テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

黒岳周辺

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

f0193521_4344665.jpg

    歩行距離7.27km 所要時間7時間16分 平均速度1.0km/h

参加者 (L)風さん・馬しゃん・アヒルさん・Rさん・〇梠さん・ナッツさん・歩夢君・〇浦さん
〇分さん計10名の参加。
長い間、風さん・馬しゃん歩いて整備されてるルートで、一端は歩いた記憶はあるがこの厳しい時期に
厳しいルートを歩くのは何年ぶりだろうか?

自宅を3時前に出発、大津で集合し4台で今水に向かう。ここに車2台デポして男池に向かい
6時30分スタートする。
f0193521_8225127.jpg

予報では快晴のはずだが、空はどんよりと
f0193521_8242615.jpg

浸るに直登するが、高度を上げるにしたがって、積雪が多くなる。
f0193521_8253058.jpg

姿勢も自然と前かがみになり
f0193521_827580.jpg

前岳も姿を現す。
f0193521_8565727.jpg

樹氷も次第に大きく
f0193521_8292937.jpg

f0193521_8361924.jpg

天狗が
f0193521_8515088.jpg

f0193521_859018.jpg

大船山も
f0193521_914025.jpg

天狗への裏コースも確認して下山にかかる
f0193521_852568.jpg

f0193521_855273.jpg

振り返ると青空も
f0193521_1639080.jpg

f0193521_16362371.jpg

今水までの意外と長いコースを今日のコースを思い出しながら・・・
f0193521_16405936.jpg

f0193521_16435145.jpg

帰路車中から眺める三俣山方面は真っ白
f0193521_16465929.jpg

こんな素晴らしコースを無事に皆さんと歩けて感謝。
特に準備計画頂いた風さん・馬しゃんありがとう!!

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-25 04:42 | | Comments(12)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用
2月21日(日曜日雲のち晴れ)
f0193521_2039100.jpg


f0193521_2065335.jpg

風が強く粉雪も
f0193521_208077.jpg

最初の尾根までが凍ってかなり滑りやすかった。
f0193521_20923.jpg

駐車も多い
f0193521_20343210.jpg

厳しい尾根登り
f0193521_20355549.jpg

前回直登した場所は、当然ロープ沿いにトラバースする。
f0193521_20371117.jpg

倒木は処理されてありがたい。
f0193521_20383623.jpg

最大の難関をクリアーする
f0193521_20392160.jpg

久連子岳山頂に
f0193521_2040282.jpg

山頂から直下を覗く
f0193521_2041743.jpg

ガレ場を進む
f0193521_4242568.jpg

岩宇土山山頂でピース
f0193521_4274755.jpg

左折して杉植林を降る。
f0193521_4291552.jpg

雪中の福寿草。
f0193521_4304946.jpg

f0193521_4311459.jpg

上福根山頂は樹氷で真っ白
f0193521_4324878.jpg

日が当たる場所では
f0193521_434684.jpg

f0193521_4345152.jpg

下山口近く
f0193521_4361643.jpg

日本100名山クリアーの方 300名山に挑戦中の方とさすがに健脚!!
f0193521_4373889.jpg

昨日の分を取り戻す? 仰烏帽子山に向かう。第二登山口にもまだ多くの車が。
f0193521_4402393.jpg

仰烏帽子山の福寿草
f0193521_4422826.jpg

f0193521_4425748.jpg

下山 帰路につく。賑わってたバンジージャンプも終了
料金は果たして? 逆に頂いてもね~~の話に
f0193521_4453915.jpg

遅くに佐俣の行き着いたが、これから高速で福岡まで。お互いに帰宅までの無事を
またご一緒できますように願って別れる。ありがとうございました


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-23 03:58 | | Comments(2)

久連子福寿草祭り

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用
2月20日(土曜日雨)
祭り当日は間断なく続く雨。9時に佐俣の湯で福岡組と合流する。
久しぶりに元気な面々にお会いできる
〇松さん・〇さん・〇川さん・〇津さん

前日の積雪で二本杉峠を通過は心配だったが、一台二日間お世話になる。
運良いところで、5台のトラックと離合し、強い雨のおかげで積雪は
路肩に所々残ってる状態でさすがに四輪駆動車は強い。

佐倉荘に一応荷物をデポして、久連子に向かう。

f0193521_10344619.jpg

冷えた身体にはお茶とおいしいも天ぷら+ストーブ
f0193521_10355410.jpg

団体バスも来てるし、雨の中意外とお客がいる。
資料館も開いてたし、山村での生活や歴史がしのばれてかなり興味深く見学できました。
f0193521_1755851.jpg


f0193521_17574691.jpg

尋ねるとやはりキツネはほとんどいないとのこと。私も長い山歴の中で一度だけ
はっきりと出会っただけです。
f0193521_17586100.jpg

f0193521_17591265.jpg

忘れがちな久連子鳥さんにも挨拶してくる。律儀にもお礼に私だけに久連子鳥のたもうち
を見せてくれた003.gif
f0193521_180629.jpg

宿では次々と珍しい料理が・・・
f0193521_18132448.jpg

やはり伝統あるお宿だけあって、飾ってある写真や資料もかなり興味深い。
f0193521_18142471.jpg

f0193521_18181493.jpg

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-22 18:19 | 勉強 | Comments(0)

早楠からの雁俣山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

先月27日国〇さんと雪の中、同じく早楠から山頂を目指したが、最初の急登をどうにか
クリアーできたが、あまりにも積雪が多くリタイア。今日は再チャレンジ
メンバーは馬しゃん・あひるちゃん・リンドウさん・あゆむくん・坂〇さん・国〇さん計7名+ワンちゃん1匹
健脚そろいなので、周回を目指す。コンビニ7時集合
f0193521_1612135.jpg


f0193521_16131610.jpg

     歩行距離8,7km 所要時間6時間44分 平均速度1.3km/h
神社近くに駐車するも、少し狭くいつものところに移動
f0193521_189531.jpg

このコースはしばらくはスギ林の中を登らなければならない

f0193521_1744069.jpg

最初の急登にとりつく。
f0193521_17462585.jpg

軽アイゼンをつける
f0193521_17484928.jpg

順調に登る
f0193521_17492734.jpg

麓からついてきたワンちゃんも心配そうに。時にはシカを追い出し上ったり下りたり
あのすごいパワーが少しでも欲しいよ~~♪
f0193521_1750222.jpg

激登りする馬しゃん
f0193521_1845553.jpg

やっと山頂に立ち、早めの昼食を
f0193521_1754364.jpg

二人分のお弁当。私のは一個家内作 あとすべてはあゆむくんの手作り。
f0193521_180810.jpg

坂〇さんから奥さんのおいしいおやつも(あまりに美味しかったので、写真撮るのも
忘れて、疲れた体の中に)皆さんいつもありがとうございます。
明日・明後日からの登る山々を展望する。
f0193521_1757237.jpg

いよいよ降りにとりかかる
f0193521_18123841.jpg

登りはよかったが、降りは緊張する。
f0193521_1814414.jpg

お尻で降りる人、心配そうに見守る人、笑い声が絶えず続きます (^^ゞ
f0193521_1816767.jpg

f0193521_18163114.jpg

f0193521_18164962.jpg

炭焼き小屋方面に降る。(炭焼きは立派に保存されてるが、もう6年ほど前に
亡くなられてそのままだと)ミツマタの花が咲き始めていた
f0193521_18193753.jpg

ジグザグの歩きにくい荒れた杣道を降り、やっと集落に到着。
f0193521_18205467.jpg

全行程ワンちゃんにも見守られて、積雪の中みな全身雪と戯れて無事に下山することが
出来ました。次回の約束の日が楽しみな一日で終わることができました。



 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-19 16:17 | | Comments(8)

洞が岳と周辺

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用
f0193521_16195571.jpg

17日 洞が岳~茂見山~山出浄水場周回予定で出発する。
零台橋で一休み。ここのトイレはきれいに清掃など行き届いてる。
緑川ダムを渡り、夏水集落を抜けるが車や人には全く出会うことなかった。
下山予定地に自転車をデポして再度集落奥の駐車場に走る。

千間登山口取水場に自転車をデポ
f0193521_19532880.jpg

引き返して旧駐車場に行く
f0193521_19551068.jpg

予想以上に天候も不安定で冷たいガスが下から吹き上げてくる
f0193521_19562296.jpg

神社直下の林道作業は完了したのか事務所もなくなってた。
f0193521_19513874.jpg

権現さん前の巨大杉と岩
f0193521_1953269.jpg

神社裏から登るが靴底に行きが付着し登りにくい
f0193521_19545544.jpg

洞が岳山頂にやっと到着
f0193521_19573394.jpg

樹間から狩俣山が
f0193521_19585698.jpg

先を急ぐ
f0193521_200212.jpg

積雪もいよいよ深くなり行く手を遮る。
f0193521_2004833.jpg

柏川林道を手前にまるで北アルプスのようにそびえる
f0193521_2015119.jpg

この尾根をたどり、遠く茂見山周回予定だったが・・・
時間に余裕がなくなり、天候が思うように回復が遅い。臆病で小心なので
かなり躊躇したがここは引き返して、逆から攻めてみることにする。
f0193521_203090.jpg

頭上の落雪が時折襲う
f0193521_2064024.jpg

帰りは展望所も回ってみる
f0193521_2075028.jpg

登山口まで無事下山。再度出川浄水場に向かい、適当に散策することにする
f0193521_2091224.jpg

f0193521_20112233.jpg

幻の千間滝も水量を増やし流れてる。
f0193521_2013749.jpg

ここも積雪が多く、福寿草に会えなかったが散在することは確かだ
f0193521_20142556.jpg

何の新芽かな?
f0193521_20151441.jpg

しばらく歩き回り、降ることにする。
人家跡まで降ってきた どんな方が使ってたのだろうか?
f0193521_2017314.jpg

藪椿もきれいだ
f0193521_20173991.jpg

水量も多く、夏場は遊んだら楽しいだろう
f0193521_20184434.jpg

帰りは、気になってた新しい林道を詰めてみることにする。
2~3km走ったら、もうかなり崩落があり、遠く洞が岳を前に道は通行不可能で
引き返す。
f0193521_20212089.jpg

この頃のシカはなかなか遠くには逃げない。
f0193521_20214367.jpg

来月に入ったら再挑戦することで納得し、周辺の山に挨拶をして離れる。


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-18 04:03 | | Comments(4)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

f0193521_414214.jpg

      歩行距離13,33km 時間8時間23分 平均速度1,6km

周回コースは久し振りで、前回と同様には車まで登り上がる体力が・・・。
月末の山友案内のコース確認のため、Kさんの協力で石楠越と久連子に
車をデポし、予定時間で回ることができました。同行いただいたRさん
にも感謝。

久連子に7時の集合予定だったので、自宅は4時半に出発。
やはり二本杉峠は厳しい。両サイドには高く積みあがった雪が残ってる。
久連子鳥はまだうす暗い中、元気に朝を告げている。
f0193521_4335711.jpg

s積雪で踏み跡がわかりにくく、滑落する危険があったので、尾根まで直登する。
f0193521_4342352.jpg

場所によっては雪も全くなく、とても気持ちよく歩きやすい。
f0193521_7243218.jpg

f0193521_7264749.jpg

山犬切(1621m) ゆっくりと歩いたが順調に距離を稼ぐ。
f0193521_7291670.jpg

登山道がクロスする七編巡り、周辺を歩いてみる。9時40分着(2時間20分経過)

f0193521_746891.jpg

道中、トリカブトの群生地には、山シャクヤクの新芽が
f0193521_1825344.jpg

林道川口繊維に到着
f0193521_18271695.jpg

広い尾根を登る
f0193521_18282825.jpg

久し振りの北犬切に
f0193521_18292948.jpg

しばらく展望を楽しみ、福根方面に進む。北面は積雪も深く、尾根はシャクナゲ林
に行く手を遮られ、右手に斜面を迂回進む。
f0193521_18315966.jpg

中福根に到着
f0193521_1834554.jpg

小ピークは数回繰り返しながら
f0193521_1835457.jpg

ここコースで一番展望が良いピークに。少し遅い昼食をゆっくりいただく。
空は青く山は雪景色360℃楽しむ。川口林道も眼下に見える。
f0193521_18372620.jpg

上福根山の山頂だ
f0193521_1839476.jpg

巨岩の下を回り込んで降る
f0193521_18495684.jpg

川口林道まで降る。
f0193521_18504513.jpg

オコバ谷の福寿草は、つぼみも多いが満開に近い。
f0193521_18522966.jpg

f0193521_1853389.jpg

13日(土曜日)久連子福寿草祭り まだまだこれからにぎわいそう
f0193521_1854461.jpg

長距離の最後に素晴らしい花々を見れて、素晴らしいコースを無事に周回する
ことが出来ました。感謝
f0193521_1857072.jpg


f0193521_20105044.jpg

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-12 04:37 | | Comments(2)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


f0193521_3534831.jpg

坂〇氏企画で、車2台で小岱山を構成する山々を楽しむことができました。感謝
小岱山は以前は職場の関係などで、よく登った記憶はあったが、後半の長助金比羅
からいったん高度を落として大回りして、観音岳に登り上がるルートは、初めて知った
ルートで踏み跡はしっかりしてるが、あまりポピュラーではないコースにアドレナリンは
出っ放しの興味ある素晴らしいコースでした。

f0193521_5251731.jpg

歩行距離11,71KM 所要時間5時間44分(休憩含む) 平均速度2,0km/H

Rサン・坂〇サンと3名 蛇が谷公園スタート
少し歩くと、頭が大きいので果たしてつうかできるかな?
f0193521_4231623.jpg

予報では確かお昼過ぎには雨のはずだが?
f0193521_4234073.jpg


f0193521_4252414.jpg

丸山展望所。二の岳・三の岳を久し振りに裏側から展望する。
f0193521_4263820.jpg

うさぎ石 確かにかわいい
f0193521_428534.jpg

観音岳広場に
f0193521_431013.jpg

お弁当を食べた思い出の巨岩に。
f0193521_4323529.jpg

荒尾市が一望に
f0193521_434815.jpg

コースはすべて安全で、整備されているし歩きやすく足にも優しい。
f0193521_4372913.jpg

順調に筒が岳到着少し早めの朝食をいただく。
地元の方が再度登ってこられて雑談する。
f0193521_4401081.jpg

長助金比羅からの展望。 出会った単独の女性一緒に大回りのコース未踏なので
付き合うとのこと。メンバーは4名に
f0193521_4431757.jpg

あの稜線を登り上がるんだな!!
f0193521_4454763.jpg

急登もあったが、初めてのコースに気持ちはハイに
f0193521_4473887.jpg

最初から杉の木をほとんど目にすることがない
f0193521_4495747.jpg

観音岳に登り上がりました。福〇さんとはお別れ(世間は狭いですね、共通の
知人も多い)
f0193521_4524354.jpg

今回も思い出深い楽しかった企画に大満足、次回をまた楽しみに帰路に
よろしくお願いします
f0193521_4551968.jpg

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-08 17:01 | | Comments(4)

甲佐嶽

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

金曜日は足の電気治療。電気風呂も苦手だが、藁にも縋る?思いでもう一年は経過。
思ったようにはよくはならないが、加齢が原因とすれば、悪化しないだけでも感謝。

昨日は、バーストもあり出発時からトラブルが
今日は日を改めて、病院治療も早く済んだので、京丈山にはタイムアウトで行けな
かったが、甲佐嶽に行ってみた。
f0193521_20474199.jpg

      距離2.67km 所要時間1時間43分 平均速度1.6km/h
f0193521_20463879.jpg

前回は山頂から左回りしたが、簡単な右回りをしてみた。
神社前の広い駐車場は独占だ
f0193521_2045479.jpg

神社からのコースは最短コースで身体への負担はない。

正面コースをジグザグに上る
f0193521_20511952.jpg

いつもの矢鉾の岩を越えると
f0193521_20532511.jpg

巨岩が出てきて
f0193521_41737.jpg

誰もいない山頂前の広場に飛び出す。
f0193521_2056535.jpg

吉見神社前に新しいポリ缶が
ふたを開けてにおいをかいでみても、どうも水のようで安心する。
f0193521_20584016.jpg

f0193521_20592816.jpg

展望がない山頂
f0193521_4201766.jpg

九州アイランドの白いポールが時々現れる。
f0193521_4212865.jpg

f0193521_4233775.jpg

コースは荒れて、丸太階段は落ち葉に埋もれかかり家族連れには?
f0193521_717312.jpg

f0193521_7173175.jpg

やがて手入れされた竹林に。中に入りルートを使わせてもらう。
f0193521_7202620.jpg

近いうちに立派なタケノコが芽を出すのだろう
f0193521_722146.jpg

イノシシの食害がひどいからだろうが
f0193521_7234164.jpg

電気治療を受けてきたばかりだ!! 触れると感電死も?
f0193521_726680.jpg

短時間だったが、また元の福成寺に無事に帰れた。
f0193521_7283169.jpg

カシバードを使って山頂からの展望を作ってみましたが、なかなか思ったよう
に使えません。
f0193521_9363153.jpg




 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-06 04:17 | | Comments(2)

過酷な柏川林道

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

零台橋をすぎ順調に緑川ダムをにつき、集落を通過しいよいよ緊張する柏川林道に進む。
予定では神社を通過して谷ルート近くまで進み、林道を歩いて第一登山口から京丈山
目丸との分岐を通過し茂見山登山口へ下るコースを思い描いてた。
f0193521_4223943.jpg

慎重に進み、緊張の連続だったのでいつもの5段の滝?で小休止。
f0193521_4261318.jpg

道はいよいよ狭く急斜面になる。
極端に悪い場所をもう少しで抜けるとき、異常な音に気が付く。
パンクだ 033.gif
f0193521_4341287.jpg

サイドを切ってるので音がしたであろうが・・・ペッチャンコ

急斜面なので進めず、狭い道を何度も降りてバックを確認して、どうにか
狭い場所で方向転換。
舗装道路は一部あるが、落石がかなりあり、通行車両もほとんどないので取り除くこと
はない(下山中)
f0193521_4243958.jpg

どうにか安全な場所までパンク状態で移動できた。
f0193521_11521454.jpg

タイヤは無残にも鋭い岩でザックリと
f0193521_11532999.jpg

どうにかスペアーに交換
f0193521_11544352.jpg

ゆっくり下山したが、途中から異常雑音が?
何度も止めて車体の下や、ボンネットを開けてみるがわからない。
修理工場に☎
ちょうど出払ってるので、ゆっくりと・・・仕方なく何度も止めてやっと到着。
素人の悲しさ~~慌てて脱着したのかボルトの締め方が悪かったとのこと。
ベアリングが割れたか車体のどこかが曲がったのか心配したがタイヤだけで
すんでほ~~とした(^^ゞ
こんなこともあるんだね!!


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-05 18:42 | 雑記 | Comments(8)

矢筈嶽~倉岳

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


海抜0メートル 棚底湾からスタート
f0193521_2056117.jpg


f0193521_20565225.jpg

SさんRさん、6時半出発し松橋・三角と長距離をドライブ。
松島町に入る。長いこと住んで慣れ親しんでた街並み、久しぶりに目にする
海や山。懐かしく思い出される。

町道を登山口に向かい祇園神社階段を使わせていただく。登山届ボックスも完備されてる。
(花道登山道)季節にはアイラトビカズラ・ウスキキヌカサタケなど、次回はぜひシーズン
に来てみたい。

f0193521_10573769.jpg

f0193521_1120135.jpg

登山道サイドにはかなりの数の石仏が鎮座、登山者を見守ってくれてる。
f0193521_1124638.jpg

巨岩が現れるころには、ロープも現れる。
f0193521_11254057.jpg

f0193521_11265874.jpg

山頂に地下ずくに連れてロープも巨大化。しかも黒と白もあり船のロ-プの再利用かなと?
f0193521_1129039.jpg

あと5分に激登りするRさん
f0193521_11313413.jpg

矢筈嶽山頂には金刀比羅宮が祭られてる。
f0193521_11345791.jpg

余裕の坂〇さん 10時24分で出発から約2時間弱経過
f0193521_11353880.jpg

さあ、ここから倉岳まではアップダウンが少ない足にやさしい縦走路が続く。
途中の展望所から目的の倉岳がかすんで見える。
f0193521_11481097.jpg

長~い石段をあえぎながら登ると山頂だ!!。
f0193521_1334579.jpg

f0193521_1321179.jpg

山頂で昼食。久し振りに愛妻弁当と湯を沸かしうどんをいただく。
なぜか天草最高峰862m倉岳山頂の霊水は溜まってたとのこと。ふしぎだね~~。
(坂〇さん 確認)
f0193521_137486.jpg

下りはこれまた縁起が良くありがたい延命登山道を使う。
f0193521_1314363.jpg

こちらもきちんとロープ完備
f0193521_13153726.jpg

途中、観音様と滝を見に寄り道をしてみる。
f0193521_131838100.jpg

観音様は次回にお会いすることに
f0193521_1321183.jpg

ちょうど棚底城遺構発掘作業中なのでこれからがまた楽しみだ。
f0193521_13391347.jpg

途中放置されたミカン畑から、落下したものが大量に。数個試しに拾ってみるが
味は?
f0193521_1342535.jpg

棚底地域振興ハウスによってお勉強。
f0193521_13441570.jpg

無事に周回して海岸に無事に到着。14時08分
晴れ女性のおかげで雨に会わなかったし、展望がいい晴れの時期(長いものが
いないといいのだが)何度か訪れたい素晴らしいコースだった。
f0193521_13465458.jpg


f0193521_20255898.jpg


      歩行距離10.75km  時間5時間32分  平均速度1.9km/h
f0193521_3595490.jpg

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-02-02 03:56 | | Comments(6)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ