


山頂はここから東に少し進んだ所にある
f0193521_4212640.jpg

帰路は周回コースにするが、積雪で岩場なのでルートが一部わかりつらい。
f0193521_425739.jpg

頑丈な杭とロープ(かなり長くリードしてある)にたどり着き一安心する。
f0193521_426857.jpg

f0193521_429562.jpg

竹が混じってくると休憩所がちかい
f0193521_4293767.jpg

f0193521_4341215.jpg

国体コース登山口を通過して
f0193521_4345191.jpg

無事に駐車場に反対側から無事に着できた。

民家の垣根に一輪 もうシャクナゲが一輪咲いてた
f0193521_443222.jpg

f0193521_444631.jpg



 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-21 17:54 | | Comments(6)

発表会

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

次女宅の3番目が今年最後の幼稚園発表会
例年通り熊本県立劇場を貸し切って催された。
会場は満員盛況
力強い、よさこいそうらんから始まり
f0193521_7362479.jpg

f0193521_7445934.jpg

f0193521_747147.jpg

f0193521_7473282.jpg

f0193521_7481958.jpg

f0193521_7485043.jpg

ゲストに宝海大空 「宝海劇団」の大衆演劇も
f0193521_750021.jpg

フィナーレは全員集合で
f0193521_822187.jpg

4時間強の熱演で、
f0193521_8101830.jpg

外は雨で帰路は渋滞する
f0193521_8114987.jpg



 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-17 19:36 | 雑記 | Comments(4)

目丸山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


早朝の冷え込みはこの冬一番かな?
出鼻をくじかれて、家で太陽があがるのを待って出発。
行く先も大幅に制限されて、目丸山にする。
f0193521_16123289.jpg


積雪が心配だったが低山里山なのでチェーン無し。反面雪を踏んで歩いてると次第に
樹氷を期待する。
途中ここでも新しい林道を建設中で、何台かの重機がか行ってる。
f0193521_4501320.jpg

車から降りると,左右の壁面には霜柱が、まるで冷蔵庫の中に入って行く寒気が
f0193521_4522499.jpg

思ったよりも積雪がある
f0193521_454524.jpg

f0193521_4554371.jpg

赤い実が目立つ
f0193521_4584240.jpg

馬子岳との分岐点には趣があった古い表示板は見当たらず、九州ハイランドの杭が
f0193521_511392.jpg

ヒメシャラの肌も美しい
f0193521_544391.jpg

登山者は誰もいなく、新しい雪を踏みしめてると樹氷がないか期待するが
f0193521_511282.jpg

f0193521_572195.jpg

早く山頂に着きすぎたので、先のほうに進んでみる。
f0193521_594275.jpg

広い尾根にはまだまだバイケイソウの緑も感じられない。遠く樹幹から京丈山や
四万丈・雁俣山など眺めて下山にかかる。
f0193521_5141872.jpg

f0193521_5181388.jpg

天候も良く風が全くなく、近場の里山ゆっくりと楽しめた。 感謝
f0193521_5234689.jpg

     距離6.82km 所要時間3時間08分 平均速度2.2km/h



 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-16 16:18 | | Comments(2)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

f0193521_84133.jpg

f0193521_8172010.jpg

馬しゃんほか5名は佐俣の湯に集合。ぶんちやんと私は暗い中、白滝公園で待機する。
時間よりもかなり時間があったので整備された公園を散策する。
f0193521_4262494.jpg

f0193521_4264493.jpg

総勢7名で駐車場所奥藪に、一本のロープがあり登りあがる。
ここは以前からルートは荒れてたが、杉の倒木等でますます分かり辛い。基本的には右に沢を見て
つかず離れず登り、頭上に見える岩の上に出ればよいので、あとは安全と思われる道を選べばよい。
f0193521_8125787.jpg

岩の上部に出ると、この一面は荒れたお茶畠の跡が点在してる。
やがてはっきりした小径(送電線点検道)に出て、鉄塔までこの道を使わせてもらう。
f0193521_872030.jpg

f0193521_8163761.jpg

鉄塔広場の南で北風を避けて、早くもおやつタイム(おいしい戸馳ミカンを頂く)
鉄塔から石灰岩が混じった尾根を登ることになるが、すぐに急な登りになる直前で、
左にコースをとり杉林の中をトラバースしてはっきりした次の尾根まで進む(直登して
左に登ってもさしたる障害はなさそうだ)
f0193521_8272880.jpg

適当に杣道を使わせてもらい、尾根に出るとテープも確認でき、ここから杉林の中
大きな苔むした岩が現れるまで登りあがるだけだ。
f0193521_829467.jpg

あとは尾根を忠実にたどる。
f0193521_832680.jpg

高度も1000m近くなりかなり冷え込む。勾配も緩やかにはなってきた。
f0193521_8371128.jpg

とやがて遠方右奥には第二登山口に至る道のガードレールが見えてくる。
f0193521_8395918.jpg

やっと第二登山口付近の林道に登りあがる。
f0193521_9312651.jpg

あまりの寒さに無人小屋を拝借。杉林から燃料を頂き暖をとり、少し早めの昼食
タイムにする。
f0193521_9325667.jpg

火を付けるのはなかなかむつかしいが紙があれば意外と簡単。
f0193521_9365483.jpg

焼きおにぎりにする方や、それぞれく工夫して食事や楽しい談笑が続き休息タイムは
はるかにオーバー037.gif
機能性が優れてるナッツさんのウエアーからは、汗がどんどん発散されて白い湯気が
立ち上がってる。
f0193521_9435275.jpg

身体も温まり、三日前にあった福寿草に会いに行く。
f0193521_9474060.jpg

056.gif寒い中どうにか開花して待ててくれた。
f0193521_9504664.jpg


f0193521_9511858.jpg

残り火がないか確認。
f0193521_9565338.jpg

ピストンなのであとは用心しながら慎重に下り、無事に下山できた。
明神岩と逞しく愉快な皆さんにも感謝の一日でした(^^ゞ
f0193521_9583733.jpg

f0193521_12155411.jpg

     歩行距離11.28km 所要時間7時間40分(休憩含む) 平均速度1.5km/h 


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-14 04:16 | | Comments(8)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


f0193521_434404.jpg

毎朝天気予報で最低気温が気になるこの時期、二本杉峠の状態は?
大事をとって遠回りにはなるが、大通り峠を選ぶ。
峠を過ぎて仰烏帽子山を見上げると、白い帽子だ!!
鷹巣山~高塚山は積雪の可能性ありで、前回カットした石仏附近の
福寿草鑑賞に変更056.gif


f0193521_4435547.jpg

馴れたものですいすいと登るRさん
f0193521_4451724.jpg

日がささないので開花は少ない。
f0193521_741970.jpg

前回ご一緒したSさんのモニュメントはしっかりと立っていた。
f0193521_7425255.jpg

高度があがるとともに薄い積雪も
f0193521_7454534.jpg

前回は山頂に登ったし、今回は直接仏石の群生地に向かったが
f0193521_7512159.jpg

日光が当たらないのでまだ固い蕾だけで、記念に久しぶりに岩峰に登って、石仏に
お参りをする。
f0193521_7542652.jpg

仰烏帽子方面は厚い雲が
f0193521_755491.jpg

注意して降り第二登山口に向かう
f0193521_7561182.jpg

途中の南面萱場にはいくつも咲き誇ってた。
f0193521_758373.jpg

北面は風も冷たく樹氷はまだまだ
f0193521_759513.jpg

第二登山口手前の尾根を降って周回することにする。
f0193521_821084.jpg

一部まだブッシュがひどいとこもあるが、テープもあり忠実に尾根を降れば迷うことはない。
しかし自然界に生きるのは厳しい!!
f0193521_834342.jpg

f0193521_854335.jpg

やがて県境杭なども現れて駐車場広場が近い。
広場からショウトカットで斜面を降る。
f0193521_881464.jpg

f0193521_8463440.jpg

     
f0193521_857592.jpg

       歩行距離7.57km 所要時間5時間42分 平均速度1.3km/h
無事に周回でき、帰宅も予定よりもかなり早かった。


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-11 04:46 | | Comments(6)

どんどや

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

七草かゆもすぎ、今日は「どんどや」お正月の飾り物を燃やし、その火に当たり無病息災を願う行事だ。
毎年、御幸小学校のグラウンドで、多くの関係者の協力・尽力で行われてる。
f0193521_15353620.jpg


f0193521_1546578.jpg

芋を持参して焼き芋を作ってる方も
f0193521_15481919.jpg

f0193521_15491711.jpg

ぜんざいサービスに長蛇の列
f0193521_1810467.jpg

焼いたお餅を入れて出来上がり
f0193521_18121142.jpg


どうぞ健康で禍から免れますように!!

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-09 15:40 | 雑記 | Comments(2)

岩宇土山(福寿草)

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


昨年末の仰烏帽子での福寿草との出あい。
オコバ谷にも咲いてるだろうと、岩宇土山に登り下山はオコバ谷にへと周回する。
f0193521_8154431.jpg

       距離6.69km 所要時間5時間48分 平均速度1.2km/h

何時もの佐俣の湯近くのSコンビニで偶然〇分さんと出会う。
同じ福寿草鑑賞ならば一緒の山にと車2台5名で久連子に走る。

まだシーズン前なので駐車場は独占状態。
登山口から尾根にたどり着くまでは、落ち葉に埋もれた薄い歩道をジグザグに登る。

f0193521_417654.jpg

尾根に取り付くまでは急登だ。
f0193521_423799.jpg

いったん登りあがれば、ほぼ東に向かって順調に
f0193521_424941.jpg

天候も快晴だが、冷え込みはなく衣服調整では上着は一枚になる。
f0193521_4273961.jpg

小ピークでは直登
f0193521_4321928.jpg

f0193521_434067.jpg

やせ尾根を進む
f0193521_4355313.jpg

先月登った奥座向き方面
f0193521_437185.jpg

久連子岳(C-1240m)には大きく迂回せずに、途中から足場のいいところを慎重に登りあがる。
f0193521_4382946.jpg

上福根山・茶臼山方面をバックに感激のポーズ
f0193521_4403443.jpg

ネットにからめとられないように進むと
f0193521_4471515.jpg

縦走路上にピークとは思われないが岩宇土山に着く
f0193521_4494915.jpg

このまま上福根まで進むかどうか迷ったが、左折してオコバ谷へ向かう。
湿った杉林の中を抜ける
f0193521_115394.jpg

明るく開けた草原に出るが右の谷はますます深く抉れてきた。
f0193521_1172563.jpg

白崩平で何個か福寿草見つけたので、安心して楽しい昼食タイム。

f0193521_1175434.jpg


f0193521_11153024.jpg

f0193521_11154764.jpg

福寿草と別れて沢に下る。
f0193521_1116749.jpg

沢を渡って右手に取り付くのが今のメインルートになってるが、直進して別ルートを
降る。
f0193521_11222519.jpg

大規模工事もひと段落したようで
f0193521_1137180.jpg

f0193521_11381932.jpg

f0193521_1141599.jpg

少し危険なコースもあったが、〇分さんのサポートや〇しゃんの適切なアドバイスで
山頂を踏め福寿草にも会えて無事に周回で来た。 感謝

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-04 18:53 | | Comments(8)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


f0193521_1221474.jpg

昨年は目標の5ルートにはあと一つをを残してしまったが、達成率は80%なので良しと思わないと。
今年も新たに5ルート加えたが、年々厳しくなる体力との戦いが・・・
毎日の散歩とラジオ体操。さすがに元旦は4名で寂しかった。
身近な金峰山を目指したが、本妙寺を超えるころから、路肩に駐車が目立つ。
峠の茶屋の交差点ではパトカーが出て交通規制。車が満車状態で地域の方以外は
遠慮願ってるとのこと。

ならば二の岳三の岳を目指す。
57号線陸橋からの眺め
f0193521_1211994.jpg

こちらは全く人気がないのかゆっくりと登れる。
クロスカントリーのコースなのだろう。ここを走ってる人の体力には」ビックリするね
f0193521_12122046.jpg

丸太の階段で整備してある
f0193521_12145641.jpg

三の岳がくっきりと
f0193521_1216153.jpg

二の岳山頂
f0193521_121778.jpg

f0193521_1824594.jpg

長男と一緒に登ったのは何年ぶりだろうか? 体格は良かったがそれ以上に体重も
かの国の将軍様のような感じが漂う
f0193521_18321598.jpg

初日の出もかなり高くなり
f0193521_18345836.jpg

f0193521_18354644.jpg

三の岳との鞍部に下ったが、もう帰りた~~いの泣き言に、家路を急いで帰る。
f0193521_18452618.jpg

f0193521_18454875.jpg

ありがとう!! おかげで思いで深い最初の登山になった。


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-01-01 09:58 | | Comments(2)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ