テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


小学校に幼稚園は なが~~~い恐怖の夏休みに。
私はほとんどかかわらないが、家内は大変だね。
先日は吐き気とのぼせが 熱中症かと思って病院に。すぐに疲れからだと診断。

午前中、山ならぬ屋根に登って壁の割れにコーキングしてみる。
全くの素人だが、屋根の修理は終わったので、壁はDo It Yourself
精神でやってみる。 むつかしいね!!

土台も壁もかなり大きな割れが入ってるね
f0193521_19304571.jpg

恐怖だが
f0193521_19393566.jpg

f0193521_1932663.jpg

情けないが服や手は汚れて
f0193521_1933110.jpg


プールで疲れさせて昼寝でもさせないと。 最初は二人で
f0193521_19344826.jpg


近所の子供も集まって一緒に
f0193521_493659.jpg


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-07-28 03:59 | 雑記 | Comments(2)

f0193521_11501355.jpg
ウチョウラン


今回は峰越林道の県境から登ることにする。
このルートではヤシャビシャクにも会えたし、また違う花々に会えそうだ。
期待に胸膨らませて歩いてると、早速花師匠の声が・・・さすがに見逃さないね!!
ヤマジオウ
f0193521_12183735.jpg

ツチアケビ(土木通)ラン科で強壮、強精、利尿あのウインナーのような
果実の糖度は、〝スイカ並み〟だそうだが、色がね~~。食べてみる勇気は湧いてきません。
f0193521_12195972.jpg


メンバー
サンユーさん・花ちゃん・写楽さん・Rさん・永遠のマドンナ清〇さんと私の6名。

オオルリソウ
f0193521_18411598.jpg

f0193521_19214412.jpg

金網は無粋だが、食害から守られてるのは認めざるを得ない。
f0193521_1843671.jpg


ギボウシの花は開花直前だそうな。開花したらまた来て是非確認してみたいね!!
f0193521_18444076.jpg

ヒナノウスツボ
思ったよりも可憐な花だね!!
f0193521_19244579.jpg


ウツギの花も種類が多く、ますます頭が混乱するね。
f0193521_19265832.jpg

f0193521_1931192.jpg

ウチョウラン
f0193521_1462130.jpg

キレンゲショウマ
f0193521_1475816.jpg

f0193521_1483158.jpg

f0193521_1485430.jpg

クサギ これから山腹をにぎわす花とのこと
f0193521_14105812.jpg

コオニユリ
f0193521_14112497.jpg

ウバユリ
f0193521_14115452.jpg

オオキツネノカミソリ
f0193521_14122366.jpg


by iwa1iwa2 | 2016-07-26 03:11 | | Comments(8)

苔むした白鳥山

7月20日
白鳥山(1639m)先週も登ってみたが、梅雨も明けてかなり沢も
渡渉しやすくなってるだろうし、何よりこの時期の沢沿い歩きは数度
気温が低いと感じるし、オゾンの発生もかなり多いと実感する。

車はウエノウチ谷登山口に一台、男池登山口に置きあとは時間をかけ
花目モードに設定し、ゆっくりと山頂まで歩く。
参加者 坂〇ご夫婦 Rさん
再度希少植物に会えることを願って!!

f0193521_464384.jpg

キレンゲショウマを前に
f0193521_88130.jpg

もう少しで開花だね
f0193521_810159.jpg

水量は半減だが、雰囲気は変わらず心地良い。
f0193521_8161274.jpg

まだかろうじて待っててくれたフガクスズムシ
f0193521_9371130.jpg

やはり山は、五感を使って挑まないと 望むものもなかなか得られない。

絶滅危惧種のⅡ類
f0193521_9411526.jpg

アサギマダラさんも昼食中
f0193521_10295929.jpg


あのキレンゲショウマの群生地は?
f0193521_12361374.jpg

f0193521_12374152.jpg

これからですね!!

無事に下山したと同時に、強い雨が・・・道路封鎖に会わないように、走るが
高度が下がるにつれて、雨脚も弱くなり、空も晴れてくる。
ニガコベタニ登山口近くのオオキツネノカミソリにも会える。
※キツネノカミソリより花が大きく花弁が 9cm 程になり、長く突き出るおしべが特徴とのこと※
f0193521_12465436.jpg

目的をすべて達成し充実した気分で帰路につく。感謝


056.gif今日24日も縁あって、仲間と白鳥山に060.gif出発まで
まだまだ時間があるが、なぜだかうれしくて睡眠が全然足らない020.gif







by iwa1iwa2 | 2016-07-24 03:22 | | Comments(4)

白岩山周辺花探索

7月19日
マタロクタニからの山行は白岩山の花散策に変更。
願ってもないありがたい企画。

Sanyuさん同級生の園〇さん・Kさん・Rさん・清〇さん6名での佐俣の湯
3台の車で出発。


f0193521_74693.jpg



f0193521_747668.jpg

      歩行距離10.75km 時間5時間50分 平均速度1.8km/h

登り始めてすぐに
ツクシツチトリモチ
f0193521_4273563.jpg

さて何人で、何を? やはり熱心だ
f0193521_4281733.jpg

シギンカラマツ
f0193521_4491070.jpg


ソバナ
f0193521_18554697.jpg

f0193521_18573539.jpg

ホタルサイコ
f0193521_194411.jpg

キリンソウ
f0193521_1974867.jpg

ウスユキソウ
f0193521_19204151.jpg

ヤハズハハコ(よく観察してなかったので、ウスユキソウと混同してた)
f0193521_6391347.jpg

岩峰に咲くコオニユリ
f0193521_19322542.jpg

f0193521_19361236.jpg

ホソバシュロソウ
f0193521_4222964.jpg

地震や豪雨の影響か、かなり浮石が多かった。
f0193521_19394121.jpg


岩峰で会話も弾む 仲間は本当にいいね~~♡
f0193521_19403099.jpg

昼食は馬つなぎ場近くでと、先に進む。
f0193521_2051582.jpg

帰りも順調に進み、おまけに帰りにワタナベソウにもお会いできて、056.gif花師匠の方々
皆様に感謝の一日でした
ワタナベソウ
f0193521_6183981.jpg

ホトトギス
f0193521_6195167.jpg


by iwa1iwa2 | 2016-07-21 07:53 | | Comments(0)

一の峯~二の峯

あの花が増えて、咲き誇ってるのか?もう枯れてしまってるのか気になって
注意報が出てる中出かけてみた。

雨こそ降って中かったが、草は元気良く伸びてるし濡れてるし、その中を漕ぐように
歩いてみた。
昼からは晴天になり蒸し風呂状態だった。

ハナハタザオ
白い中にも少し青みが買った薄い色が、感じられるが
何せ腕が悪すぎてゴメンナサイ
f0193521_2049290.jpg

f0193521_20484181.jpg


f0193521_1905179.jpg



f0193521_18582751.jpg


f0193521_18575768.jpg


探してたオタカラコウ(メタカラコウは初めて知る)や;カキランは全く消えて
しまい、花の命の短さや儚さを知る。
カキランの姿かな?
f0193521_19852100.jpg


f0193521_4432947.jpg


f0193521_15312954.jpg


by iwa1iwa2 | 2016-07-19 16:53 | | Comments(0)

キレンゲショウマは

カメラがぶれてまた聞き苦しい音声も

フガクスズムシソウ⇒リンクが張れました








       


                 白鳥山

なぜだか、リンクも無事に貼れたし、ウィンドウズ10の初期画面も正常に
PCはわからないことばかり!! 不思議な動きをしますね??
そのうち、無料の音楽でも張り付けてみよう。


                     ローズ

         




.
by iwa1iwa2 | 2016-07-17 05:36 | | Comments(8)
前日までの豪雨に五家荘の最深部まで走れるのか心配だったが
案の定、二本杉峠までは各所で路面に噴き出る水や落石に注意し
ドライバMさんとナビゲターのRさんにすべてを任せて安心して
乗車し、最後は御池登山口(上内谷)近くまで進むことが出来る。

f0193521_180226.jpg

               ログは一部直線で表示


登山口直前で路肩が崩落、用心のために手前で駐車する
f0193521_5123455.jpg

銀梅草
f0193521_5142139.jpg

増水した沢を渡る
f0193521_515415.jpg

最初はなかなか思いっきりが・・・
f0193521_5213356.jpg

沢沿いのキレンゲショウマは少し黄色みが付いたくらいで、まだ先だね残念
f0193521_5174533.jpg

f0193521_5181843.jpg

アオベンケイ
f0193521_1033838.jpg

なかなか見つからなかったが、やっとここで今年もお目にかかれる
f0193521_1054153.jpg

ソバナ?
f0193521_1065744.jpg

やはり貴重な花だね、あとほかの場所でも見つけることが出来たが、あまりに上を
見上げ過ぎたのか、首が痛くなる。
帰路は正規のルートをあまり外れないように降る
f0193521_1094289.jpg

あとは荒れた林道を無事に帰路につく。
                           感謝

by iwa1iwa2 | 2016-07-15 18:01 | | Comments(8)

梅雨の末期だろうが本当によく降りますね!!
そのうえまだ震度4などと大きい余震が来るし、ビックリさせるし
油断はできません033.gif

山にも行けずに、以前習ったPC・花師匠のRさんテキストジェイトリムで、
遊んでみた。

f0193521_16362250.gif


最初に富士山で発見されたとのこと。環境省絶滅危惧Ⅱ
ブナの枯木を好み、苔で覆われた中にタカネマンネンクサと一緒に巨木に
植生してることが多い。



               ラン科 クモキリソウ属 多年草
f0193521_1853367.jpg

f0193521_21231818.jpg

f0193521_2124099.jpg

f0193521_21242282.jpg

             プロ写真家山遊浪漫さんホーム頁より(承諾済)

こんな貴重な花が、ごっそりと剥ぎ取られて盗まれてる形跡が
持ち帰っても絶対に育たないのに何で???怒りとともに理解に
苦しむ。
f0193521_1659201.jpg



by iwa1iwa2 | 2016-07-13 03:27 | 勉強 | Comments(4)

雨の一の峯~二の峯

宮内の道路は修復できただろうし、雨の確率90%だが、花がどうなってるか気に
なって出かけてみた。
益城からの道路が未開通なので、空港線を使うのでかなり遠回りになってしまう。
登山口につくと、激しい雨で仕方なく車中で様子見。やみそうにもなく濡れるのを覚悟
して登り始める。
カワラナデシコ

f0193521_1656476.jpg


シモツケ   ニガナ

f0193521_16575365.jpg


紫が濃い花だったが? ⇒ナンテンハギ

f0193521_1705971.jpg
コマツナギ

f0193521_17491539.jpg



地震計が設置してある

f0193521_1752264.jpg


各所に地割れがあるので大切なデータになるんだろう。
f0193521_17581852.jpg


ガスに覆われた二の峯

f0193521_185639.jpg



f0193521_1845497.jpg


会いたかったカキランも各所に残ってる

f0193521_1823089.jpg


f0193521_18222967.jpg


あの間には、ギボウシの花とオタカラコウが  遠くからかすかにみるとあの
幻の花に見えてしまう。
ついつい引き込まれて、急斜面を数メートル下ってみる。

f0193521_18995.jpg


f0193521_18934100.jpg



下山中であった沢沿いにも

f0193521_1814236.jpg



さてこの花は ハナハタサオ

f0193521_18195067.jpg


ギボウシもあちこち花盛り

f0193521_18211172.jpg


ユウスゲ

f0193521_18231124.jpg


短時間の山登りだったが、多くの花々に会えて全身ずぶぬれだったが気持ちよく
帰路を急ぐ。感謝


by iwa1iwa2 | 2016-07-11 17:04 | | Comments(8)
7日どう考えてもあの狭い範囲で途中にひっ掛かってないのならば
やはりあの沢のなかだ。8日からは台風1号の影響で強い雨が予想され
連日の山行きになる。
f0193521_13293572.jpg


f0193521_13301698.jpg

      歩行距離12.47km 所要時間6時間32分 平均速度1.9km/h
旧登山道手前の林道は崩落で、よく見るとまだ危険個所がありそうだ。
f0193521_3365333.jpg

花を眺めながら、昨日と同じ樅木林道を登り上がる。
f0193521_3393429.jpg

マタタビの花もかわいい
f0193521_3421358.jpg

遠すぎて赤い花がわからないが、アジサイかな?
f0193521_3445527.jpg

マタロク谷に入るが水量はあまり変わらぬようだ
f0193521_3471163.jpg
 
f0193521_3512859.jpg

沢沿いはかなり涼しい
f0193521_177831.jpg

前日作った仮の橋
f0193521_1783034.jpg

四方から水が集まる
f0193521_17123979.jpg

崖上でこの花を写して移動中にカメラ落下と思われる
f0193521_17244833.jpg

f0193521_1713465.jpg

f0193521_17141451.jpg

ひょっとしてキレンゲ?
f0193521_17153036.jpg

ホトトギス
f0193521_17184560.jpg

足も身体も冷え切ったのでそうめんを冷やして一応乾燥させる間、日光浴
f0193521_17561413.jpg

足裏痛みにはどちらを飲もうかな?
f0193521_1730579.jpg


すっかり元気回復し、川辺川源流まで行き、ショートコースで降ることにする。
ヒメシャラ8兄弟もどう数えても二人欠けたような?
f0193521_17384731.jpg

タカネマンネングサ
f0193521_17333812.jpg

ここは前回と反対に左折して降る。踏み跡さえ忠実に降れば危険はない。
f0193521_17393977.jpg

ほどなく、ゲートに一番近い登山口に降りる
f0193521_17422837.jpg


無事に周回を終えてしかも目的のカメラも回収し、花にも三度も会えたし
山の神様にも深く感謝の一日でした。

里でのきれいな花々
f0193521_1882848.jpg


f0193521_1884974.jpg


by iwa1iwa2 | 2016-07-09 03:32 | | Comments(10)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ