テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

六殿宮付近で

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月30日火曜晴

家庭菜園の師匠のおかげで、初めてブロッコリーを収穫しおいしくいただく。
f0193521_2195440.jpg



午後この時期短時間で登れる雁回山を走り、六殿宮横の林道を詰めたとこから
登ろうと走ったが、登山口駐車場まであと数メートルで前輪ずっぽりと
ぬかるみに。

近くにあった廃材やジャッキを使って脱出トライしたが時間だけ経ち
単独では不可能と判断。
JAFに救助要請でした。

f0193521_2181748.jpg


f0193521_21145337.jpg

ワイヤーでけん引して引き出す。
f0193521_21134110.jpg

JAFが来るまでの1時間半歩いて周辺を散策する。
f0193521_21185372.jpg

f0193521_2121150.jpg

境内の梅もまだまだ堅い蕾。
f0193521_21221195.jpg


小さい柿のみに最後はカラスまでやってきた。
なが~~くいると小鳥も慣れてきたのかコンデジで撮影。
猫まで寄ってきて、おなかを見せて
f0193521_21225928.jpg


f0193521_21241843.jpg


f0193521_21255380.jpg


f0193521_22131838.jpg


f0193521_22164268.jpg



まだまだ積雪の情報もあり用心ですね



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-31 21:28 | 雑記 | Comments(19)

俵山ー萌乃里

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

9-11
1月28日日曜雪

前日までの予定では天草倉岳だったが90%の雨の予報。
リーダーの俵山へのありがたい変更に即二つ返事。

8時に萌乃里集合だったが、近づくにつれてみぞれや道路状況の悪化。
心配したがどうにか時間前に到着でした。


厳冬は地震避難所にも厳しく
f0193521_1014854.jpg


道路もどうにかのろのろで坂を登ることが出来ました。
f0193521_17334348.jpg



7名の山友が集合。
いつもの安全登山を願ってのルーティン終えて出発する。
f0193521_17344286.jpg


初めて知った犬岩ーそういえばまさに犬が右を向いてる
f0193521_19574743.jpg

登山口にお守りの雪女を一生懸命創作中のUシャン
f0193521_201940.jpg

C-865地点。以前は萌乃里からは行く使った直登コースだ!!
f0193521_21245866.jpg

隊を組んで整然と登るー美しいね
f0193521_2134534.jpg

山頂に到着。強風で気温はー10℃ 
f0193521_21225750.jpg

イジメではありません!!愛情の表れです
f0193521_214013100.jpg

あまりに風が強いので、降ったところで昼食タイム。
出発前に頂いた強壮ドリンクのエス〇ツ〇に、思わぬ焼きもちまでいつもありがとう。
f0193521_2154357.jpg

下山中の二作目 出来上がりを品評する皆さん
f0193521_7175416.jpg


作品その2
f0193521_11351412.jpg


萌の里に戻ってお母さんの誕生祝
焼き餅をぜんざいに入れて
f0193521_16413477.jpg

皆さんから色々差し入れが
あったか~い飲み物までいただく。
f0193521_16463934.jpg


身体も気持ちもぽかぽか、時折降る霙の中次回の山登りを楽しみに
帰路を急いだ。



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-29 21:59 | | Comments(12)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用
6-8

1月24日水曜日曇り

依然として強力な寒波が影響してとにかく冷たいし冷え込む。
雁回山の利点は低山だが登山口やコースは多数あり、起伏に富んでいる。
このことで、自分が思うように時間をコントロールできること。

自宅に近く、面白い割にはあまり知られて無く、程よい程度の登山者と
会えることかな?

f0193521_14321920.jpg


f0193521_14325366.jpg

            歩行距離11.33km 歩行時間5時間43分 平均速度2.0km

今回は雁回公園駐車場をスタート
f0193521_20184778.jpg

展望所の大案内板の前で位置確認。
f0193521_2022958.jpg

今日も上品なUさん、三角点を前に。
f0193521_20363560.jpg

端の方の城南コースを選ぶ。
f0193521_20383156.jpg

通行禁止のロープ
f0193521_20395061.jpg

どこで崩落してるか調べに行く。
f0193521_20412486.jpg

ジャングル状態だ
f0193521_20471579.jpg

崩落地に。沢に降れば大丈夫だが調査終了で引き返す。
f0193521_20502499.jpg

下益城城南中学校学校林の石碑が。
f0193521_20541737.jpg

急登階段を引き返す。
f0193521_2115015.jpg

今回は久しぶりにまともに昼食にありついた。
f0193521_214426.jpg

f0193521_2151930.jpg

おなかも満たされて、鬼の岩屋に寄り道。
f0193521_21104175.jpg

おまけに如来寺コースの展望大岩から宇土方面の風景を楽しむ。
f0193521_21265363.jpg

5時間あまりの快適な散歩コースだった。



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-26 08:02 | | Comments(8)

オコバ谷

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月21日日曜晴
由布岳には時間がかかりすぎて行けないし、明日からは寒波がきて
山は大きく制限されるし、迎烏帽子かオコバ谷へ福寿草鑑賞へ


f0193521_2055954.jpg


f0193521_2056571.jpg

             歩行距離5.28km 歩行時間3時間24分 平均速度1.6km

積雪が心配だったが大通り峠は無事に通れたので、確実に咲いてる情報どうりに
オコバ谷を目指すことにする。
途中神社のセッコクが咲く場所を教えてもらう。

先客が一台、日曜日なのでかなり登山者がと思ったが完全に外れる。
旧久連子荘近くの駐車場から長い林道を歩く。

谷の日陰には薄く積雪が
f0193521_21242097.jpg

白崩平の露岩を中心に黄色の福寿草を丹念に探す。
f0193521_2113265.jpg

落ち葉を払って
f0193521_21303375.jpg

時間が経って、日光が十分当たってきたためかやっと見つけることが出来た。
今年最初にお目にかかれた!!
f0193521_21324014.jpg

f0193521_2134058.jpg

f0193521_5312997.jpg

幸せを運ぶ今年初めての黄色い花!!
f0193521_5323925.jpg

寒波の貴重な合間、辛うじて福寿草に巡り合いオコバ谷を降る。
f0193521_5432190.jpg


距離的に近い二本杉経由で帰ることにしたが、近づくにつれて左右の
残雪が多く心配したが、どうにかチェーンも装着することなく無事に
早く帰宅の一日でした。

f0193521_5493382.jpg

f0193521_550540.jpg






 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-24 05:35 | | Comments(10)

仰烏帽子

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月16日火曜日晴

例年ならば花の情報が飛び交うのだが、今年は寒波が強く仰烏帽子に
福寿草をと八山会と合流し向かう。

思った以上に積雪が溶けてなく大通り峠を越えるとチェーンがなければ
スリップして走れない。
f0193521_22223889.jpg


f0193521_22231824.jpg

             歩行距離5.06km 歩行時間4時間25分 平均速度1.1km

大通り峠まではどうにか走行できたが、降りは日陰で路面はアイスバーン状態。
タイヤチェーン装着
f0193521_5261796.jpg

悪戦しながらもどうにか第一登山口に到着
f0193521_5302659.jpg
f0193521_5325413.jpg

f0193521_8393734.jpg

積雪に阻まれて足が重い。
f0193521_534192.jpg

雪の造形
f0193521_835041.jpg

急登になり益々雪は深く
f0193521_8373068.jpg

水場も深い
f0193521_8414034.jpg

雪に埋まったUさん
f0193521_846854.jpg

縦走路付近で一休み
f0193521_8474913.jpg

雪がなせるわざか、マインドコントロールかハンドパワー?!
f0193521_8514435.jpg


f0193521_98720.jpg

f0193521_931133.jpg


福寿草は確実にこの雪の下で、日光が当たるのを待ってるのでしょうが
仏石~仰烏帽子山縦走路にまで登りあがり、時間のこともあり同じルート
をピストンすることに。

2~3日好天が続くが、週明けにはまた寒波が!!
まだまだ厳しい季節が続きますね。





 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-17 22:25 | | Comments(12)

雁回山周回 5-7

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月14日日曜日晴

昨日小川付近から眺めた雁回山 久しぶりに周回してみた。
f0193521_9452311.jpg

f0193521_8415485.jpg

            歩行距離11.57km 歩行時間5時間08分 平均速度2,3km

公園グランドの横から、小径が続く(雁回公園コース)
f0193521_15202661.jpg

八代からの10名以上の団体さんを追い抜いて
f0193521_15221849.jpg

雁回山遊歩道で会い。
f0193521_15243231.jpg

妙来寺コースに降ってみる。
展望大岩の上から、城南や宇土方面をのんびりと眺める。
f0193521_15271017.jpg


どんどやの煙と炎が時折
f0193521_15281774.jpg

第一展望所まで移動してゆっくりする。
f0193521_1536113.jpg

宇土コースサイドを通り、休憩所に向かう。
f0193521_15384578.jpg

三角点
f0193521_154177.jpg

休憩所で出会った女性の面白いルートがありますの案内で
f0193521_15434087.jpg

宮山展望所に
f0193521_15483331.jpg

遅い昼食をと思いガスに火を付けてお湯を沸かし始めたが、肝心のカップが
車中にー苦難は続く。
初対面の方だがカンパン・みかんを頂く。
f0193521_15512843.jpg

六殿宮
ここまで良町から自転車できて登山したとのこと。かなり長く登山をされていて
又の再会を願ってここで別れる。
f0193521_15545835.jpg

奥の院までのなが~~い階段を歩く。
f0193521_15575979.jpg

奥の院。
f0193521_17143467.jpg


奥の院で、朝出会った八代の一行さんが前から登って来る。雁回公園に返るとのこと。
誤って来過ぎてるので、小城展望所まで案内しわかれる。
f0193521_17164196.jpg


荒れた林道を歩き
f0193521_17182186.jpg

f0193521_17185950.jpg

雁回公園に着く。
日曜日にしては子供の姿が少なく、少子化の影響かな?
f0193521_18293031.jpg

短時間の散歩を予定していたが、次々と興味あるコースが現れ
ついつい5時間ほどの周回コースになってしまった。

まだ未知のコースもありこの季節には貴重な近場の散歩コースに
なりそうだ。 感謝




 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-16 06:02 | | Comments(7)

竜峰山ピストン 4-5

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月13日土曜日晴

今年一級の寒波のために各地で被害が発生。周辺の山を見渡しても
白く積雪がかなりだと思われる。
こうなると、近場の低山しかない。3号線に向かってると仲間から情報あり。
ならば、コンビニで待ち合わせて小川スポーツセンターに向かう。

出発は10時半で少し遅いが頑張って竜峰山を目指す。
f0193521_17162225.jpg

          歩行距離13km 所要時間6時間12分 平均速度2.1km



竜峰山登山口 
f0193521_18115121.jpg

低山でも積雪がなんだかうれしい
f0193521_18144716.jpg

仰烏帽子山方面は
f0193521_1816135.jpg

岩場も滑って慎重に
f0193521_1817131.jpg

今季一番の寒気で
f0193521_18185649.jpg

ゆういつのロープを前に慎重に。
f0193521_1820183.jpg

鞍ガ峰C-489m
f0193521_18221790.jpg

竜の岩屋入り口
f0193521_18235560.jpg

やっと竜峰山に着く。
積雪のためか足跡はあるが、誰にも会わなかった。
f0193521_1826029.jpg

f0193521_18263567.jpg


出発が遅かったので、帰りは少し急ぎ足でターン
竜が峰C-542m
f0193521_1836742.jpg

f0193521_18313888.jpg


どうにか早かったので居鷲岳に向かう
f0193521_183956.jpg

洞窟の前
f0193521_18394894.jpg

国旗が!! いつみても良いね。
f0193521_1841215.jpg

一緒に登るが、足元が面白い岩だ
f0193521_18473768.jpg

予定どうりに無事周回出来グラウンドに到着。
かなり急いだところもあったが、ぴったりついて歩いていただいた
アヒルさん。毎日朝駆けで金峰山で鍛えておられるし、若いだけあって
さすがに健脚だ!!




 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-14 18:55 | | Comments(2)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月7日日曜日晴→曇

予報ではお昼からの天候は怪しそう。所用があるし三山登り・三社お参りも済ませたい
ので近場の金峰山に行ってみる。
11時過ぎだったので、鳥居サイドの駐車場は超満車状態。
仕方なく降ったところの道路サイド駐車場に置き、コンクリート道路を登ることになった。

三連休なので登山者は多いのだ。
『さるすべり』の表示板が目についた。
戌年でしかも犬猿の仲大好きな犬のためにも
頑張らないと。
もう長いことさるすべりは登っていないので挑戦することにした。

f0193521_1905421.jpg

f0193521_2019935.jpg

どうにか抜かれることはなかった。
f0193521_20193685.jpg

やっと7合目に到着
f0193521_20213638.jpg

ゴローも寝てる間がない
f0193521_20224538.jpg

f0193521_20245638.jpg


f0193521_20261352.jpg

くだりは普通コースを降ってみたが、家族連れの登山者が多かった??
f0193521_20282523.jpg


帰りは
琴平神社
f0193521_20311650.jpg


地元の御幸笛田神社
f0193521_20321497.jpg



駆け足だったが無事に今年も一度に、三社参りと三座に登れてまづまづのスタートが
出来ました。!(^^)!





 f0193521_16292096.gif 
by iwa1iwa2 | 2018-01-08 17:57 | | Comments(10)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

1月6日土曜日晴

週間予報を見てると今日と明日しか山へのチャンスはない。
山の用具はほぼ車の後ろにデポ。
前日の平地での雨は凍り付いては?地蔵峠まではと思いながら
走ったが、考えは甘かった。

チェーン装着すればよいが面倒なので引き返す。
仕方なく十文字峠に登山口を変更し、目的地を駒帰り峠から冠ガ岳に変更する。
f0193521_21192893.jpg


f0193521_20112160.jpg

歩行距離14.37km 歩行時間4時間59分 平均速度2.9km


案の定、グリーンロードは積雪が深く鉄塔登山口直前で十文字峠まで引き返す。
f0193521_1493962.jpg

ばたばたと準備して、荒れた小径をゆっくりと歩く。
f0193521_14152169.jpg


f0193521_14354865.jpg


f0193521_1437199.jpg

古来よく使われたのだろう ここより地蔵峠まで1里半=約6kmと記してあった。
f0193521_14412058.jpg

鉄塔登山口からのクロス地点
f0193521_14482711.jpg

f0193521_14501433.jpg

ここで菊池の〇方氏と合流する。
年齢は2歳若いだけあって、長い足を生かしてグイグイ引っ張ってくれる。
久しぶりに身体に活が湧いてくる!!
f0193521_145192.jpg

地蔵峠に飛び出す。
f0193521_15111740.jpg

f0193521_15123319.jpg


俵山との分岐点に来るが、連休初日で天気がいいためかなりの足跡が。
f0193521_15203280.jpg

冠ガ岳山頂
f0193521_15211481.jpg

登ってきてよかった!!
f0193521_15215234.jpg


f0193521_15224326.jpg

送電鉄塔も寒さに耐えて
f0193521_15271858.jpg

十文字峠目指して降るのみ。長い舗装した林道をピッチを上げて歩く。
f0193521_1535227.jpg

f0193521_15362599.jpg


どうにかついて歩くことが出来たが、山中でのいろいろな話や学ぶことも多く
またの再会を願って互いに握手しここにて別れた。
とても爽やかで満ち足りた気分で今年二座目の山登り無事に終了する。



 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-07 14:56 | | Comments(2)
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

    
         明けまして
          おめでとうございます



1月4日木曜日曇

忘年登山からかなり経ったが、やっと新年初登山が出来ました。
本年も出来るときに悔いなくとの母や家族の言葉に感謝して。

f0193521_7211512.jpg



f0193521_722332.jpg

           歩行距離6.53km 歩行時間5時間14分 平均速度1.2km

三が日早朝散歩ラジオ体操もどうにか休むことなく済ませられたが、5日の福岡行きは
悪天候のために中止。初登りは時間のこともあり例年通り地元密着・地産地消で。

10時近くに出発したので、夏水・山出集落を過ぎ登山口に着いたのは11時近かった。
珍しいことに先客一台いたが登山者と思ったが狩猟だった。

沢を渡り深くえぐれた崩落地をクリアーしてやっと急峻だが尾根にとりつく。
f0193521_1120051.jpg

C-1000ほどだがつららも
f0193521_1124951.jpg

古木は朽ちて土に戻り
f0193521_11252674.jpg

松葉は滑りやすいが足にはいいクッションに
f0193521_1127278.jpg


いくつかのピークを過ぎてやがて千間山山頂に。
f0193521_11283967.jpg

ヒカゲツツジの花芽が開花時期を待ってる。
f0193521_11294437.jpg

京丈山方面には積雪も
f0193521_11311835.jpg


いったん千間山を降り登りにかかった時、背後から人の気配が
びっくりして振り返ると、某国の侵入者と間違うような迷彩服の若者が!!
f0193521_1274672.jpg

別れた後で用心してみると下ではあるが身構えて歩いてる。
仕方なく用心してルートを外して適当に進む。
f0193521_12162771.jpg

昨年1月28日山友が踏み抜いた水溜まりだ。
f0193521_1222918.jpg


遠くには阿蘇中岳噴煙と根子岳が
f0193521_12234133.jpg

C-1000を超えると氷結も厚く、千間幻の滝も楽しみだが?
f0193521_12252075.jpg

左は京丈山と右は茂見山登山口
f0193521_12374241.jpg

静かな尾根をあまり楽しむ間もなく茂見山山頂に。
f0193521_12401397.jpg

くだりは適当に見通しが良いところを選んで降ることにする。
f0193521_1242524.jpg

何度か降った経験はあるが同じコースはもちろんテープもない。
f0193521_12442173.jpg

あれた杉林・えぐれた沢
f0193521_12462021.jpg

見慣れた場所に飛び出す。
f0193521_124733100.jpg

昔はスズタケや雑木が濃かった場所だったのだろう。
f0193521_12542595.jpg

f0193521_12554376.jpg

空薬きょうは回収してもらうのがマナー
f0193521_13144587.jpg

期待していた千間幻の滝も、滝の音が聞こえて期待薄。
f0193521_137956.jpg

滝の下流
f0193521_1375310.jpg

やっと愛車にたどり着く。
f0193521_1383920.jpg


まづは無難に新年初登山は昨年同様、周回できたことに感謝し家路を急ぐ。








 f0193521_16292096.gif 

by iwa1iwa2 | 2018-01-05 08:06 | | Comments(8)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ