テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

100-129
10月14日日曜晴

今年一年間75回山に行くのが目標でしたが、無事に100回山に行け、129座山頂を
踏むことが出来て感謝の日でした。

高齢になると会話に、あれやこれ 等具体名が出てこない。
メンノツラから池之原などは何度も通ったが、実際行ってみると忘れてる
厳しい場所や、ルートも意外と不明に思う場所があります。

次回のために、下調べのためにログを撮り周回してみました。
f0193521_19332235.jpg


f0193521_19334572.jpg

           歩行距離11.165km 歩行時間6時間11分 平均速度1.8km     

自宅を4時25分に出発し、途中で休みながら穴森社・白水登山口に向かう。
八丁越え駐車場には大分ナンバーの先客一台。単独なのでもしかしたら同じルート
かな?と心強い。

C-568m 7時25分スタート 九重方面の山並み。
f0193521_3461053.jpg

山の神に安全を願い、前回彼女が上げた5円玉お賽銭の上に重ね重ねお願いでした。
f0193521_404171.jpg

最初の渡渉地点ですが、前回よりも少し水量が経てるかな?
f0193521_423472.jpg

池之原への起点
f0193521_462976.jpg

見慣れた滝が
f0193521_4101398.jpg

うす暗い杉林の中の尾根を登ってるとキッコウハグマが
f0193521_41107.jpg

一部地形が複雑で初めての方はわかりずらい箇所です。
基本は尾根から外れて、西方向に高度を上げないように薄いふみ跡を
辿ること。3か所ほどの荒れた沢溜まりに出ますが、落ち着いて探せば
古いテープやケルンが探せます。
f0193521_483061.jpg

f0193521_492948.jpg

谷の巨岩にはジンジソウガびっしりと。
f0193521_4171227.jpg

古いが確実な情報はありがたい。
f0193521_4192927.jpg

ママコナも奇麗ですね
f0193521_4203225.jpg


f0193521_422111.jpg

石楠花も多い
f0193521_4225127.jpg

敬意を表して、1174mピークに
f0193521_4251571.jpg

藪も出てきますが、回り込んでも基本尾根を外さないこと。
f0193521_4264639.jpg

右て奥に見えてくるのは小松尾根
f0193521_428258.jpg

少々コース取りが違っても視界が良く、登りあがれば宮原(みやのはる)~
池之原縦走路に出会います。
f0193521_4331179.jpg

判読は困難ですが、池之原と薄く見れます。
f0193521_434182.jpg

池之原展望所から
f0193521_4353114.jpg

f0193521_4361763.jpg

この頃は傾山とも疎遠になってますね!!
f0193521_4395153.jpg

前方に大障子岩かな?
f0193521_4413978.jpg

鹿の背 左右キレてます。
f0193521_4433879.jpg

いくつかのピークを越えて
f0193521_16351835.jpg

八丁越えに
f0193521_16384994.jpg

f0193521_1644517.jpg

f0193521_16453314.jpg

ロープはしっかりと整備されてます。
f0193521_16463755.jpg

f0193521_16482650.jpg

どうしたことか今まで一人も会わなかった山中でしたが、二グループの方とお会いする。
f0193521_171785.jpg

八丁越えに戻り、尾根をひたすら下ります。
f0193521_1743882.jpg

無事に登山口駐車場に着きました。
f0193521_176938.jpg


何度か周回したコースですが、あまりにもスマホやGPS等で簡単に自分の位置が
確実に分かるし、経年とともに忘れるスピードの方がはるかに速いと感じました。

これからは、たまには紙地図・コンパスだけで登り感を取り戻さないと!!
無事に予定よりも早く周回出来て感謝です!!




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-15 04:02 |
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

99-128
10月12日金曜晴
f0193521_575410.jpg


f0193521_562125.jpg

           歩行距離8.964km 歩行時間7時間44分 平均速度1.2km

二人の山友が坊がつるにて前泊。私は都合で参加できず、翌日のヒガエリ登山で
我慢。5日前に長者原~三俣山から坊がつるに~周回し、紅葉を楽しみました。
今回大津駐車場に4人の仲間が定刻前に集合し、二台の車で九重の大曲駐車場に走る。
6時にスガモリ小屋で坊がつるから登ってくる二人と合流して三俣山に登り、進んだ
紅葉を楽しむ目的でした。

時間が早かったので、いつも満車の大曲駐車場一番乗り。準備完了しスガモリ峠へ
f0193521_5324775.jpg

7日と同じような天候でガスで山頂は隠れてますが、違うことはかなり気温が低い。
f0193521_5353445.jpg


f0193521_5381165.jpg

反対のこの道を二人で登ってくるはずだ。
f0193521_5394920.jpg

ナッツさんと登るのは久しぶりですが、いつもご一緒に登ってる感じ!
防寒対策をして寒風の中、晴を信じて登ります。
f0193521_5432170.jpg

ガスもまだ濃い
f0193521_544238.jpg

時折大船山の山頂が
f0193521_810315.jpg

大船山方面を激写する笑顔の皆さん。
f0193521_8113553.jpg

西峰に全員集合
f0193521_813189.jpg

f0193521_814257.jpg

四峰に向かう
f0193521_815519.jpg

硫黄山方面
f0193521_8213228.jpg

南峰にて
f0193521_8265953.jpg

坊がつるが眼下に
f0193521_8234835.jpg

大鍋・小鍋を反時計回りに歩くことに
f0193521_8284558.jpg

少し早かったが十分満足できた紅葉でした。
f0193521_8295957.jpg

f0193521_8304758.jpg

f0193521_8311087.jpg

f0193521_8363255.jpg

f0193521_8371178.jpg

f0193521_1693161.jpg

f0193521_16131697.jpg


f0193521_161608.jpg

f0193521_16182912.jpg

指山への分岐点。
f0193521_1619268.jpg

石楠花のシーズンにまた来たいね
f0193521_16204999.jpg

今回もこの展望岩上にも登れたし
f0193521_1623149.jpg

スガモリ峠で帰りのエネルギー補給
f0193521_162455100.jpg





 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-13 05:08 |

メンノツラ谷ピストン

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

98-128

10月8日月曜祭日晴

アルプス挑戦の訓練に岩場を登る計画が、前後してしまい今回に。
「メンノツラ谷を登らずして祖母山に・・・」美女二人と白水(しろうず)登山口に
走る。
何度も行った白水ですが、いつも滝室坂・玉来を通ってだった。
萌乃里6時集合で北谷口・越敷岳登山口を右に見て、神原(こうばる)を目指すが
8号線から右折するとこを見逃して、武田方面から大迂回してタイムロス。
地震の通行止め後遺症が回復してもらいたいですね。
っやっと白水に到着。
f0193521_9533984.jpg


f0193521_9551970.jpg

f0193521_956094.jpg

        歩行距離13.882km 歩行時間8時間46分 平均速度1.5km

杉は広く伐採されて林道は明るくなった。
f0193521_18502058.jpg

荒れた林道を進むと、放置されてたウィンチや石仏が鎮座
f0193521_18515997.jpg

長~い林道を一時間ほど歩くと、登山届ポストや作業小屋跡地に着く。
f0193521_18535450.jpg

最初の渡渉地点
ここを渡れなければ、引き返さなければ
f0193521_18551213.jpg


f0193521_18553836.jpg

池の原とメンノツラ谷の分岐点に
f0193521_19133525.jpg

今年初めてのキッコウハグマの群生地だ
f0193521_19145316.jpg

「悪天候ひきかえせ」
懐かしい看板も朽ちて
f0193521_1927886.jpg

一本のロープを使って渡るか、それとも自分でほかの渡渉店を探さないと。
f0193521_19303847.jpg

先の台風の影響か、水量は確かに多い。
左右に渡れる場所を探しながら
f0193521_1934517.jpg

助け合いながら!!
f0193521_19351532.jpg

荒れ放題の沢
f0193521_19381190.jpg

時には大きく巻いて進む
f0193521_19392813.jpg

水もかなり少なくなってくる。
f0193521_19424758.jpg

ジンジソウもあちこち現れて
f0193521_19452717.jpg

小松尾根の近くの滝に
f0193521_19501318.jpg

懐かしい大木に
f0193521_1951941.jpg

沢カニ?踏まないように
f0193521_19521035.jpg

小松尾根は石楠花やアケボノツツジが多く、季節には急登を忘れさせてくれます。
f0193521_19541460.jpg

尾平~祖母山縦走路に飛び出す。
ここで昼食をとり帰りのエネルギーを補充します。
コーヒーは美味しかったですね!
f0193521_1957391.jpg

尾根の紅葉
f0193521_2002947.jpg

祖母山山頂
f0193521_2013744.jpg

ヘッドランプ準備確認し八丁越・池之原の周回の望みは持ってた。
しかしまだ13時とは言え、昼食、時間と体力を考えると余裕がないと判断。
ピストンにきりかえる。
少し余裕が出来たので、尾根から右折して谷に入る前の休憩時に、直進して
ふみ跡、テープを辿り小ピークに登ってみました。
f0193521_45095.jpg


降るのは難しいですね。
f0193521_4571927.jpg

長年経つと
f0193521_4511335.jpg

さて、どう戻ろうか
f0193521_452464.jpg

もう濡れても構わない!!
f0193521_531545.jpg

最後の渡渉です。
f0193521_5648.jpg

f0193521_5115519.jpg

無事に長い林道を降り切り日没前に車に。次回では1時間半早く出発して
池之原・八丁越コースを楽しみたいな~~と。



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-10 04:01 |

三俣山

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

97-125
10月7日日曜曇

6時に坂井氏宅に行き紅葉が始まってるかもの期待で三俣山に向かう。
牧ノ戸峠駐車場は半分近くで、長者原駐車場は満車状態だったが、奇跡的に
奥に一台残ってました。
三連休中日で、天候も回復傾向で家族連れや若い方など多く華やか。
幸先よしで、すがもりまで久しぶりに長く歩くことになりました。

f0193521_3231655.jpg


f0193521_3244659.jpg

            歩行距離12.0km 歩行時間7時間37分 平均速度1.6km


山頂にはガスがかかってる
f0193521_4224943.jpg


f0193521_4245785.jpg

すがもり峠へ
f0193521_4271714.jpg

しるしに沿って登る
f0193521_4284254.jpg

かっこいいお父さんと奇麗な娘さん。二度目の登山だと。
必死について登ってるがこれからず~と長く楽しんで 羨ましいね!
f0193521_4314483.jpg

小屋にて小休止
f0193521_4361475.jpg

雲が時折取れて
f0193521_4401535.jpg

三俣山西峰にて
f0193521_4425031.jpg

晴を呼ぶ男!!
f0193521_4472320.jpg

f0193521_6471013.jpg

えぐれて滑りやすい道を登ります。
f0193521_4494589.jpg

三俣Ⅵ峰?
f0193521_6483692.jpg

南峰に到着。
f0193521_551629.jpg

秋ですね
f0193521_6493452.jpg

南峰は登山者も多い
f0193521_6522988.jpg

法華院温泉山荘も眼下に
f0193521_6533012.jpg

南峰から坊がつるへ激降り
f0193521_6545250.jpg
f0193521_6553294.jpg

見とれて
f0193521_733387.jpg

滑りやすい
f0193521_75585.jpg

無事に坊がつるに
ここをくだったんだ
f0193521_761021.jpg

坊がつるに別れて、長者原まで長~い林道歩きが
f0193521_775982.jpg

雨ガ池の木道
f0193521_792755.jpg

深まりゆく秋を楽しんだ一日でした。
f0193521_715319.jpg


出会った花々

フクオウソウは今年初めて
f0193521_757156.jpg


f0193521_7594334.jpg



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-08 03:29 |
カメラ OLYMPUS tough5使用


96-122
10月2日火曜晴

f0193521_192489.jpg


f0193521_1925121.jpg

           歩行距離10.642km 歩行時間5時間20分 平均速度2km

このコースは木浦林道を使って二回ほど言った経験がありますが、かなり
前の事。
山友より木浦山と幻の滝に案内頼まれたが、記録が無く白岩山~水呑の頭
~木浦山周回に。
このコースもかなり古くて、ほとんど記憶にありませんでした。

ゴボウ畠からゆっくりと草木を楽しみながら登る。
いつもの登山届ボックス
f0193521_225113.jpg

白岩山頂には鹿児島から来られたご夫婦に、周辺の山名を聞かれ親しく山の話
をする。
f0193521_2291719.jpg

山頂から水呑の頭方面を望む。
f0193521_22104755.jpg

岩壁に咲くイワキク
f0193521_22113899.jpg

分岐点
f0193521_22123149.jpg

水呑の頭は展望もなくひっそりと
f0193521_22132461.jpg

水呑の頭ルートを使って木浦山にはひたすら下ります。
f0193521_22152871.jpg

尾根を外さないように
f0193521_555268.jpg

スズタケが無くなりかなり歩きやすい
f0193521_5533555.jpg

山下りが続く
f0193521_5574372.jpg

石楠花が多い
f0193521_5584749.jpg

このポイントから左折ですが、休憩を兼ねて少し早めの昼食。
f0193521_615935.jpg

高いところが扇山・不動冴山方面
f0193521_643741.jpg

降りずらかったがやっと林道に降る。
f0193521_6514869.jpg

向かいが木浦山登山口
f0193521_6352627.jpg

ふみ跡は薄い
f0193521_654551.jpg

山頂からの展望はない
f0193521_6551189.jpg

山頂付近でかなり大きい滝の音が。よく見るとゴボウ畠方向にかなり大きな滝が樹間
から見える。幻の滝は林道に降りて右手に進んだところだったと思ったが、
確認のために左手に進む。
帰路は登り返すのも大変だし、そのまま木浦林道を使いかえることにする。

一部紅葉も
f0193521_76123.jpg

遠くスキー場が見えてきます。
f0193521_782493.jpg

秋本林業作業場を通り抜け
f0193521_7101369.jpg

林道は緊急作業中
f0193521_711414.jpg


やっとゴボウ畠に到着
幻の滝はカットしたが次回の楽しみに。

歩行時間5時間22分 歩行距離10.2km 
f0193521_7194427.jpg


無事に周回出来帰路に就いたが、佐俣の湯近くの交差点で
直進車と右折車との交通事故発生直後!!
気を引き締めて運転しないと
f0193521_738139.jpg



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-06 04:49 |

帰熊

 OLYMPUS tough5使用


95-120
9月29日土曜雨

石鎚山も無事に下山できましたが、大型で非常に強い台風が予想に反して宮崎に
向かってるの情報。一泊して帰宅するには欠航に備えて早く八幡浜に着く必要が。
まずは、早く西条に入り温泉施設を探す。

天然温泉武丈湯にて入浴と食事を済ませる。
f0193521_1840481.jpg

飲酒してたので、酔いがさめるまで車中泊。
2時過ぎてたが眠れずに、天気が悪い中八幡浜に向かって走る。

f0193521_1839424.jpg

f0193521_4155953.jpg

f0193521_4181341.jpg

熊本ー島原間のフェリーとは大きさが違いますね。
f0193521_4504723.jpg

別府港に入ると、久々に見るサンフラワーが
f0193521_4483896.jpg

無事に九州にフェリーで入り、雨も降るし予定してた途中の山にも登らず、
熊本に向かい急ぐ。
f0193521_4524158.jpg

皆様の情報サポートもあり無事に正午頃に自宅に帰ることが出来ました。
感謝                           



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-05 17:41 |

石鎚山-2

 OLYMPUS tough5使用

95-120
9月28日金曜晴

次の新しい鎖場が現れてくる
f0193521_1855382.jpg

f0193521_1884111.jpg

ほぼ垂直に近い!!
f0193521_18101052.jpg

山頂を仰ぎ見る
f0193521_18112279.jpg

またまた鎖場が現れる。この鎖場も長い!
f0193521_18174350.jpg

f0193521_5595474.jpg

スチールー製階段がかけてあります。ヘリコプターなどで運んだのでしょうか。
f0193521_652166.jpg

山頂山荘前にやっと到着
f0193521_665891.jpg


山頂から天狗を望む。あの先端まで歩くことに。
f0193521_6101156.jpg

左右は切れ立ってるのでへっぴり腰に
f0193521_6135145.jpg

紅葉が始まっています。
f0193521_6113295.jpg


f0193521_6162099.jpg

f0193521_6171330.jpg

天狗山頂に
f0193521_6195745.jpg

先に進んで裏側から天狗を
f0193521_6222135.jpg

こんな絶壁にボルトなど打ち込んで!
f0193521_6232972.jpg


登ったからには、また引き返して帰らなければならない。
登った山頂尾根を振り返る。
f0193521_635234.jpg

また何度も鎖場を降る。下りの方が何だか厳しい。
f0193521_6371943.jpg

f0193521_637531.jpg

途中には新しい公衆トイレ兼休憩部屋が
f0193521_6393173.jpg

小屋のご主人とまたの再会を願って、声かけて挨拶し先を急ぐ。
f0193521_6403720.jpg

急ぎ足で成就社につき、私は完全踏破を目指して、また登って来た長い林道を
単独だがトレイルラン状態で降る。

久々にヘッドライトを装着する。
f0193521_6474249.jpg

やっと廃屋があった集落付近まで降る。あとはマムシに気を付けて
少し気持ちが悪いが急がないと。
f0193521_6501183.jpg

f0193521_6524971.jpg

廃屋集落を通り抜けて、西ノ川登山口に無事に完全燃焼状態で帰ってきました。
あまり天候に恵まれてはいなかったが、終わりよければすべてよし!!
西条まで降りまずは温泉と夕食をとらないと。




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2018-10-04 07:07 |

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ