テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

12月29日曇り

25日元井橋から明神岩トンネルまでの周回時に、見ることができなかった福寿草
とシモバシラの花を見るためにリベンジに出かけた。

メンバー坂井夫婦・国分さんの4名

今日はシモバシラは?の情報に落胆したが、淡い期待で登ったがすぐに立派な花を見る
ことが出来て大満足の山行でした。
f0193521_17173617.jpg

登山口周辺にはかなりのシモバシラノ花が ハピ~♪
f0193521_4593635.jpg


f0193521_4595592.jpg

ありがたくも早々と今年初めての花を目にしてあとは福寿草だけだが!!
風穴前で小休止 雑談に花が咲く
f0193521_531591.jpg

元井谷橋から登ってきたルートとの合流点に立つ。
f0193521_56961.jpg

f0193521_593443.jpg

f0193521_10482074.jpg

山頂は樹氷が誕生してる状態で
f0193521_10491799.jpg

f0193521_10493444.jpg

兎群石(とぐんせき)まで寄り道してみる。
f0193521_10505051.jpg

f0193521_10511195.jpg

大きな馬酔木の群れも寒そう
f0193521_10515255.jpg

展望所を過ぎて、仏石付近では霙状態に。
f0193521_10522833.jpg

f0193521_1054938.jpg

仏石周辺も来春にかけての下調べを
f0193521_10542821.jpg

前回の集団が見つからずに?だったが
f0193521_10551877.jpg

そこは執念の坂〇さんのおかげで、今年も年始と年末と二回会うことができて
福に巡り合えありがたい。
f0193521_10563052.jpg

あとは霙の中、第二登山口に急ぐ。

以前の風景を思い出すね。
f0193521_1059068.jpg

駐車場は独占だ
f0193521_10595070.jpg

しかもあったかいストーブを前に、あったかいぜんざいが!!
f0193521_1113961.jpg


ぶじにリベンジできたことをありがたく感謝。
また来年早々の計画予定がふつふつと湧いてくる。
これからは、ボチボチと怪我トラブルがないように
山の神と付き合ってくれた山友の皆さんに深くお礼と感謝を込めて
私の納山登山は無事に終了でした。



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-29 17:19 | | Comments(12)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

12月25日晴

前回同じルートを単独でトライしたが、スタートで杣道を進みすぎ、仕方なく藪の中
イバラや雑木に遮られながら急登を進んだことや、林道を使いすぎたことなので、直
前で時間足らずにリタイヤだった。

今回は、坂井・国分さんの超強力サポートを受けて、やっと周回ができたことに改めて
感謝。ありがとうございました。
f0193521_17582084.jpg

                  ☆経験者の同行必要

f0193521_18155029.jpg

経験があるので、ルート・山容はどうにか把握はしてるつもりだったが、林道に
登りあがるまでに、無駄なルート取りをしてしまいここだけが反省かな?

まだ少し薄暗い長い直登コースを激登りする。
f0193521_433507.jpg

集落上の使われてない鉄塔に着く。
f0193521_4351296.jpg

忠実に境界線を登ればよかったが、適当に登ったのでまたしても藪に難儀する。
f0193521_4361945.jpg

やっと見慣れた廃屋に着く。
f0193521_4384150.jpg

ここからしばらくは大きな林道歩きだ
f0193521_4401617.jpg

二回目の分岐を右折すればよかったが、左折したので尾根上に登りあがるのに
少し手間取った。
f0193521_4414972.jpg

基本的には尾根を辿ればいいので、そのまま適当に登りあがる。

f0193521_4442710.jpg

杉林に現れた妖怪古木に見とれるぶんさん
f0193521_8394846.jpg

境界杭を目印に西南方面に歩む
f0193521_8415955.jpg

常に左手奥に仰烏帽子山を確認しながら
f0193521_8435890.jpg

そろそろ1000mコンターになると積雪が表れて
f0193521_845311.jpg

コースは間違ってないが、あまり利用されてないのだろうかルートは薄い。
f0193521_846572.jpg

f0193521_8485559.jpg

滑るので体力消耗。それ以上にヒートテックズボン下がかなり暑く苦痛になる。
f0193521_8491635.jpg

かなりのやせ尾根を必死に登る。
f0193521_20382147.jpg

仰烏帽子山が近いがなかなか簡単には
f0193521_20394624.jpg

坂井さんも真剣に
f0193521_2040443.jpg

また鞍部のなだらかな登りだが、積雪のためか加齢のためか足が重たい。
f0193521_20424755.jpg

いくつかのアップダウンを経てやっと仰烏帽子山の山頂に立つ二人。
確定された登山ルートとはまた違った喜びが滲んでるような!!
f0193521_20443222.jpg

下りは何人もが通った後を気楽に降るのみ。
f0193521_20473746.jpg

風穴をのぞき込むお二人。果たしてこの時期の温度は?何事にも興味いいね。
f0193521_2050191.jpg

第二登山口をクリアーし,初めての明神岩トンネルまでのコースをしっきって
ブンさんルートの激降りをリードする坂井さん。
f0193521_2052247.jpg

ナンテンの群生地。
f0193521_20564548.jpg

どうにか予定時間内に鉄塔に着くとサプライズ。
坂井奥さんのバナナを使ったゴージャスなケーキとブンサンの干し柿
疲れた体の五臓六腑に沁みわたる。枡形山・八原山・頭地の集落を眺めながら
ハッピータイム
f0193521_20583353.jpg

f0193521_21311021.jpg

この後は推して知るべし、ぶんさんルートで正規のルートは無視の激降り。
最後はちゃんと明神岩トンネルに降る。
あとはブンさん・坂井さん愛車にお世話になり助手席でひと缶頂き、転寝
無事自宅玄関までありがたいね

すご~~い山男たちだね!! 感謝

 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-12-25 18:01 | | Comments(16)

平家山~国見岳

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

12月18日日曜日晴
山友の平家山~国見岳間の道標設置とレスキューポイントの整備登山に参加。
自宅4時半出発~佐俣の湯5時半~佐倉荘8時総勢23名集合
f0193521_3405590.jpg


f0193521_7422096.jpg

佐倉荘でテープの準備
f0193521_7444156.jpg

地元の方の車で平家登山口まで移動
f0193521_745561.jpg

出発前から盛り上がり記念写真
f0193521_7482015.jpg

f0193521_7463917.jpg

平家山まで
f0193521_749177.jpg

山頂で記念写真
f0193521_7495150.jpg

後平家までの稜線
f0193521_7514350.jpg

f0193521_751152.jpg

後平家で
f0193521_7522721.jpg

先輩の指導で若い隊員が学ぶ
f0193521_10204289.jpg

イチイ平に
f0193521_1021427.jpg

昼食タイム
f0193521_10212134.jpg

空気が澄んで見通しがいい
f0193521_10214044.jpg

馬小屋に おしゃべりサチコちゃんたち
f0193521_1022013.jpg

雪の風景はいいね
f0193521_10221624.jpg

国見岳山頂で来年の飛躍を願って
f0193521_10223780.jpg

ほぼ下りのルートを無事に
f0193521_10225961.jpg

下山
f0193521_10231360.jpg

下山後佐倉荘のお茶とお漬物卵もふかしイモも美味しかった!!
f0193521_10232750.jpg


奥さんの笑顔が素晴らしいね!!



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-20 07:55 | Comments(10)

古処山~屏山~馬見山②

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


もっと降ったほうが気分がいいのだが
f0193521_2242696.jpg


距離関係が良く理解できる
f0193521_2262039.jpg

屏山で楽しい昼食タイムに
f0193521_22732100.jpg

f0193521_228969.jpg

馬見山に向かい、振り返ってみると歩いてきた古処山・屏山が
f0193521_2294092.jpg

やっと天候も回復してきた
f0193521_22103336.jpg

初めての馬見山に馬しゃん大興奮、寸劇も始まり大爆笑
f0193521_22132934.jpg

ここから嘉麻峠まではロングコースだ
f0193521_22154582.jpg

絶景に見とれる
f0193521_22172399.jpg

歩きやすい遊歩道が続く
f0193521_2218835.jpg

嘉麻峠まではもう近い
f0193521_2219449.jpg

リーダーの明るいうちにヘッドライトの準備をの指示
f0193521_22201165.jpg

やっと無事に嘉麻峠にたどり着く
f0193521_2221969.jpg

少し暗くなったがまた秋月の駐車場に回り込み、リーダーの挨拶で
会を締めくくる。

f0193521_22215373.jpg

帰りは高速をやめて日田・杖立を経由して粉雪が舞うミルクロードを無事に通過
帰宅することができた。
行き帰り長時間の運転ありがとうございました。
f0193521_22255139.jpg



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-18 22:14 | | Comments(4)

古処山~屏山~馬見山①

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

12月15日木曜日雨曇り
長いこと訪れる機会がなかった連峰に、再度縁あって11名の健脚の方に混じって無事に
縦走することができました。

〇浦さんのお世話でリーダーは馬しゃん、古処山までは雨が降り続き、登山道の岩も滑りやすく
気温も低く条件的には悪かったが、晴女性の威力が徐々に発揮されて馬見山付近では薄日も。

f0193521_7361989.jpg

ヤマレコで作成
f0193521_854019.jpg

f0193521_87378.jpg

嘉麻峠に二台デポして秋月に向かうが、江川ダム工事で通行止めで遠回り
f0193521_7175755.jpg

野鳥の登山口から古処山・嘉麻峠に向かうロングコースに身が引き締まる。
f0193521_723657.jpg

信仰の山なので石仏も多い
f0193521_7241711.jpg

渓谷の歩道は整備されてるが、濡れてるのでかなり滑りやすい
f0193521_7254084.jpg

やっと衣服の調整タイム
f0193521_7275919.jpg

案内板も整備されてるので迷うことはない。山頂まで1.3km
f0193521_7405524.jpg

古処林道まで登りあがる。ここから登ると楽だが
f0193521_7481426.jpg

間断なく降り続く氷雨に手袋を代えないと感覚がなくなる。
f0193521_7501926.jpg

撥水スプレーの効果も思ったほどないな。
f0193521_8135020.jpg

ガスも出て気温も低下してるだろう。早く雪になってくれたほうが楽なのだが。
f0193521_8165581.jpg

やっと八合目水舟に(古処山城唯一の水場と聞いてたが)
f0193521_8222361.jpg

立ったままの小休止、話は弾む。
f0193521_823653.jpg

体調を整えて再出発
f0193521_8243916.jpg

皆さん健脚揃いなので条件の厳しい中、11名の隊列は崩れない。
f0193521_21512880.jpg


やっと古処山山頂に立つ
f0193521_2154125.jpg

f0193521_2155329.jpg

宇土浦越分岐に
f0193521_21565624.jpg

奥の院はパスして、大将隠しまで下ってみる。
f0193521_2159584.jpg

独特の風景が
f0193521_2204912.jpg


 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-16 07:46 | | Comments(6)

鞍岳

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

散歩は済んだしそろそろ狭い生垣でも選定と思って外に出ると雲一つない青空。
こんな時に家でくすぶってる時ではないと出かける。
57号線はもうかなりの車が。仕方なく近場の鞍岳に変更する。

旭志の道の駅によって、豪華な牛丼弁当手に入れて先を急ぐ。
f0193521_17504352.jpg

赤崩登山口は左に
f0193521_17514944.jpg

まだ紅葉は少し残ってる。
f0193521_175254100.jpg

f0193521_1755289.jpg


f0193521_17555995.jpg

山頂には先客がちらほらと、眼下の草原や阿蘇山方面を眺めてくつろいでる。
f0193521_17575949.jpg

f0193521_17584213.jpg

女岳から山頂を振り返る。
f0193521_1759229.jpg

f0193521_180420.jpg

下山後は久しぶりに四季の温泉に 360円と格安。
f0193521_1802663.jpg

3時頃の帰路だったが、片側がなぜだか大渋滞でかなり時間をロスしてしまった。
来週は忘年会が二回に山も予定、グランドゴルフも一日おきに。
病院でソールも出来上がるし忙しいね!!





 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-12-11 18:05 | | Comments(6)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

今年8月20日 ブログから
「村田・小野さん主催の山行会。96mの竪穴と桃源郷が平家山周辺にあるとお聞きして・・・」

「タケキの竪穴洞」を見てない山友・平家山が初めての山友と5人で歩いてみた。
山友の分さんが使ったと聞いた、尾根ルートを変えてヨウゼン谷を登ることにする。

また、気になってた前回踏めなかった1392mのピークも踏めたのは良かった。
f0193521_5152797.jpg


f0193521_737597.jpg



f0193521_4361071.jpg


ガードレールを越えて、眼下の丸太橋まで降る。
f0193521_11595793.jpg

前回よりも補強されてるみたいだが、心配して
f0193521_1205314.jpg

二回目の丸太橋
f0193521_1212367.jpg

整備された杣道を使わせていただく。
f0193521_1213851.jpg

二か所ほど危ない崩落地が
f0193521_1222210.jpg

苔があるが意外としっかりとしてる。
f0193521_123718.jpg

注意深く安全に
f0193521_1235030.jpg

ほどなく右に流れてた、ヨウゼン谷と接近。ここからしばらく川底を歩く。
f0193521_1243159.jpg

なかなかタケキ平の竪穴洞への取付き場所が見つからず、少し沢を登りすぎたが
適当に杉林の中に分け入る。
f0193521_125464.jpg

尾根付近に近づくとドリネーが表れてくる。
f0193521_7115931.jpg

さてどんな花が咲くのだろうか?
f0193521_715513.jpg

タケキ平竪穴の入り口 来てみて石を落とせば実感が分かるのだが。
f0193521_7161566.jpg

ヨウゼン平桃源郷でそれぞれ昼食タイム。
f0193521_7195331.jpg

ここでも坂〇さんから元気の源を頂き縦走路を目指す。
f0193521_7231726.jpg

巨木の墓場みたいに
f0193521_7252392.jpg

前回踏まなかった1392ピーク 展望は素晴らしい。
f0193521_727312.jpg

f0193521_728071.jpg

引き返して京丈山~平家山縦走路に向かうが、かなりの急登だ
f0193521_728188.jpg

平家山までは2~3か所のアップダウンを繰り返して到着
f0193521_7301726.jpg

山頂直下から車が見えるし、南平家方面の派生尾根もよく見える。
f0193521_7414228.jpg

山火事の跡を、足元を注意しながら安全に下山する。
f0193521_742347.jpg


新しいコースを歩けたし、気になってたピークも踏め安全周回ができ
満足した一日でした。


 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-08 04:36 | | Comments(8)

飯田山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


やっとネットで注文した中古車が来たとのこと。廃車から必要なETC等を
移し車検や塗装をお願いする。
やはり今まで長く慣れてた車と離れるのはつらい。どうにかしてまた早く
使い慣れないと。

時間があったので、二か月近く借りてた代車で付近をドライブする。
マミコゥロード走ったことがあるが、飯田山に行ってみる。

f0193521_19362125.jpg

f0193521_20242264.jpg

益城町かな?広いな~~。
f0193521_19395751.jpg

案内看板はわかりやすい
f0193521_20113521.jpg

この頃はなかなかお目にかからない。
f0193521_20142785.jpg

ゲートボウル場よこの池には、カモがたくさん来てる。以前ここでオシドリの夫婦
を初めて見て、その後何度か行ったが会えなかった。
地元の方に聞いたが、めったにお目にかかれないよとのこと。
f0193521_20154678.jpg

山頂近くの常楽寺まで1丁ごとに石仏が14体安置されているいるとのこと
f0193521_2019438.jpg

みなそれぞれに趣がありありがたい。
f0193521_20214892.jpg

f0193521_2022662.jpg

f0193521_202612.jpg

いよいよ正門の前に
f0193521_20262916.jpg

f0193521_2027828.jpg

f0193521_20272747.jpg

f0193521_20274231.jpg

f0193521_20302884.jpg

境内ではあちこちに地震の被害が見られる。
f0193521_3335757.jpg

一回だけ心を込めて鐘を打っても良いの表示に除夜に先立って・・
まじかでびっくりするような奇麗な?心に響く音が響き渡る。
f0193521_3354984.jpg

「何人も貴方の心に触れる事は出来ません
   触れる事ができるのは、お観音様と貴方だけです
        お観音様と静かに向き合ってください」
f0193521_344312.jpg

f0193521_3485466.jpg

「急な上り坂 男坂」女性がかなり強いよ!!
f0193521_3494030.jpg

いろいろなカースがあるが山頂まで数組の方にお会いした。
f0193521_3541335.jpg

またこの門がくぐれますように。
f0193521_3551995.jpg




 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2016-12-07 03:15 | | Comments(6)

ガゴが岩屋

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

12月2日金曜日 晴
コンパスさん・Rさん・坂〇さん4人で修験者がこもった洞穴の確認に出かける。
馬見原公園に8時集合予定だったが、みな早く着いたので一台に乗り合わせて
ごぼう畑まで走る。
f0193521_2048646.jpg



f0193521_504175.jpg


今までは白岩山の花の時期についでの感があったが、今回は少なくとも複数の
修験の岩屋を見つけたかった。
f0193521_541636.jpg


岩場まではかなりの激くだりも
f0193521_562798.jpg

近くは大きく崩落してる。
f0193521_2130157.jpg

見慣れた涸れた巨木が
f0193521_21313550.jpg

四方手分けしてやっと探し出す。
f0193521_21344216.jpg


今まで一番上にあった大きな岩屋に偶然出会い入ったし、化石の森にも出会えたが、
どうも配置が良くわからなくて、今回も最初の一個を見つけるのに、探し回ってど
うにか発見することができた。    入り口での記念写真
f0193521_58124.jpg

最低限の目標達成で、気も体もかなり軽くなる。
崩落地をトラバースするが、石灰岩はもろく、角は鋭利なのでかなり危険だ。
f0193521_21371095.jpg

ここからまた激くだりが続く
f0193521_21381134.jpg

f0193521_21385368.jpg

岸壁の基部に岩屋を新しく発見
f0193521_21411481.jpg

大小の穴を確認しながら進む。
f0193521_21421627.jpg

よく掘れてますね
f0193521_21423817.jpg

岩屋前でのポーズ
f0193521_51449.jpg

この岩屋も大きい 何人かで共同修行だったのかな?
f0193521_545098.jpg

かなりの洞窟に満足かな?
f0193521_573438.jpg

f0193521_511226.jpg


f0193521_5244741.jpg

美味しそうなうどん料理の後には
f0193521_5122856.jpg

激登りが待ってる。
f0193521_5135098.jpg

f0193521_514871.jpg

化石の森に通じる尾根に登りあがったが、また降って登り返すには少しハード。
用心して次回の楽しみにして、気持ちがいい尾根の往路をペースを落として
登りあがる。
f0193521_5171766.jpg

ゴボウ畑着
f0193521_5175230.jpg

コース的には無駄が多く不満足だったが、無事に周回できたことに感謝!!


 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2016-12-03 05:01 | | Comments(8)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ