テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二の峯~冠岳周回

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月23日日曜日曇のち晴

22日の夕方の豪雨と落雷は凄かったね。おそらく停電もあったのでかなりあちこちに
落雷があったのでは?
ラジオ体操をして外を眺めてるとどうも降りそうにもない。家内も娘達とお出かけ
予定。ならば身近で気になってた花も探したいし、一の峯~~俵山か冠岳周回にと
出かける。

f0193521_342891.jpg


f0193521_3411023.jpg

              歩行距離9.6km 時間4時間54分 平均速度2km

f0193521_9383046.jpg


f0193521_939896.jpg



二の峯に登りあがり、一の峯方面を楽しむ。黒い低い雲がありかなり蒸し暑かった。
f0193521_9405532.jpg

とにかく暑い。早く鉄塔先の尾根ルートに入ろう!!
f0193521_9443382.jpg

登ってると、突然若い女性の二人連れ。萌乃里に行きたいと言われ、全く方向が
違ってることと、まっすぐ下山すれば日曜で登山者が多いのでと安全ルートを
教える。
f0193521_9461765.jpg

俵山と冠岳を結ぶ縦走路に出る。左に行き俵山にするか、右に行き冠岳にする
か迷ったが、楽な方右の冠岳を選択する。
f0193521_9495957.jpg

地面からの照り返しも強烈だ
f0193521_953817.jpg

何度か通ったルートだが、この時期はつらいね
f0193521_9564941.jpg

f0193521_9582464.jpg

ここからの一~二の峯の展望もいいね。
ベンチまで常設してある。ここから峯に向かって激降りした記憶があるが、
ピストンは嫌だし、選択肢の中に入れておく。
f0193521_1042490.jpg

ここから地蔵峠からの道出会いは近い。順調に進み山頂で先客一人。
ご無沙汰してる〇君だ!!
相変わらず自作の豪華なお弁当を楽しんでる(私は途中で三角黒糖蒸しパン、
500㎖牛乳食べてしまってる) 手前のノンアルコールひと缶は私が美味しく頂く。
またいつかご一緒できることを願って別れる。
f0193521_1013228.jpg
 
迷ったが、あのベンチからの激くだりは嫌だし、花の宿題が残ってるし
一番安全でショウトタイムの鉄塔コースを降ることにする。
f0193521_10163358.jpg


f0193521_1191821.jpg


暑くはあったが見知らぬ花々にも出会えて、充実感いっぱいで家路に向かう
ことが出来ました。感謝!!



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2017-07-24 03:47 | | Comments(0)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月18日火曜日曇

白鳥山予定してたが、山友のここでしか見れない「ツチビノキ」がまだ間に合い
バイカツツジやタマガワホトトギスも併せて見れるとの情報に二つ返事。

大迫力の一枚岩のスラブや上空から絶え間なく落下してくる滝を眺め、かなりの
スリルを充分に堪能した上に、願ってた花々すべて見ることが出来て充実した楽
しい一日だった(*^^)v

f0193521_16562079.jpg


f0193521_16565465.jpg

           歩行距離11,12km 歩行時間7時間39分 平均速度1,5km

鹿川キャンプ場駐車場(200円)からスタートするが、まづは周回の安全を願って
鉾岳大明神に頭を下げる
f0193521_17193362.jpg

登山道正面に堂々とこれから登る二つの岩峰が姿を見せる。
f0193521_17203274.jpg

f0193521_12322160.jpg

ササユリの葉
f0193521_12333134.jpg

各所にロープが整備されている。
f0193521_12343445.jpg

濡れても意外にグリップが効く。
f0193521_12361727.jpg

水辺にはタマガワホトトギスの黄色が目立つ。
f0193521_1238882.jpg

f0193521_12424862.jpg

登りは滝見新道を使ったので、パックン岩も見える。
f0193521_12474899.jpg

f0193521_12532792.jpg

f0193521_1322339.jpg

ツチビノキだ!!
f0193521_1324545.jpg

林道に登りあがって、右折し鬼の目山・国見山方面に行き鬼の目杉まで歩いてみる。
f0193521_1342161.jpg

こんなところに沢コースが登ってるんだ。
f0193521_13452074.jpg

ナツツバキの白が眩しい。
f0193521_13464166.jpg

引き返して雄岳に登りあがり昼食を頂く。樹間に次の雌岳山頂を眺めながら、
いつも力が湧いてくる差し入れありがたい!!
f0193521_13484839.jpg

巨岩の間を縫って進む。
f0193521_13532532.jpg

あの上まで登るんだ!!
f0193521_13542568.jpg

♡良いね~~♡♡♡♡♡♡ 日本最大のスラブの上にお二人で
f0193521_1355552.jpg

f0193521_1421264.jpg

f0193521_1454462.jpg

くだりが恐怖を感じるね
f0193521_1462187.jpg

くだりは特に慎重に
f0193521_14113068.jpg

バイカツツジ(坂井氏撮影)
f0193521_14285398.jpg

f0193521_14302586.jpg

f0193521_14304991.jpg

f0193521_14311538.jpg

f0193521_14313699.jpg

おかげさまで、未知の多くの花々に会えるし、久しぶりにスリルを充分感じ
無事に帰ることが出来ました。感謝





 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2017-07-19 16:45 | | Comments(10)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月14日金曜日晴

梅雨明けを勝手に宣言。広川原登山口から国見岳を目指すも、小松神社前を過ぎ
右手のキャンプ場を過ぎたころから道の荒れようがひどい。
とうとう新設トイレまで距離を残し、石灰岩の崩落地が通過できないので引き返す。
f0193521_10131372.jpg


f0193521_112284.jpg

f0193521_3473992.jpg



         歩行距離11,21km 歩行時間7時間21分 平均速度1.5km


引き返して小松神社前の駐車場に。まだ駐車場の陥没は未修理。
橋を渡って鳥居を通過して、ロープが設置はしてあるが崩落が厳しい登山道路を
進む。

岩場を過ぎれば、上宮の大杉がでんと構えている。その先は鬱蒼とした巨木の
森林地帯。

ここに脊梁で一番大きいモミの木とのこと。とにかく鹿が多い場所だ。

f0193521_18572051.jpg


f0193521_529791.jpg

最大の難所を無事に渡る。
f0193521_77272.jpg

天主山には一番近い登山ポイントだったが、林道が崩落してほとんど使われていない。
f0193521_792745.jpg

作って修復してもすぐに崩壊
f0193521_7154771.jpg

注意しながら涸れ沢を横切る。
f0193521_7165121.jpg

なが~~い荒れた林道を黙々と歩く。
f0193521_7182863.jpg

やっとカーブミラーがある登山口に着く。
f0193521_7203310.jpg

ドリーネに巨木、巨大恐竜のような苔むした尾根が続く。
f0193521_8582753.jpg

トリカブトの季節には見事な花園が続くだろう!!
f0193521_8592241.jpg

尾根を忠実に歩く。
f0193521_91415.jpg

フタリシズカやナツトウダイも
f0193521_914879.jpg

左右急峻な場所も
f0193521_934031.jpg

キリンソウ
f0193521_9103519.jpg

厳しい登りも待っている。
f0193521_9162585.jpg

足の踏み場もないくらい群生してるトリカブト。
f0193521_9173015.jpg

この付近はカタクリの花も多かった。
f0193521_9194652.jpg

天主山山頂に到達。
f0193521_9215384.jpg

ロープを使い安全に岩場を降る。
f0193521_9245690.jpg

久しぶりに参拝する。
f0193521_9263753.jpg

f0193521_9344765.jpg

f0193521_9351030.jpg



f0193521_942882.jpg

こんかいも無事に周回出来たこと、坂井ご夫婦・分さん・アヒルさんに感謝
の楽しい一日でした!!





 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2017-07-16 04:14 | | Comments(6)

花の宝庫 白岩山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


7月13日木曜日晴

10日月曜日山友より白岩山誘われたが、夫婦そろって整骨病院の予約などあり
行けず。その時の見事な花々の写真を見せてもらい、いてもたってもおられず
五ヶ瀬に走る。

予想に反してごぼう畑には先客が一台あるのみ。時間はたっぷりあるので、とにかく
目にかかる花をデジカメでパチパチと。

f0193521_19301135.jpg


f0193521_1932428.jpg

                歩行距離5.67km 時間4時間24分 速度1.3km


ユリの季節に
f0193521_19391418.jpg

昨年見てたのでワタナベソウとわかった。
f0193521_19411149.jpg

キレンゲショウマのつぼみ?
f0193521_19433332.jpg

豪華なシャンデリアのようなヤマジノホトトギス
f0193521_1945529.jpg

f0193521_19454628.jpg


f0193521_2018169.jpg

ショウキラン
f0193521_20195028.jpg


f0193521_20201442.jpg

コースを外れてブナの大木を見上げてみる。
f0193521_2023627.jpg

f0193521_515237.jpg


最初に昆虫の調査員、次に鳥の調査員。やはりプロは確保スピードがすごい
f0193521_5164311.jpg

化石の森~ガゴガ岩屋はめづらしい花が咲いてるんだろうね!
五勇林道までは是非探してみたいね。
f0193521_7453554.jpg

ヤハズハハコ
f0193521_748739.jpg

f0193521_827823.jpg


f0193521_827321.jpg


f0193521_828137.jpg

やっとマタタビの花に出会えた。
f0193521_8284986.jpg



一度に多くの花々に出会えたので、頭は混乱状態。今度は九州の花々の本を
購入して、比較しながら見ないと!!

下山中、大分の方と座り込んで花の情報を頂き、また連絡先も交換し親切に
ありがとうございました。





 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2017-07-14 19:36 | | Comments(2)

一の峯~二の峯

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用
7月11日火曜日曇り

予報では昼頃に豪雨の予報があり、散歩時に脊梁・阿蘇方面には黒い低い雲が
覆っている。いったん諦めてたが一週間お山とは縁がない。
ダメもとで身近な山に行ってみる。

f0193521_19172178.jpg


f0193521_19191336.jpg

           歩行距離5,54km 時間4時間15分 平均速度1,3km

登山口に着き準備完了時、一台のパジェロが止り愛犬マルちゃんと花を探しに来たとのこと。
山は道連れ・・・ご婦人とご一緒することになる。

トンボソウ
f0193521_5162370.jpg


f0193521_519105.jpg

途中何度も行方不明になるが、いつの間にかちゃんと帰ってくる17歳の老犬。
マルばあちゃん
f0193521_547327.jpg


カキランは多い
f0193521_6251815.jpg



f0193521_6254111.jpg



f0193521_63278.jpg


ヤマトキソウは?
ザックを下して昼食を済ませて
前回見かけた場所を広範囲長時間4つの目で探すが全く
影も形もない。

もう2週間たつので仕方がないかなと諦める。

f0193521_116151.jpg



f0193521_1162284.jpg



f0193521_117650.jpg



なが~~い焼けたアスファルトの林道を戻るが、いつの間にか雲は白く輝き
真夏の雲に変わっていた。
f0193521_1172916.jpg




 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2017-07-12 04:03 | | Comments(2)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月5日水曜日曇り雨

急に表れて意外と思った以上の悪さをしていった台風3号は,九州上陸して風雨の被害を
各地に残していったが、台風一過とは行かずに雨風が残る。

本来は祖母山に3人組で登る予定だったが、突然の所用で流れてしまった。
私は毎日が日曜日だが、現役で働いてる方は予定どうりとはなかなか行かないよね。

白岩山か国見岳にするかいろいろ迷ったが、山友が教えてくれた花を探しに
八方ヶ岳を目指す。

f0193521_3484926.jpg

          出発10時20分 到着14時50分 行程4時間半


あんずの里近くになると雨も降りだし、矢岳渓谷キャンプ場も全く人影はない。
f0193521_3535728.jpg

登山口も昼なのにとにかく薄暗い
f0193521_3554570.jpg

眼鏡・レンズもくもるが、傘をさして歩くことにする。
f0193521_358398.jpg

男滝の水量はかなりだ
f0193521_40180.jpg

女滝も
f0193521_424919.jpg

いつものハシゴも濡れて滑りやすいよね
f0193521_44371.jpg

水神に挨拶をして進む
f0193521_46631.jpg

昨年見たナツエビネだろうか?いくつか散在する。
f0193521_465021.jpg

沢も水であふれてる
f0193521_483816.jpg

f0193521_526241.jpg

不思議に気になるね
f0193521_527694.jpg

引き返そうと思いながらついつい分岐点まで来てしまった。
f0193521_5283021.jpg

山頂は独占
f0193521_531557.jpg

下山はピストンにするかカニ岩に回るかかなり迷ったが、何か新しい花があるかもと
f0193521_5332293.jpg

今回はますぐに進む
f0193521_5342393.jpg

岩場は濡れて怖かったが、ここまでくればロープ頼りに進む
f0193521_539461.jpg

微妙に壊れて、傾いてる木製ハシゴ。下りが一番困った!!
f0193521_5471255.jpg

山頂にて
f0193521_5475651.jpg

f0193521_5491171.jpg

下りは荒れてるがロープが整備されて迷うことなく慎重に降る。
f0193521_5532294.jpg

20分ほどの舗装された林道歩きで、無事に愛車まで到着。
f0193521_5554866.jpg


出会った花
f0193521_5565072.jpg

f0193521_5572898.jpg

f0193521_68264.jpg

f0193521_684954.jpg

マルバイチヤクソウ
f0193521_6111891.jpg

f0193521_6202486.jpg

無事に周回できたことに感謝!!



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2017-07-06 03:44 | | Comments(10)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月2日日曜日曇り
f0193521_8351633.jpg

ログ取得に失敗。過去の記録掲載

馬しゃんの北アルプス体力補強を兼ねてコース設定。
朝2時に起床-3時自宅出発ー3時半佐俣の湯集合ー尾平着6時
出発6時25分  祖母山山頂12時ー尾平着16時 計9時間40分

「北アルプスを歩いたと言って侮ることなかれ」との表示があったとのことだが
今はなくなってる。大きな事故も起きたコース、身支度を整えて緊張して出発する。

今日は尾根を登りあがって、この雲に覆われてる稜線上を歩くことになる。
f0193521_8574925.jpg


f0193521_813675.jpg

最初のつり橋は渡らない。宮原から下山時にわたる。
f0193521_8535253.jpg

川上渓谷をふみ跡に沿って進む。
f0193521_8572058.jpg

f0193521_10541577.jpg

f0193521_10565894.jpg

f0193521_10574337.jpg

渡渉時に両足を清流に、半日悩まされる。
f0193521_1114937.jpg

暫くは両手で根をつかみ急登を喘ぎながら登る。
f0193521_1141575.jpg

C-800m付近
f0193521_11252721.jpg

展望もいい
f0193521_11372254.jpg

f0193521_11435450.jpg

見上げる!!
f0193521_11442772.jpg

見上げる眼の先には、いつもお世話になる板さん
f0193521_4231527.jpg

見上げる!!
f0193521_426017.jpg

タツナミソウ
f0193521_4281358.jpg

天狗の水場で冷水を汲む。
f0193521_434058.jpg

続いて天狗の岩屋
f0193521_439174.jpg

コナスビ
f0193521_4443224.jpg

縦走路出会い直前
f0193521_454285.jpg

天狗岩 今回はあまりの蒸し暑さに見るだけで行くのはパス。
f0193521_523685.jpg

微風に癒されて
f0193521_573248.jpg

ヤマボウシの奥には雄大な傾山などが
f0193521_517173.jpg

エゴノキの花
f0193521_5242280.jpg

f0193521_7346.jpg


f0193521_924973.jpg

山頂近くの最後の難所
f0193521_9262957.jpg

f0193521_9275132.jpg


山頂は日曜日でもあり多く隅でやっと場所を確保
f0193521_9295883.jpg

オオヤマレンゲはまだ蕾もあり、数はかなり多かった。
f0193521_9343134.jpg

ショウキランも
f0193521_9362968.jpg

祖母山をバックに
f0193521_9373097.jpg

馬の背を恐る恐る渡る
f0193521_9384681.jpg

宮原着 右折して後は降るのみ。
f0193521_943259.jpg

無事に川上渓谷の清流で手足を洗い、9時間40分の長時間、無事に周回で
きたことを実感
単独ならば早くおれてたかもね 仲間に感謝!!
f0193521_1003592.jpg







 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2017-07-03 08:36 | | Comments(8)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ