テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

白岩山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

8月8日火曜日晴
台風5号は熊本を逸れてどうにか大きな被害は免れたようだ。
8月4日白岩山に花散策に行ったが、風も強く花超初心者にとっては
あちこち目が移り、帰ってみると見逃してることばかり。

出発は少し遅く、また矢部へのルートを通常走らないコースをとったため
馬見原までかなり迂回したようだ。
しかしそのために、矢部町の日本国の地名がある公園と場所を通過。以前
TVで知ってたのでとても興味があった。
f0193521_2035261.jpg


f0193521_20362276.jpg


f0193521_20364077.jpg

             歩行距離8.05km 時間5時間47分 平均速度1.4km


日肥峠の気温は20℃で、かなり快適。
ヒヨドリバナとアサギマダラ 強い風に必死に耐えていた。
f0193521_4405883.jpg

ヒナノウスツボも揺れてピンボケになった
f0193521_4452818.jpg

ヤマホトトギス
f0193521_4485758.jpg

コナスビ
f0193521_8593566.jpg

ソバナ
f0193521_913918.jpg
f0193521_92161.jpg


f0193521_954631.jpg

シコクママコナ
f0193521_911237.jpg

ヤクシマホツツジ
f0193521_995184.jpg

ウスユキソウ
f0193521_9115947.jpg

ヤマハハコ
f0193521_9145681.jpg

シギンカラマツ
f0193521_9155022.jpg

ホタルサイコ
f0193521_9164389.jpg

シモツケソウ
f0193521_9173497.jpg

キリンソウ
f0193521_920398.jpg

チョウセンキンミズヒキ
f0193521_92142100.jpg

オオバヨメナ
f0193521_946395.jpg

メタカラコウの蕾?
f0193521_947193.jpg

ツクシクサボタン
f0193521_9481476.jpg


白岩峠に戻ると女性二人。なんと天主山や目丸などよくお会いする
松〇さん親子で、相変わらずお元気で山に登っておられるとのこと!!
またの再会を願って、いよいよ未知のコース(ごぼう畑と反対の左折くだり)
に入ってみる。
f0193521_9493366.jpg



意外と山石楠花群生地になってる。
f0193521_9541430.jpg

あちこちから小さな沢が
f0193521_9575124.jpg

f0193521_9585250.jpg

f0193521_9592938.jpg


何かな なんでも興味があるね
f0193521_10165779.jpg


記念写真を撮る
f0193521_10184579.jpg

登りあがる 途中の巨岩転がってきたら怖いね。
f0193521_1023390.jpg

キレンゲショウマ群生地の沢に行ってみる。
まだまだ楽しめる。
f0193521_10524337.jpg

モミジカサ
f0193521_10533515.jpg



一人先客が すぐに先日冠岳で出会った〇夢君とわかり声かける。
f0193521_10272813.jpg

山頂では霧立越に関する著書がある秋本治氏と会うし、お花にも
出会いが多い充実した一日だった。感謝





 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-08-09 03:32 | | Comments(7)

白岩山と阿蘇の草原にて

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

8月4日金曜日曇り

のろのろで強い台風五号の影響で好天は望めないが、花の宝庫が気になって出かける。
馬見原付近になるとワイパーを時折使わないと見通しが悪くなる。

ごぼう畑には先客1台とスキー場にも1台。
さすがに人気がある山だ。

風が強く草花は大きく左右に揺れるし、時折小雨も降る悪天候で思うように写真が撮れなかった。

ホトトギス
f0193521_15265249.jpg

シラヤマキク→オオバヨメナ
f0193521_15292456.jpg

f0193521_15302655.jpg

ツクシクサボタン
f0193521_15374392.jpg

ウスユキソウ
f0193521_1541935.jpg

ヤハズハハコ
f0193521_15561741.jpg

キリンソウもまだ残っていた。
f0193521_15575878.jpg

ホタルサイコ
f0193521_1603317.jpg

ホツツジも多い→ヤクシマホツツジ
f0193521_1615798.jpg

ウバユリ
f0193521_1641883.jpg

キレンゲショウマ
f0193521_1651695.jpg

f0193521_1664439.jpg

ギンバイソウ
f0193521_1695555.jpg

トチバニンジン
f0193521_16155192.jpg

ヤツシロソウ
f0193521_16313692.jpg

f0193521_16321556.jpg


タムラソウ
f0193521_1657917.jpg

f0193521_165747100.jpg

ノヒメユリ
f0193521_16585453.jpg

ノヒメユリとアソノコギリソウ
f0193521_16593565.jpg

その他多くの花々との出会い
書いてる途中からまたすぐにでも訪れて見たくなった!!




 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-08-06 16:33 | | Comments(6)

井原山と脊振山へ



ナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

8月2日水曜日晴

3時30分運動公園前にて坂井ご夫婦と落ち合う。
井原山にはこの頃は2回は行ったがキイロアマナを見に行き、その時に
キツネノカミソリの大群生地があることを教えて頂いた。

シーズンに一度は見たいと切望していたが、やっとかなった。
佐賀大和の道の駅には山友坂〇さんと落ち合う予定だ。

久しぶりに精悍な坂〇さんと会い、心底から元気を頂く。
新村から6時過ぎから登り始めるが山頂付近は雲がかかって天候は
少し不安だった。
f0193521_21211704.jpg

目的のオニコナスビ(坂井氏より)
f0193521_21261067.jpg
f0193521_21280052.jpg
ネジバナ
f0193521_21283586.jpg

ミスト状態の中登る
f0193521_04560082.jpg

井原山山頂はさすがに人はいないが、早朝から笹の上に大きな長いものが鎮座。
少し引き返して、水無登山口へ激降りする。
人も多いが、キツネノカミソリの大集落にビックリ!!
f0193521_05003094.jpg


f0193521_05011170.jpg
f0193521_05024448.jpg
ハグロソウ
f0193521_05060487.jpg
f0193521_07444509.jpg
キツネノカミソリカミソリ群生地に分かれて、朝の縦走路に登りあがり
新村駐車場へと進む。
ここから、背振山へとドライブ。

所変われば色まで変わるね。
f0193521_08190484.jpg

f0193521_08194393.jpg

f0193521_08202721.jpg

オニコナスビがかろうじて一輪だけだったが、おかげさまで幸運にも見ることが出来ました。
f0193521_09491585.jpg



 f0193521_16292096.gif 
# by iwa1iwa2 | 2017-08-04 04:28 | | Comments(5)

白鳥山

f0193521_8584322.png


ナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用


8月1日火曜日晴
突然のKさんのお誘いでRさんで白鳥山に花散策に出かける。

予定の7時前には佐俣の湯集合し峰越峠を目指す。
駐車場には先客が一台のみで、代表的な山芍薬が終わればかなり登山者が激減だ。
f0193521_05365234.jpg

車中・山中のお二人の花談義は興味があることばかり。
K氏のザックは数種類のプロの写真機材でずっしりと重い。

最初に現れたのが、地面に張り付くように咲いてるヤマジオウ
何度眺めてもかわいくてきれいだ!!


f0193521_07124659.jpg

オトギリソウの黄色も目立つ。

f0193521_12041910.jpg
古木は多くの生命を育てながら
f0193521_12074605.jpg
ツチアケビ

f0193521_12235694.jpg
山頂は無人

f0193521_12242569.jpg
キノコも美しい
f0193521_12244106.jpg
ギンバイソウ
f0193521_12245223.jpg
f0193521_12250566.jpg
キレンゲショウマはまだ蕾が
f0193521_12252155.jpg
f0193521_12253207.jpg
f0193521_12254821.jpg
ヤブカンゾウ
f0193521_12255785.jpg
多くの貴重な花々に会えたことお二人に感謝!!








 f0193521_16292096.gif 
# by iwa1iwa2 | 2017-08-03 05:47 | | Comments(2)
f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月29日土曜日晴

真夏日が続きどこに居ても暑い!!
数日前山友から頂いてた花のお誘い日
終日長距離運転頂き、しかも長年願望していてはじめて
案内していただき、知った貴重で大切な場所。

もちろん、運よく初めての花々に会えて、感謝の
思いで深い一日でした。


あめうしの滝 ちょうど、地域の方々の清掃活動日。
f0193521_18462551.jpg

今年初めての、イワタバコに
f0193521_1849724.jpg

f0193521_18502762.jpg

f0193521_1850532.jpg

滝は水量が多い
f0193521_18525737.jpg

f0193521_18533632.jpg

f0193521_18541154.jpg

お初のヤツシロソウ つるなどが背丈ほど密集した厳しい場所だった。
f0193521_18545439.jpg

f0193521_18553250.jpg

ヒオウギ この花も初めて会える。 
f0193521_8164563.jpg


f0193521_758377.jpg

f0193521_759227.jpg

f0193521_7594697.jpg

f0193521_801352.jpg


そして、初めてのヒメユリも辛うじて待っててくれた!!

f0193521_97726.jpg





 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-07-29 17:10 | | Comments(2)

白鳥山

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月26日水曜日曇り

白鳥山はかなり登山者が多く、人気の山で時雨岳・銚子笠・水上越・国見岳・烏帽子岳
などの四方に伸びる脊梁山系の中心だが、なぜか地形図上の山の名がない。GPS等で名
が出ないので不思議で不便ですね。

6名の山仲間が佐俣の湯に7時に集合。この季節にひっそりと咲く花々に会いに、二台の車で
峰越峠を目指す。

やはり古木があちこち目につく。 カツラノキとのこと。
f0193521_1227379.jpg

f0193521_123363.jpg

岩をも包み込んで
f0193521_1236193.jpg

なぜか流水は伏流水になり消えている。
キレンゲショウマの蕾
f0193521_1239561.jpg

トチバニンジン・ヒナノウスツボ・ミゾホウズキ・イケマ(アサギマダラが
産卵すると聞く)
f0193521_1464286.jpg

ショウキラン・アオベンケイ等
f0193521_147018.jpg

ヤマホトトギス?
f0193521_3544235.jpg

ネットから
f0193521_3511851.jpg

             ヤマホトトギス      ヤマジノホトトギス

f0193521_4105051.jpg

アサギマダラとヒヨドリバナ
(ガガイモ科の植物を好むが、有毒なアルカロイドが含まれてるため、鳥などから
食べられないように・・・色々進化して生き残ってるね)
f0193521_4113164.jpg

キレンゲショウマ
f0193521_4123870.jpg

開花時にもう一度確認してみたい!!
f0193521_4131966.jpg


また次回も素敵な花々に会えますように。




 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-07-27 08:23 | | Comments(0)

二の峯~冠岳周回

f0193521_8584322.pngナビ GARMINetrex20 カシミール・グーグルアース  カメラ OLYMPUS tough使用

7月23日日曜日曇のち晴

22日の夕方の豪雨と落雷は凄かったね。おそらく停電もあったのでかなりあちこちに
落雷があったのでは?
ラジオ体操をして外を眺めてるとどうも降りそうにもない。家内も娘達とお出かけ
予定。ならば身近で気になってた花も探したいし、一の峯~~俵山か冠岳周回にと
出かける。

f0193521_342891.jpg


f0193521_3411023.jpg

              歩行距離9.6km 時間4時間54分 平均速度2km

f0193521_9383046.jpg


f0193521_939896.jpg



二の峯に登りあがり、一の峯方面を楽しむ。黒い低い雲がありかなり蒸し暑かった。
f0193521_9405532.jpg

とにかく暑い。早く鉄塔先の尾根ルートに入ろう!!
f0193521_9443382.jpg

登ってると、突然若い女性の二人連れ。萌乃里に行きたいと言われ、全く方向が
違ってることと、まっすぐ下山すれば日曜で登山者が多いのでと安全ルートを
教える。
f0193521_9461765.jpg

俵山と冠岳を結ぶ縦走路に出る。左に行き俵山にするか、右に行き冠岳にする
か迷ったが、楽な方右の冠岳を選択する。
f0193521_9495957.jpg

地面からの照り返しも強烈だ
f0193521_953817.jpg

何度か通ったルートだが、この時期はつらいね
f0193521_9564941.jpg

f0193521_9582464.jpg

ここからの一~二の峯の展望もいいね。
ベンチまで常設してある。ここから峯に向かって激降りした記憶があるが、
ピストンは嫌だし、選択肢の中に入れておく。
f0193521_1042490.jpg

ここから地蔵峠からの道出会いは近い。順調に進み山頂で先客一人。
ご無沙汰してる〇君だ!!
相変わらず自作の豪華なお弁当を楽しんでる(私は途中で三角黒糖蒸しパン、
500㎖牛乳食べてしまってる) 手前のノンアルコールひと缶は私が美味しく頂く。
またいつかご一緒できることを願って別れる。
f0193521_1013228.jpg
 
迷ったが、あのベンチからの激くだりは嫌だし、花の宿題が残ってるし
一番安全でショウトタイムの鉄塔コースを降ることにする。
f0193521_10163358.jpg


f0193521_1191821.jpg


暑くはあったが見知らぬ花々にも出会えて、充実感いっぱいで家路に向かう
ことが出来ました。感謝!!



 f0193521_16292096.gif 

# by iwa1iwa2 | 2017-07-24 03:47 | | Comments(8)

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ