テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

馬子岳

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

14-18
1月19日土曜晴

余りにも天気が良く少し遅くなったが、気になってた内大臣林道の右に位置する馬子岳
に登ることにする。
対峙する天主山には年間何度か登りますが、馬子岳は急峻なために登山者も少なく
新ルートができてから、旧ルートからの登山者もかなり少なく感じます。

f0193521_711573.jpg

※周回コースは危険な個所もあり、経験者と同行の事。
f0193521_713173.jpg

           歩行距離5.322km 歩行時間5時間04分 平均速度1km

相変わらず悪路が続きます。
f0193521_17331233.jpg

橋を渡ったところに小さな駐車場が。橋を引き返してわたります。
f0193521_17353680.jpg

旧道はまっすぐに進み、砂防提の障害を越えます。
f0193521_17372968.jpg

左岸を歩きます。
f0193521_17394626.jpg

左岸は昔の森林鉄道の軌道跡です。竜の鬚付近までは確認できます。
f0193521_1741569.jpg

杉林を歩きますがここ付近はテープが目立ちます。
f0193521_17543745.jpg

炭焼き窯のあとに植えたのかよほど栄養が
f0193521_17593366.jpg

注意深く踏み跡を外さぬように歩きます。
f0193521_1803178.jpg

枝打ちされた杉の枝でルートは分かりにくいが、自然林が見える前まで
トラバース気味に進みます。
f0193521_1834946.jpg

廃墟になった作業小屋がありこの小屋の100mほど上に林道が横切っています。
f0193521_186057.jpg

杉の間から岩壁が見えます。左右に分かれるルートがありますが厳しい
右ルートを選びました。
f0193521_1821279.jpg

自然林の中崩落した場所を岩壁まで登りあがります。
f0193521_18274759.jpg

f0193521_18232852.jpg

ヘルメットが必要でしたね。この狭い縁を注意しながら歩きます。
f0193521_182658.jpg

テープがなく何度か通った記憶だけで進みます。
f0193521_1832319.jpg

雑木が跡うのでありがたいですね。
f0193521_1833106.jpg

行く手を倒木などが阻みます。
f0193521_18335960.jpg

f0193521_18472912.jpg

ヒカゲツツジも現れて
f0193521_1944215.jpg

トラバースに時間がかかりすぎて天気も下り坂
f0193521_19115718.jpg

山頂でポーズ
f0193521_1913534.jpg

鮎の瀬大橋もはっきりと見えます。
f0193521_19521567.jpg

急いで降ります。
f0193521_19535966.jpg

やっと作業小屋上部の基本の林道に着きました。
f0193521_19545484.jpg

後は順調に急いで降るだけです。
f0193521_19584953.jpg

日没前に下山できましたが、孫はかわいいだけですが馬子岳は何度登っても
急峻で厳しい山ですね!!



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-20 07:11 |

天草松島オルレ

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

13-17
1月18日金曜晴

『山企画と登山情報』新年登山は天草松島オルレで9名の参加。
暖かいイメージの天草も晴れた早朝は、冷え込みも厳しい。
7時に二号橋過ぎた左にある天草ビジターセンタ前の駐車場に7時に集合。
時間前に7台そろいます。
センターに2台松島港近くに3台今泉に二台配置してオルレスタート地点から
国道を歩きます。
f0193521_21165599.jpg


f0193521_21171542.jpg

          歩行距離12.832km 歩行時間5時間31分 平均時速2.3km

出発セレモニー
f0193521_6343977.jpg

国道横の空き地に駐車して、スタート地点まで国道を歩きます。
f0193521_6594871.jpg

スタートポイント
f0193521_637270.jpg

御手水の滝までー太郎丸嶽からの清流が利用されてます。
f0193521_640582.jpg

やはりここも猪の被害が多いいのでしょう。
f0193521_6423572.jpg

梅の花も早々と
f0193521_6485424.jpg

ポイント地点にはわかりやすいシンボルマークが
f0193521_6532448.jpg

海・山ありの変化にとんだコースです。
f0193521_6533937.jpg

千元森嶽を目指します 233mC-233m
f0193521_209335.jpg

登る前におやつ休憩
f0193521_20131845.jpg

登ります。
f0193521_20161682.jpg

f0193521_2017056.jpg
f0193521_20171676.jpg

山頂からの風景です。
f0193521_20234990.jpg

下山して千巖山C-162mに向かいます。
f0193521_20265797.jpg

手前が太郎丸嶽C-281m 奥が次郎丸嶽C-397mです。
f0193521_203049.jpg

奇岩  河童岩と命名されました。
f0193521_20311381.jpg

降ります。
f0193521_20321112.jpg

f0193521_20331645.jpg

f0193521_20352594.jpg

千巖山でおやつタイム。
f0193521_20412219.jpg

f0193521_204241100.jpg

海岸線まで降ります。 五号橋
f0193521_20441778.jpg

足湯は残念ながら温度が
f0193521_20451279.jpg

ビジターセンター前東屋で新年食事会
f0193521_20463641.jpg

f0193521_20465618.jpg

締めは疲れた体にとってもおいしかったぜんざいです。
f0193521_20471949.jpg

f0193521_20505699.jpg

コースも素晴らしかったが、貝柱やウニなど超豪華な鍋をごちそうになり
心身ともに癒されて楽しかった一日も、あっという間に過ぎてしまいました。




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-19 06:45 |

茂見山-福寿草

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

12-15

1月17日木曜曇

冷え込むが散歩体操が終わり、朝食コーヒー済ませてTV見てたがあの場所の
福寿草が気になり出かけてみました。
f0193521_18545910.jpg

注意
全般にルートは消えて、ネットも多数あり入山は是非経験者と同行してください。
f0193521_18551517.jpg

            歩行距離6.139km 歩行時間5時間06分 平均速度1.2


夏水集落には右折すれば洞が岳登山口があります。
f0193521_193689.jpg

そのまま進めば山出取水場があります。
f0193521_197753.jpg

今日は途中で伐採作業中で段取りがつくまで待機
f0193521_1993129.jpg

何時もの定位置に駐車しスタートします。
f0193521_1910439.jpg

谷沿いなので冷え込みますね
f0193521_1911667.jpg

予想どうり千間幻の滝は凍ってません。
f0193521_19182437.jpg

だんだんルートも消えて慣れた人でないと迷ってしまいます。
f0193521_19193264.jpg

炭焼き窯のあと
f0193521_19225135.jpg

f0193521_19242921.jpg

f0193521_2141383.jpg

京丈山・茂見山・目丸山分岐点 茂見山に向かいますが、ここはテープが多く
踏み跡はしっかりしてます。
f0193521_2173119.jpg

ここの崩落地を降ります。その前に山頂に
f0193521_2183170.jpg


f0193521_2185452.jpg

茂見山山頂にて
f0193521_2191093.jpg

f0193521_2112338.jpg

ここは初めての尾根であまりにも急斜面でお勧めできません。
f0193521_2112377.jpg

f0193521_21143015.jpg

福寿草 期待してた場所には全く見つけられずに、偶然違う場所で出会いました。
嬉しいご褒美で、疲れも吹っ飛んでしまいます!!
f0193521_436851.jpg

f0193521_437423.jpg

f0193521_43626100.jpg
f0193521_4364123.jpg

つぼみも多数あります。
f0193521_4372322.jpg

どんよりとした空もいつの間にか
f0193521_4472625.jpg

f0193521_4485112.jpg


愛車が待ってる美里町取水場まではあとわずかです。
期待してた花にも出会え大満足な一日でした。


 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-18 04:19 |

仰烏帽子岳ー福寿草

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

12-15
1月15日火曜曇

予報では昼から天気が回復するとの事。時折小雨がぱらついたが、薄日がさすことも。
昼近くになったが出かけてみました。
第一登山口も無人で第二登山口も無人で、連休中は多かっただろうに今日は一人で
終日独占状態でした。
f0193521_18482598.jpg


f0193521_18483972.jpg

          歩行距離8.279km 歩行時間3時間14分 平均速度2.6km


f0193521_427097.jpg

仏石方面をー霧氷も全くありません。
f0193521_42943100.jpg

四方の空もどんよりと
f0193521_4321192.jpg

とにかく登るのみ。
萱場上部でやっと福寿草がひっそりと待っててくれました!!
f0193521_4343750.jpg

f0193521_4345790.jpg

f0193521_4351340.jpg

木の方が強い
f0193521_4465974.jpg

仏石の福寿草
f0193521_4483391.jpg


仏石は濡れて危ないので今回は下から拝んでパスします。
f0193521_4522270.jpg

チェーンを頼りに登ります。
f0193521_4541117.jpg

ガスも濃くなり小雨も
f0193521_4555493.jpg

第一登山口ルートとの分岐
f0193521_4584792.jpg

風穴に
f0193521_4592322.jpg

ここまでくれば進むのみ
f0193521_5474953.jpg

やっと山頂に
f0193521_5485773.jpg

f0193521_5552711.jpg

兎群石山もパス。
f0193521_5585211.jpg

益々ガスが濃くなり急いで降ります。
f0193521_5595375.jpg


終日誰にも会わずに、山と福寿草は独占状態でしたが花言葉『幸せを招く』
・『悲しき思いで』さてどんな一年に




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-16 04:25 |

白鳥山 北尾根周回

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用
11-14

1月14日月曜晴
この頃は朝の冷え込みが緩いし山歩きには最適なシーズンと実感できますね。
二本杉峠もほとんど凍結などは見られず、ウエノウチ登山口までは順調に走れ
ました。
f0193521_179349.jpg

赤破線はルートあります。
f0193521_1792987.jpg

         歩行距離6.087km 歩行時間3時間20分 平均速度1.8km


一台登山者が 後に駐車しますがなんだか心強いですね。
f0193521_5244886.jpg

沢歩きなので日が当たらず、かなり冷え込んでます。
f0193521_17271290.jpg

上に載っても大丈夫割れません。
f0193521_17285237.jpg

青空が見えてきます。また様々な貴重な山野草が咲きますように!!
f0193521_17311886.jpg

f0193521_17323117.jpg

ネットで囲まれた場所は草木が茂ってきています。
f0193521_19552739.jpg

御池に立ち寄り
f0193521_18485846.jpg

f0193521_18493633.jpg

山頂はすぐ近い。ここで二人に出会います。
鹿児島と熊本のお友達とでピストンで下山しますとの事。

下山しますが,北尾根に向かいます。霧氷がいくらか残ってってました。
f0193521_2022944.jpg

オニシバリ
f0193521_2073685.jpg

自然林を歩きます♡
f0193521_2093170.jpg

f0193521_2095974.jpg

f0193521_20102375.jpg


ここから90度右折は登りに使ったルート途中の巨岩に至ります。
今回はルートを変えて次回に備えます。
f0193521_913419.jpg

もう少しウエノウチ登山口に近い場所に着くルートを探します。
f0193521_9153169.jpg

テープや踏み跡もありませんが、植林が現れたのでまずは安心。
f0193521_9172232.jpg

杉林に入り荒れた沢を降ります。
f0193521_925893.jpg

登山口が近づきます。
f0193521_9261737.jpg

予想よりもかなり早く、無事に下山できました。
f0193521_927449.jpg


C-1514まで進みここから舗装された自動車道路に下りる予定でしたが
参考資料もとれたし、次回は花の季節はまた違った楽しみがあります。


 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-15 05:19 |

智者ヶ峰

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

51月13日日曜曇



低山ですが気になってた山。登山口がわからず偶然神社由来を見てたら林道が。
奥まで入ってかなり進んだが、なかなか高度を上げない。ターンもできなく
なんだか魚が網に追い込まれる心境でした。
f0193521_16311083.jpg


f0193521_16325629.jpg

案内版
f0193521_1634492.jpg

ベンチもあります。
f0193521_16364095.jpg

手入れされた歩道
f0193521_164130100.jpg

巨岩が現れてきます。
f0193521_16421123.jpg

f0193521_16423992.jpg

秋葉大権現と巨岩に彫り込まれてます。
f0193521_16431125.jpg

屏風岩
f0193521_1647418.jpg

旗立岩
f0193521_16481992.jpg

ワクド石・手水石
f0193521_16494770.jpg


ふもとに降るといくらか薄日が差し、やはり冬季の山歩きは
要注意ですね。





 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-14 20:23 |
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

9-12
1月13日日曜曇

天気は予報に反して早朝登山口に着いたが、ガスと小雨がやまない。
開けるのを待ってる間に、登山口を変えて伊牟田から北尾根を登ることにする。

GPS保存時に誤操作してしまいログが正確に取れませんでした。
f0193521_197956.jpg


登山口がわからないので、適当に入山し尾根を探せば間違いなく孫岳に
つく。
f0193521_1942960.jpg

笹が濡れて
f0193521_1912582.jpg

コースは歩きやすくなります。
f0193521_1915205.jpg

f0193521_1916038.jpg

かすかな踏み跡を探しながら
f0193521_19171594.jpg

小雨でしたが急に日差しが戻って
f0193521_19202392.jpg

防火帯なのできれいに狩りはらわれています。
f0193521_1924134.jpg

孫岳
f0193521_1925204.jpg

ツームシ山が見えてきました。手前は急で滑りやすい。
f0193521_19292565.jpg

ツームシ山山頂。鞍岳はガスで時折見えます。
f0193521_4234629.jpg

下山は滑りやすいしコースを一部変えて未知の林道を歩きます。
f0193521_4441720.jpg

この舗装された林道を歩きます。
f0193521_4445321.jpg

愛車が待ってます。
f0193521_4465739.jpg

伊牟田を中心に、林道をあちこち走り大まかに把握できました。






 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
# by iwa1iwa2 | 2019-01-14 04:20 |

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ