テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

10月24日月曜日晴
前日の「一の峰~二の峰」は雨であったが、目的のセンブリの白や青、ウメバチソウなど
かなりの花々を見れた。

Kさんと朝の散歩中、今日は一転青空で天気もいいし、車で回っても見れるよと!!
ならば一緒にと話は決まり、9時過ぎに出かける。
10年余りほぼ毎日一緒に歩きながら、山登りは初めての記念すべき日になった。

よく目にする菊だがとてもかわいい。
ノコンキク
f0193521_440369.jpg

ヤマジノキク
f0193521_4412074.jpg

黄色もよく目立つ
f0193521_4533288.jpg

雨でも毎日1時間半の散歩で鍛えてるKさん
足も強い
f0193521_4435021.jpg

f0193521_4451865.jpg

天気がいいのでリンドウも鮮やか
f0193521_4483616.jpg

f0193521_449361.jpg


ウメバチソウもあちこち群れて咲いてる
f0193521_4511986.jpg

オミナエシも健在
f0193521_791189.jpg

マツムシソウ
f0193521_452174.jpg

ホソバノヤマハハコ
f0193521_453245.jpg

蝶も好天に誘われて
f0193521_7303252.jpg

俵山右奥にかすかな白い阿蘇山の噴煙が
f0193521_71049100.jpg

センブリ
f0193521_712798.jpg

f0193521_7442848.jpg

少し遅かったがハバヤマボクチも
f0193521_7132218.jpg

キジの親子に出会え、メンキジの飛翔をどうにかとらえた。
f0193521_7201529.jpg

周回したコースを振り返って・・・
f0193521_7231595.jpg

季節外れのミヤマにも出会える。
f0193521_7234716.jpg


翌日も変わらぬ時間に、笑顔でよかったね~~これなら仲間誘ってと話は
弾む 楽しい一日でした(*^^)v


 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-10-28 07:35 | | Comments(16)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

10月10日月曜日晴
体育日の祭日 待ちに待った新しい谷を使っての国見岳、また新しい尾根歩きができた。
1500m付近まではフガクスズムシを探して下ったことがあったが、この尾根も
疲れた足にはとても歩きやすい緩やかな尾根だった。


f0193521_8371554.jpg

休憩も1時間近く使いゆっくりと登る。
f0193521_8293886.jpg


長い樅木林道歩きから解放されて
マタロクタニ近くの沢 右手のゴカゴヤノ谷へと入渓する。
f0193521_1926484.jpg


砂防提付近はどうしても流木などが折り重なる。
f0193521_1926358.jpg

間を上手に探しながら通過する。
f0193521_1928253.jpg

この付近多くの沢と比べて大きな滝がなく、比較的安全に登りやすい。
女性の皆さんには手を差し伸べて、紳士なミシャン
f0193521_1931287.jpg

まさにキノコ天国
f0193521_19321942.jpg

沢も意外とおとなしく、みぎの尾根に登りあがってもいいが、リーダー判断で
左右に適当に移動しながら最後まで沢を登りつめる。
f0193521_1945220.jpg

休憩も適時挟む
f0193521_19504685.jpg

山頂近くの金網ネット付近に登りあがる。沢から離れるとかなり暑い。
f0193521_1957245.jpg

山頂に立つが、やはり阿蘇山の爆発のその後が気になる。皆さんも食い入るように
阿蘇方面を眺めるが白い噴煙が、いつもより多く感じられるくらいだ。
f0193521_19575518.jpg

まれにみる好天候で四国も望めそうな雰囲気だった。
f0193521_2003116.jpg

山頂で帰路には、順調だったので、リーダー予定どうりに右に見て登った尾根を帰りに
降ると決定。
f0193521_202819.jpg

紅葉も始まって
f0193521_20113611.jpg

見事なキクラゲ
f0193521_20133699.jpg

下り尾根は落ち葉やコケが深く、かなり歩きやすい。
林道に近づくにつれて杣道も現れるが、直前で右に大きく振る必要あり。
f0193521_20135975.jpg

下山中、樹間から時折見える、右手の尾根。この尾根もとても興味が湧くが
見る限り、かなり難度か高いと思われる。
f0193521_426624.jpg

ファイヤーマンのロープワークのおかげで皆無事に下ることができました。
f0193521_20183599.jpg

大人数で未踏の沢を使っての周回もおかげさまで無事に達成。感謝の一日でした!!
f0193521_2120252.jpg


 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-10-12 01:25 | | Comments(8)

白岩山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


10月8日土曜日曇り時々晴れ
90%の降雨確率が出てるが、家から眺める空は晴れて雨の気配があまり感じられない。
以心伝心Kさんよりメール。少し遅いがバタバタと支度して出発。

行く先は車中にて白岩山の岩菊をに決定。

f0193521_281728.jpg

f0193521_291795.jpg

クロクモソウ
f0193521_544875.jpg

f0193521_55539.jpg

セイカクロクモソウ(ゆきのした科とのこと)
f0193521_7244232.jpg

ミヤマシキミ
f0193521_711384.jpg

イボタの木の実?
f0193521_7142495.jpg

f0193521_7364952.jpg

ここのトリカブトは優しいね。
f0193521_715116.jpg


イワギクは待ててくれた。
f0193521_7382137.jpg

f0193521_7384053.jpg



ガゴが岩屋が呼んでいる。 近いうちに訪ねよう!!
f0193521_741185.jpg

激写するKさん
f0193521_7492252.jpg

やはり構図などは全く素人と違うね
f0193521_85196.jpg

良い記念写真をいただいた。 〇儀用に最適だね!!
f0193521_7534195.jpg

アドバイスいただいて
f0193521_855361.jpg

f0193521_862783.jpg

アキチョウジもかろうじて
f0193521_864474.jpg

全く雨にも合わずに、充実した登山と花観察ができました。 感謝
f0193521_86593.jpg

 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-10-09 08:16 | | Comments(4)

高塚山(1508m)

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

10月6日木曜日曇り時々晴れ

台風一過、県内は幸いそれて大きな被害からは免れたようだ。
久連子から石南越を目指し、久しぶりに山犬切・水上越付近のトリカブトを見に出発。

f0193521_5184628.jpg


f0193521_519873.jpg

☆ログをヤマレコに投稿しデーターとして取り出したが、最高地点など、結構差が出てるね☆


順調に佐倉荘前を通過、いよいよ久連子林道の曲がりにはいったところ
突然通行止めのガードが!!
f0193521_832789.jpg

ビックリだが、竹の川・白蔵(しらぞう)へ回るよりも、ここは椎原へ引き返して
茶臼山・岳の登山口前を経由して、大規模林道に回り込むほうが少し近いかな
と判断。
ゆう方には作業は終わるかものことだったが、帰りもまた迂回だった。

やっと大規模林道崩落地点手前に駐車し、旧道の尾根を歩くかそれとも安全になが~~い
舗装道を歩くか迷ったが、とても好奇心が強い強力メンバーなので、崩落した沢を利用し
ショウトカットして登ることにする。
f0193521_8483867.jpg

水の力はすごいね
f0193521_8485668.jpg

049.gif 久しぶりに馬歩きを拝見 041.gif
f0193521_8495454.jpg

056.gif花師匠の あら~~の声に駆け寄ると
まじかにアオベンケイが
f0193521_11185897.jpg

適当に登りあがるが程よいところに
f0193521_11214446.jpg

少し登山口まで歩くことになる。工事車両業者の方などは白蔵方面から。
f0193521_11224050.jpg

登山口からほどなく、また声が・・・さすがだ!!見落としてばかり  シュスラン
f0193521_1127225.jpg

さて、このまま山犬切へ?それとも高塚山に? 三人一致で高塚山に決定。
f0193521_11381763.jpg

分岐点につく。
f0193521_114456.jpg

キノコの季節で、種類が多いがこのきくらげだけは私が良く見つけるし
自信をもって採取します。
f0193521_1145404.jpg

ツルシキミ
皆実になったらかなり迫力がありそうだ
f0193521_11475217.jpg

f0193521_1148496.jpg

あまり高低差がなく心地よい稜線歩きが続く。
f0193521_11512274.jpg

六地蔵からのルートと出会う(登山口まで往復1時間かからない)。
f0193521_11551190.jpg

遠く山犬切へ続く稜線が見える。
f0193521_1157356.jpg

山頂まで500m
f0193521_11591337.jpg

f0193521_1238469.jpg

やっと見晴らしがいい高塚山に立つ。
f0193521_12392979.jpg

雑談しながら、楽しい昼食を。 梅干しおにぎり一個食べる。熟女は強い!!
f0193521_1241971.jpg

順調に一時間強でトンネル近くの分岐点につく。
f0193521_12451841.jpg

泉・五木トンネルに下る。
f0193521_12463564.jpg

白岩山で出会ったことがある アキチョウジ
f0193521_12483130.jpg

アケボノソウ
f0193521_12492724.jpg

ナギナタコウジュ(撮影ミスったのでネットで)
f0193521_1255216.jpg

下りは谷を避けて、旧登山道を下り適当な場所で車道に下る。

トリカブトには会えなかったが、無事に車まで周回でき、それ以上に会った
ことがなかった多くの花々に出会えたことに感謝の一日でした。

f0193521_12564444.jpg

ハガクレツリブネソウ ここはハグロソウやスズムシバナが咲いてたところだ!!
f0193521_1258944.jpg

佐倉荘の庭にて ムラサキシキブ
f0193521_12583188.jpg



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-10-08 00:02 | | Comments(8)

阿蘇の大観峰湿地へ


10月3日月曜日曇り

台風の影響か蒸し暑く天気も悪い。同じように運動会の疲れでいまいち体調
もすっきりしない。
九重の近くにいっても、頂上を覆う黒雲に登山欲はそがれ、大観峰の湿地を
覗いてみて、そのあとはゆっくり黒川温泉で過ごす。

二重の峠で内牧方面を眺める。重機の音が間断なく聞こえては来るが復興は
順調なんだろうか?

花もすっかり少なくなったが、待っててくれた。
f0193521_5141539.jpg


f0193521_5142725.jpg

f0193521_5165313.jpg

ベニバナボロキク かわいそうな名前だね(帰化植物)
f0193521_5171155.jpg


f0193521_5174516.jpg

さてこれからどんな花が?
f0193521_5191766.jpg

大観峰近くの湿地帯に行ってみた。長靴は忘れ雑草は背が高くなり勇気がいったが
長いものを踏まないことを祈りながら分け入ってみた。
f0193521_520070.jpg

f0193521_5201342.jpg

f0193521_881919.jpg

f0193521_7432196.jpg


f0193521_7434074.jpg


f0193521_7449100.jpg

f0193521_7445619.jpg

f0193521_7452162.jpg


f0193521_744289.jpg


すっかり様子が変わったが、違ったかわいい花々が迎えてくれた。
また来年来ることがあれば、早くから覗いてみたいね
f0193521_7463415.jpg

途中、引き返して鹿さんに会ってみた。

何も与えるものを持ってない人には、本能的にすぐ感じ取るのだろうか?
鹿にも完全にシカトされ(苦笑) まあシカたないか
f0193521_817311.jpg


温泉手形を求めて、さてどこに? 少し離れた場所に行ってみた。
f0193521_7505594.jpg

f0193521_7511230.jpg

f0193521_7512925.jpg

人の気配をあまり感じさせない雰囲気がいい。
程よい湯けむりが立ち
独占だったのがまたよかった。

微妙に湾曲した淵と凸凹した高低が、適当な温度差を作るのだろうか
淵を流れる沢が良い。流れの音は心地よい響きだ。

この沢に沿って、下流から涼しい風が時折流れ込み
カワセミ・ヤマセミ?と思われる小鳥が視界の中に

対岸の楓などは、まだ青々と、これから色とりどりに変化して
楽しませてくれるのだろう。





by iwa1iwa2 | 2016-10-04 09:09 | | Comments(8)

花の名所「白岩山」


9月27日火曜日曇り時々小雨

御幸会での花観察会 数年ぶりの参加が可能に。
会の皆さんに感謝!!


気になってた白岩山、やはり花の名所だけはある。
車中に見せていただいた花々が掲載された写真集。

そこにも載っていない、貴重な花もおかげで目にすることが
できました。
f0193521_18331856.jpg


本にはかなりの数で場所が「ガゴが岩屋」と谷の名前が記されている。
近いうちに遺跡や化石も再度訪ねたいが、この付近にあるいくつかの谷を
丹念に探せば貴重な花が見つかるかも。

アオベンケイ
f0193521_20213442.jpg

f0193521_20215259.jpg


セイカクロクモソウ
f0193521_20243353.jpg

f0193521_2025584.jpg


イワキク
f0193521_20221918.jpg

f0193521_12541.jpg


観察時間よりも、片道の走行時間のほうが長かったが、楽しい時間を共有
できました。

さあ、今日は小学一年生 孫の運動会だ。 山登りより
つかれるだろが、楽しまないと。

 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-10-02 00:57 | | Comments(4)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ