テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

八方ヶ岳(北尾根~八方ヶ岳~カニハサミ岩)

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

76-97
8月16日木曜日曇

初盆も無事に済み、緩んだ身体も絞めないとこれからが大変。
今回は、花はミヤマウズラ・シュスランが見れると嬉しいし
予定ルートを完走できれば大満足。

f0193521_495142.jpg


f0193521_472510.jpg

            歩行距離10.065km 歩行時間7時間6分 平均速度1.4km

駐車場はかなり車がと思ったが、一台あるだけで登山口に一番近いところに。
北尾根ルートを使い山頂へ、そのあと時間など順調ならば、蟹足岳までと計画。

登山口は沢コースとほぼ同じ個所です。
f0193521_4223077.jpg

とてもよく整備されいます。
f0193521_811426.jpg

先の地震で動いたのでしょうか?
f0193521_81366.jpg

最初に現れる天狗岩展望所
天狗の腰掛岩展望所
f0193521_8151190.jpg

国見・三国展望所
お休み処 馬酔木台
f0193521_9172890.jpg

緑の渓谷展望所から
f0193521_9162963.jpg

その先危険と書いてあれば、行って覗いてみたくなりますね。
f0193521_9194334.jpg

やっと宿が峰・国見山への縦走路に出会う。ここから国見山まで180分とのこと。
帰りも考えると、かなりハードなコースですね。
f0193521_10161260.jpg

やっと穴川との分岐点に着く。前回と違って全く人に会わない。
f0193521_10191688.jpg

歩きなれたコース。
f0193521_10205030.jpg

左右お目当ての花を探しながらゆっくりと登り、やっと山頂に。
f0193521_10221690.jpg

下山は少しゲリラ豪雨が心配だったが、時間に余裕があり予定どうりに蟹足岳方面に向かう。
f0193521_10232158.jpg

蟹足岳・カニハサミ岩方面は直進。山の神方面は左折ですが、自己責任で直進。
下の岩から、上の蟹足岳に登った経験はありますが、逆はなかったので迷わず
逆回りを考えて、尾根を進む。
f0193521_10331427.jpg

右のルートを選ぶ。
f0193521_10424076.jpg

途中ふみ跡は薄いが山頂に立てる。
f0193521_10452213.jpg

山頂から、カニのハサミ岩は見下ろせばかなり近いが、急峻でルートがかなり不明瞭。
迷ったが、途中まで引き返して再度下からカニのハサミ岩に行くことにする。
f0193521_10515746.jpg

岩峰への危なかった足場は、安全に確保されてありがたい!!
f0193521_10543164.jpg

岩峰からの眺めー秋が近いことを思わせるトンボの群れも
f0193521_10555588.jpg

西の空は黒い雲が少し濃くなり、天候の悪化を感じられここから激降りする。
f0193521_10572227.jpg

途中までロープもありよかったが、沢の大規模崩壊でルートが消滅。適当に
降ることになる。
f0193521_1111194.jpg

f0193521_1121610.jpg

林道に降りてしまえば安心。あとはなが~~いコースを黙々と歩くのみ。
無事駐車場に着いたが、どうしてもナツエビネに出会ってないのが気になる。
再度痛い足で沢コースをテクテクと
エビネに出会って、帰りかけるとなんだか声が!?振り返ると歩夢君の笑顔が
f0193521_11104483.jpg


彼とは本当によく山中で会いますね(*^^)
ナッツさんから私が山の神に向かったと聞き、会えるとは思ってなかったとのこと。
今月これからボラに行き、その足でアルプスにと。お互い元気でまたの再会を
願う。 山仲間は良いですね!!





 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-08-17 04:24 |

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ