テクテク散歩と山登

bukusky.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

107-138
10月25日木曜日晴

前回、メンノツラからのハ丁越周回予定が出来なかったので、池之原を登りに使い
周回することになりました。
前回より早く4時に出発したので7時前にハ丁越登山口前の駐車場を出発できました。

f0193521_5484124.jpg


f0193521_550322.jpg

       歩行距離12.492km 歩行時間9時間38分 平均速度1.3km


佐賀から単独で来られた山オタクさんとありがたいことに、駐車場で
ルートの事で少しでしたが話すことが出来ました。

長い荒れた林道をメンノツラ登山口まで歩きます。
f0193521_533241.jpg

今回も皆で手を合わせます。
f0193521_4542264.jpg

ひどいですね
f0193521_456539.jpg

ここを渡れなければ入渓は出来ません。
f0193521_565181.jpg

馬乗スタイルで
f0193521_4592118.jpg

f0193521_503398.jpg

メンノツラ谷コースから離れて滝方面に進む。
f0193521_5171141.jpg

f0193521_5214979.jpg

急登を登りながら  キッコウハグマがあちこちに。
f0193521_5492574.jpg

ひたすら登る
f0193521_5513695.jpg

あ~疲れた
f0193521_5525392.jpg

f0193521_5533540.jpg

f0193521_5541117.jpg

あえぎながら
f0193521_554541.jpg

f0193521_5555269.jpg

池之原直下の岩峰
f0193521_20574113.jpg

祖母山方面
f0193521_2105655.jpg

昼食ご誰に報告かな?
f0193521_2113858.jpg

f0193521_2124173.jpg

鹿の背を難なくわたる美女三人
f0193521_2142491.jpg

大障子岩が見えてます。あそこまではまだありますね。
f0193521_2161833.jpg

急峻ですね
f0193521_218959.jpg

f0193521_21842100.jpg

大障子岩にて
f0193521_441182.jpg

大障子岩から下山にかかります。
f0193521_4213728.jpg

用心してね!
f0193521_4251283.jpg

f0193521_4264326.jpg
f0193521_4274636.jpg

なが~いダラダラとした歩きも終り登山口に到着!!
f0193521_444046.jpg

9時間半のかなり長時間の歩行でしたが無事に周回。美しい紅葉や山容
ここの山域は深く厳しく、また新しいバリエーションを楽しめそうでワクワクした
充実した一日でした。






 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-29 04:44 |

銚子笠(不土野峠から)

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

106-137
10月23日火曜晴

実際走ってみると人吉盆地は西の端から東まではかなり広い。
古屋敷から走ってると白水神社・白水滝への道が。
一度だけ、吊端を渡ったことがあったね!!
時間が少し余裕あるので寄ってみる。

荒れた歩道と階段を降ります
f0193521_741151.jpg

たか~い
f0193521_7432123.jpg


f0193521_7443158.jpg

恐くないのかな⁉
f0193521_7483419.jpg

f0193521_754983.jpg

まだ少し早い紅葉と吊端を楽しんだ後、不土野峠まで曲がりくねった林道を走る。

やっと峠について出発まで小休憩。
互いに歳をとったが、20年前と全く変わらない ドローンを操る山〇さん
皆さんの笑顔に癒やされて 
f0193521_819597.jpg

f0193521_8553789.jpg

多くの林道とクロスしたり並走してるし。支尾根も多いので特に下山時は
注意してください!!
f0193521_8561733.jpg

           歩行距離11.608km 歩行時間6時間25分 平均速度1.8km

不土野林道記念碑横から杉林に入山します。
f0193521_8263850.jpg

アップダウンが続きます。
f0193521_8313642.jpg

f0193521_8321591.jpg

自然林に入ります。
f0193521_8331257.jpg

山頂まで5分の人吉カメさんの小さな表示板が応援してくれます。
f0193521_834965.jpg

山頂直下の急登を喘ぎながら  やっと山頂に
f0193521_18595563.jpg

ピストンなので登って来た道を注意深く下ります。
尾根はいくつも別れてるし、同じような林道が交差、並走してるので下りは
要注意。
f0193521_194535.jpg

無事に不土野峠の車に到着です。
ここでまたの再会を約束して、東西に分かれます。
私は一人、駄賃付け街道を不土野に向かって降ります。
f0193521_19551917.jpg

f0193521_20133877.jpg

見慣れた不土野郵便局前で椎谷峠に?峰越峠に?
迷ったが、内大臣林道は通れるだろうの不確かな情報なので、峰越峠まで
走り、車中泊を考えて左折する。
f0193521_20511740.jpg

白水の滝
f0193521_20534853.jpg

尾手納付近では薄暗くなる
f0193521_2054454.jpg

向山神社
f0193521_2133643.jpg

時雨岳登山口付近では真っ暗で恐怖。
ここまでの間に、一人サイクリングの男性が走っていました。真っ暗な中
限られたライトを頼りに、こんな時間に単独で恐くないのだろうか⁉
青年の気持の強さに頑張れと強く感動を覚えました。
f0193521_21114314.jpg

県境の峠に着いたが、ガスが濃くライトを消すと真っ暗で恐怖感が増すばかり。
車中泊して、早朝に白鳥から銚子笠へと頭をかすめたが早々にエンジンかけて
自宅に向かう。
二泊三日の山行きだったが、県南の主な林道の状態もいくらか分かったし
初めてのコースや旧友とも親しく飲めたし、忘れられない楽しい山行ができ
ました。


 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-27 05:54 |

白髪山

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

105-136
10月22日月曜晴

山頂までは確認できなかったが銚子笠のルートは確認できたし、全くの睡眠不足でしたが
白髪神社にお参りして登山口に走る。
f0193521_100823.jpg

暗い中、時々鹿やタヌキ等現れるし夜明け前の暗い林道はとても長く感じました。
途中、立て看板で工事中につき登山口3km手前で通行止めで臨時駐車場が用意
されてました。
f0193521_1021348.jpg

これから盆地独特の雲海や日の出の一端を楽しむことが出来ました。
f0193521_16515682.jpg

f0193521_16522832.jpg

f0193521_16524988.jpg

なが~い林道歩きでやっと登山口に到着。
f0193521_1655351.jpg

猪子伏に
f0193521_16564622.jpg

人吉盆地はまだ雲海に覆われて
f0193521_17145458.jpg


ブナの木南限と知る。
f0193521_17154840.jpg

三池神社周辺はスズタケに覆われてたが何時頃までだったのかな?
f0193521_1717751.jpg

山頂まであと5分に励まされて元気が湧きます。
f0193521_17343156.jpg

山頂は全くの丸裸
f0193521_17455615.jpg

久しぶりのえびの方面
f0193521_17471986.jpg

山頂からの人吉盆地
f0193521_17495850.jpg

正午に人吉IC近くで合流なので、下山を急ぎます。
市内で食事を済ませて地元の山〇氏案内で人吉城資料館に
f0193521_1012483.jpg

相良家家老の屋敷跡から発見された地下室の井戸に関しての興味深い考察
まだまだ多くの謎があり熱心に説明を頂きました。
f0193521_1062415.jpg

また、相良家は人吉を拠点に700年間続いた武家で墓地へも。

夕方は温泉に行き、民宿にお世話になりました。
やはり、民宿ならではの珍しい料理を充分に楽しみ、深々した気持ちい
布団に寝れて翌日はスッカリと疲れはとれてしまいました。









 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-25 03:29 |

銚子笠ルート探し

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

104-135
10月21日日曜晴

22日~23日人吉にて信楽さん・ゆうさん・鮎〇さん・相〇さん・山口さんと合流し
人吉観光と山をご一緒の呼びかけでした。

23日は銚子笠に登りたいので道案内をと頼まれましたが、今では白鳥山から簡単に
登るのが一般ルートで何度か登りました。

ただ今回は、人吉側から登りたいとの要望。
鍵掛林道を使って登ったことは数度ありますが、かなり昔の話でした。
よくこの地を歩いてる〇分さんに情報を求めましたが、彼もこの林道は崩落が多く
入らない方が良いよとのことで入山したのはかなり前とのこと。

一応、この旨伝えて不土野峠からならばどうにかと伝えてましたが、事前に確認
しなければと、前日に自分の目でと出かけました。
f0193521_634164.jpg


市房山とダム
f0193521_9301524.jpg


横才川林道から横才山にも入りたいが暫くは様子をみないと。
あちこちログなしで林道を走ったが、不土野峠に行き登山ルートを確認しなければ
と先を急ぐ。

古屋敷
f0193521_702915.jpg


人吉盆地は思った以上に広いし、道もわかりにくいし、不土野峠は遠かった。
少し時間が足らないので、時間が許す限り道を探すつもりで杉林にとりつく。
不土野峠も規制看板乱立  この裏から入ってみます。
f0193521_7464038.jpg

杉林の中 境界線や尾根を外さないように。
f0193521_7553684.jpg

扇山方面
f0193521_757487.jpg

延々と続く杉・檜
f0193521_7591361.jpg

立ち入り禁止の林道が並走し、かなり横切る林道の数が多い。
f0193521_814027.jpg

f0193521_834623.jpg

樹間に銚子笠が見える。
f0193521_85133.jpg

ふみ跡は薄い
f0193521_86798.jpg

3時間半余り歩いたし、ほぼルートは確認できたので急いで下山にかかる。
f0193521_88789.jpg

秋の日没は早い。雑木と手入れされてないスギ林の中急いで下山しないと
動きが取れなくなる。
慌てたのか、一か所間違った境界線に入り込み気がくのが遅れ、最後は
雑木林の中トラバースしてルートに出会う。
f0193521_8184882.jpg

f0193521_8193041.jpg

どうにか日没前に車まで
f0193521_8212846.jpg


夕食を食べる前にどうにか街中に行き、温泉に入りたいし先を急ぐ。
多良木町に入る前には、日没でどうにか温泉センター恵比寿に入ることが
出来ました。

料金は、65歳以上は200円と超安値嬉しいですね!!
久しぶり、瓶入り牛乳買いました。

裏手の駐車場に車中泊することに。
牛乳二瓶も飲んだためか、缶ビールも飲みたくないし早く寝ることにする。
所が、駐車場が広いため夜間に大型トラックが出入りするし、トラックは
エンジンかけっぱなしで煩い。

やっと寝付いた1時に、窓をたたく音に目を覚ますとパトカーと警察二人。
免許証から始まり車検証や住所や一日の行動等延々と尋問!?
仕事柄協力は惜しまないが・・・
その後、寝られずに白髪山に向かう


 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-24 06:34 |

大船山

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

103-135
10月19日金曜曇

f0193521_17304477.jpg

f0193521_17311747.jpg

久しぶりのブンさんの参加に皆さんもテンションが上がる。
大津駐車場に6時に集合でしたが、時間前には皆さんお揃いで。

三愛レストランまで走りトイレと小休止でしたが、またまた竜の髭で最初に
お逢いした岩〇美女とお会い。今日は三俣に登りますとのこと。
ご結婚おめでとうございます!!


駐車場は子供たちが大勢。車もどうにか滑り込みセーフでした。
いつものコースを会話を楽しみながらぼちぼちと登ります。
f0193521_17343981.jpg


岳麓寺への分岐点
f0193521_17351821.jpg

f0193521_17355292.jpg

久々のブンさんの勇姿
f0193521_17372866.jpg

高塚山
f0193521_17383679.jpg

風は強いし、なが~~い急登を喘ぎながら
f0193521_17452159.jpg

f0193521_17463934.jpg

山頂はガスが次々と覆う
f0193521_17473763.jpg

一瞬の光景に見とれて
f0193521_17482912.jpg

紅葉
f0193521_17511436.jpg

f0193521_4461150.jpg


f0193521_4482226.jpg

登った方も多いでしょうね
f0193521_4512570.jpg

山頂もだいぶ近くなった。
f0193521_4531535.jpg

f0193521_4541265.jpg

御池周辺にはカメラマンが待機中
f0193521_5213410.jpg

山頂
f0193521_5222791.jpg

岩陰で昼食を
f0193521_5312713.jpg

f0193521_5334912.jpg

風が強くなり注意しながら下山
f0193521_5341877.jpg

f0193521_5395395.jpg

米窪方向
f0193521_5411710.jpg

f0193521_542455.jpg

高塚山側面
f0193521_5435094.jpg

車もかなり近くなりました。
f0193521_5482446.jpg

初めて行く扇田
f0193521_550762.jpg

山吹水源にも
f0193521_5503496.jpg


晴・曇・雨・強風・寒と気象変化が多い山登りでしたが、無事に計画通りに
周回出来、それなりに素晴らしい紅葉も鑑賞できました。
その上、帰りには山吹水源や扇田も初めてで、豪華付録付きの山登りが出来た
一日でした。




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-21 04:55 |

黒岩山

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

102-134
10月16日火曜晴

どこか紅葉の奇麗なとこと言われても、人それぞれでなかなか難しい。
ここならば、黒岩山までは確実に登れるし、体力など見ながら上泉水山に一歩でも
近くまで歩ければいいかな!!

6時過ぎに乗り合わせて走るが、御船付近で通勤の渋滞に巻き込まれて牧ノ戸に着いたのは
遅かったが、平日はやはり駐車場は空きが目立ちますね。

f0193521_1965855.jpg


f0193521_1972291.jpg

         歩行距離4.061km 歩行時間3時間56分 平均速度1.0km



駐車場から道路を渡り反対の山に登る。極端に登山者は少ないですね
f0193521_4432677.jpg

山頂付近の上泉水山との分岐点
f0193521_4461159.jpg


小さな秋
f0193521_4483043.jpg

山頂は紅葉
f0193521_4492912.jpg

f0193521_534026.jpg

山頂からの紅葉
f0193521_5354093.jpg

f0193521_5375810.jpg

f0193521_5383175.jpg

f0193521_5392532.jpg

ススキの中を進む
f0193521_5404219.jpg

笹がきれいです
f0193521_5424181.jpg

せめてあの岩峰まではと、みんな頑張ります!!
f0193521_543515.jpg

f0193521_545744.jpg

凄い岩峰です みんなで大感激
f0193521_5483758.jpg

元気に登ってきます。
f0193521_549294.jpg

岩峰からの展望
f0193521_5505875.jpg

美味しいお弁当もみんなで食べて大満足。次回はこの先の次の岩峰まで
行こうと。皆さん元気がいい
f0193521_5522741.jpg


出会ったお花
f0193521_7261319.jpg




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-19 04:11 |

指山~北峰~お鉢巡り

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

101-133
10月14日日曜晴

自宅出発時やミルクロードでは自動車のガラスに水滴が。予報では雨とは関係ない
ようだったが。

前回、皆さんとお鉢を巡回した折に指山からの出会いや雨ガ池とのルート聞かれ
記憶は半不透明に(T_T)今回は二つの事を確かめたく、以前登ってた指山山頂
ルートを選んでみました。

f0193521_447283.jpg


f0193521_5252767.jpg

            歩行距離9.5km 歩行時間6時間56分 平均速度1.4km


内の牧方面も明けてきました。
f0193521_5315143.jpg

長者原駐車場も平日なので余裕。ゲートまで準備運動でゆっくり歩きます。
f0193521_5362291.jpg

指山への登山口。ゲートを越えて砂防提?付近から登周り周回するか迷ったが
指山コースにする。
f0193521_5431069.jpg

歩きやすいコースです。
f0193521_12183189.jpg

長い間に!! 私が縛ってるのか縛られてるのか?
f0193521_121939100.jpg

指山山頂
f0193521_542914.jpg

ミヤマキリシマが狂い咲き。二度の台風のせいだとか
f0193521_544958.jpg

通行をご遠慮してくださいとの
ロープがあります。雑草に埋もれた旧道があります。
f0193521_5454887.jpg

クマザサが濃い
f0193521_5465615.jpg

巨岩が出てきます。
f0193521_5505067.jpg

やっと難所に ロープと梯子があったが最大の難所でした。
f0193521_5531254.jpg

アルミハシゴは破片があり、ロープはかなり傷んで
f0193521_5574718.jpg

右に迂回路を辿ります。
f0193521_605097.jpg

ロープがあります
f0193521_9383523.jpg

北峰は近くなってきました。
f0193521_9401058.jpg

f0193521_9405984.jpg

分岐点に
f0193521_9414043.jpg

山頂近くで登山者に出会います。
f0193521_9423443.jpg

大船山も遠くに
f0193521_9432946.jpg

負けじと由布岳も
f0193521_9443256.jpg

南峰に登りあがります。
f0193521_946883.jpg

f0193521_9471712.jpg

リンドウ
f0193521_9475565.jpg

フクオウソウ
f0193521_9485581.jpg

ウメバチソウ
f0193521_9495674.jpg

f0193521_13572061.jpg

北峰
f0193521_13583570.jpg


本峰
f0193521_13594743.jpg

本峰から降るが、雁歩には登らずパス
f0193521_1414711.jpg

北峰とはしばしお別れ
f0193521_1425072.jpg


今回もどうにか無事に周回出来ました。
その上、紅葉も前回よりも進んでいたし、何よりも
何度か登ったコースですが、思いだすことも多い
追憶を辿る懐かしい山行が出来ました。






 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-17 05:29 |
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

100-129
10月14日日曜晴

今年一年間75回山に行くのが目標でしたが、無事に100回山に行け、129座山頂を
踏むことが出来て感謝の日でした。

高齢になると会話に、あれやこれ 等具体名が出てこない。
メンノツラから池之原などは何度も通ったが、実際行ってみると忘れてる
厳しい場所や、ルートも意外と不明に思う場所があります。

次回のために、下調べのためにログを撮り周回してみました。
f0193521_19332235.jpg


f0193521_19334572.jpg

           歩行距離11.165km 歩行時間6時間11分 平均速度1.8km     

自宅を4時25分に出発し、途中で休みながら穴森社・白水登山口に向かう。
八丁越え駐車場には大分ナンバーの先客一台。単独なのでもしかしたら同じルート
かな?と心強い。

C-568m 7時25分スタート 九重方面の山並み。
f0193521_3461053.jpg

山の神に安全を願い、前回彼女が上げた5円玉お賽銭の上に重ね重ねお願いでした。
f0193521_404171.jpg

最初の渡渉地点ですが、前回よりも少し水量が減ってるかな?
f0193521_423472.jpg

池之原への起点
f0193521_462976.jpg

見慣れた滝が
f0193521_4101398.jpg

うす暗い杉林の中の尾根を登ってるとキッコウハグマが
f0193521_41107.jpg

一部地形が複雑で初めての方はわかりずらい箇所です。
基本は尾根から外れて、西方向に高度を上げないように薄いふみ跡を
辿ること。3か所ほどの荒れた沢溜まりに出ますが、落ち着いて探せば
古いテープやケルンが探せます。
f0193521_483061.jpg

f0193521_492948.jpg

谷の巨岩にはジンジソウガびっしりと。
f0193521_4171227.jpg

古いが確実な情報はありがたい。
f0193521_4192927.jpg

ママコナも奇麗ですね
f0193521_4203225.jpg


f0193521_422111.jpg

石楠花も多い
f0193521_4225127.jpg

敬意を表して、1174mピークに
f0193521_4251571.jpg

藪も出てきますが、回り込んでも基本尾根を外さないこと。
f0193521_4264639.jpg

右て奥に見えてくるのは小松尾根
f0193521_428258.jpg

少々コース取りが違っても視界が良く、登りあがれば宮原(みやのはる)~
池之原縦走路に出会います。
f0193521_4331179.jpg

判読は困難ですが、池之原と薄く見れます。
f0193521_434182.jpg

池之原展望所から
f0193521_4353114.jpg

f0193521_4361763.jpg

この頃は傾山とも疎遠になってますね!!
f0193521_4395153.jpg

前方に大障子岩かな?
f0193521_4413978.jpg

鹿の背 左右キレてます。
f0193521_4433879.jpg

いくつかのピークを越えて
f0193521_16351835.jpg

八丁越えに
f0193521_16384994.jpg

f0193521_1644517.jpg

f0193521_16453314.jpg

ロープはしっかりと整備されてます。
f0193521_16463755.jpg

f0193521_16482650.jpg

どうしたことか今まで一人も会わなかった山中でしたが、二グループの方とお会いする。
f0193521_171785.jpg

八丁越えに戻り、尾根をひたすら下ります。
f0193521_1743882.jpg

無事に登山口駐車場に着きました。
f0193521_176938.jpg


何度か周回したコースですが、あまりにもスマホやGPS等で簡単に自分の位置が
確実に分かるし、経年とともに忘れるスピードの方がはるかに速いと感じました。

これからは、たまには紙地図・コンパスだけで登り感を取り戻さないと!!
無事に予定よりも早く周回出来て感謝です!!




 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-15 04:02 |
ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough使用

99-128
10月12日金曜晴
f0193521_575410.jpg


f0193521_562125.jpg

           歩行距離8.964km 歩行時間7時間44分 平均速度1.2km

二人の山友が坊がつるにて前泊。私は都合で参加できず、翌日のヒガエリ登山で
我慢。5日前に長者原~三俣山から坊がつるに~周回し、紅葉を楽しみました。
今回大津駐車場に4人の仲間が定刻前に集合し、二台の車で九重の大曲駐車場に走る。
6時にスガモリ小屋で坊がつるから登ってくる二人と合流して三俣山に登り、進んだ
紅葉を楽しむ目的でした。

時間が早かったので、いつも満車の大曲駐車場一番乗り。準備完了しスガモリ峠へ
f0193521_5324775.jpg

7日と同じような天候でガスで山頂は隠れてますが、違うことはかなり気温が低い。
f0193521_5353445.jpg


f0193521_5381165.jpg

反対のこの道を二人で登ってくるはずだ。
f0193521_5394920.jpg

ナッツさんと登るのは久しぶりですが、いつもご一緒に登ってる感じ!
防寒対策をして寒風の中、晴を信じて登ります。
f0193521_5432170.jpg

ガスもまだ濃い
f0193521_544238.jpg

時折大船山の山頂が
f0193521_810315.jpg

大船山方面を激写する笑顔の皆さん。
f0193521_8113553.jpg

西峰に全員集合
f0193521_813189.jpg

f0193521_814257.jpg

四峰に向かう
f0193521_815519.jpg

硫黄山方面
f0193521_8213228.jpg

南峰にて
f0193521_8265953.jpg

坊がつるが眼下に
f0193521_8234835.jpg

大鍋・小鍋を反時計回りに歩くことに
f0193521_8284558.jpg

少し早かったが十分満足できた紅葉でした。
f0193521_8295957.jpg

f0193521_8304758.jpg

f0193521_8311087.jpg

f0193521_8363255.jpg

f0193521_8371178.jpg

f0193521_1693161.jpg

f0193521_16131697.jpg


f0193521_161608.jpg

f0193521_16182912.jpg

指山への分岐点。
f0193521_1619268.jpg

石楠花のシーズンにまた来たいね
f0193521_16204999.jpg

今回もこの展望岩上にも登れたし
f0193521_1623149.jpg

スガモリ峠で帰りのエネルギー補給
f0193521_162455100.jpg





 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-13 05:08 |

メンノツラ谷ピストン

ナビ GARMINetrex20 カシミール・カメラ OLYMPUS tough5使用

98-128

10月8日月曜祭日晴

アルプス挑戦の訓練に岩場を登る計画が、前後してしまい今回に。
「メンノツラ谷を登らずして祖母山に・・・」美女二人と白水(しろうず)登山口に
走る。
何度も行った白水ですが、いつも滝室坂・玉来を通ってだった。
萌乃里6時集合で北谷口・越敷岳登山口を右に見て、神原(こうばる)を目指すが
8号線から右折するとこを見逃して、武田方面から大迂回してタイムロス。
地震の通行止め後遺症が回復してもらいたいですね。
っやっと白水に到着。
f0193521_9533984.jpg


f0193521_9551970.jpg

f0193521_956094.jpg

        歩行距離13.882km 歩行時間8時間46分 平均速度1.5km

杉は広く伐採されて林道は明るくなった。
f0193521_18502058.jpg

荒れた林道を進むと、放置されてたウィンチや石仏が鎮座
f0193521_18515997.jpg

長~い林道を一時間ほど歩くと、登山届ポストや作業小屋跡地に着く。
f0193521_18535450.jpg

最初の渡渉地点
ここを渡れなければ、引き返さなければ
f0193521_18551213.jpg


f0193521_18553836.jpg

池の原とメンノツラ谷の分岐点に
f0193521_19133525.jpg

今年初めてのキッコウハグマの群生地だ
f0193521_19145316.jpg

「悪天候ひきかえせ」
懐かしい看板も朽ちて
f0193521_1927886.jpg

一本のロープを使って渡るか、それとも自分でほかの渡渉店を探さないと。
f0193521_19303847.jpg

先の台風の影響か、水量は確かに多い。
左右に渡れる場所を探しながら
f0193521_1934517.jpg

助け合いながら!!
f0193521_19351532.jpg

荒れ放題の沢
f0193521_19381190.jpg

時には大きく巻いて進む
f0193521_19392813.jpg

水もかなり少なくなってくる。
f0193521_19424758.jpg

ジンジソウもあちこち現れて
f0193521_19452717.jpg

小松尾根の近くの滝に
f0193521_19501318.jpg

懐かしい大木に
f0193521_1951941.jpg

沢カニ?踏まないように
f0193521_19521035.jpg

小松尾根は石楠花やアケボノツツジが多く、季節には急登を忘れさせてくれます。
f0193521_19541460.jpg

尾平~祖母山縦走路に飛び出す。
ここで昼食をとり帰りのエネルギーを補充します。
コーヒーは美味しかったですね!
f0193521_1957391.jpg

尾根の紅葉
f0193521_2002947.jpg

祖母山山頂
f0193521_2013744.jpg

ヘッドランプ準備確認し八丁越・池之原の周回の望みは持ってた。
しかしまだ13時とは言え、昼食、時間と体力を考えると余裕がないと判断。
ピストンにきりかえる。
少し余裕が出来たので、尾根から右折して谷に入る前の休憩時に、直進して
ふみ跡、テープを辿り小ピークに登ってみました。
f0193521_45095.jpg


降るのは難しいですね。
f0193521_4571927.jpg

長年経つと
f0193521_4511335.jpg

さて、どう戻ろうか
f0193521_452464.jpg

もう濡れても構わない!!
f0193521_531545.jpg

最後の渡渉です。
f0193521_5648.jpg

f0193521_5115519.jpg

無事に長い林道を降り切り日没前に車に。次回では1時間半早く出発して
池之原・八丁越コースを楽しみたいな~~と。



 f0193521_16292096.gif 


iwabuchi@skyblue.ocn.ne.jp
by iwa1iwa2 | 2018-10-10 04:01 |

山の風景や散歩中の目にとまった風景をデジカメで


by アイ・ブチ